また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2042639 全員に公開 ハイキング 飯豊山

飯豊大日岳まで稜線漫歩(大日杉〜本山小屋〜大日岳往復〜切合小屋〜大日杉)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年09月25日(水) 〜 2019年09月27日(金)
メンバー , その他メンバー1人
天候9/25 曇りのち晴れ
9/26 晴れ
9/27 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
1時間9分
合計
8時間19分
S大日杉小屋06:5607:45長之助清水07:5408:00御田08:0709:06滝切合09:1409:40地蔵岳09:4410:15語らいの丘10:2910:53目洗い清水10:5511:45御坪12:43切合・種蒔山分れ12:52切合小屋13:0813:38草履塚13:3913:58姥権現14:02御秘所14:1014:40御前坂下15:08一ノ王子15:15本山小屋
2日目
山行
7時間24分
休憩
1時間36分
合計
9時間0分
本山小屋05:5006:09飯豊山06:1006:24駒形山06:2506:37玄山道分岐06:50草月平07:11御西岳07:18御西岳避難小屋07:1907:48文平ノ池上08:38大日岳08:4809:34文平ノ池上10:17御西岳避難小屋10:1910:27御西岳10:2810:45草月平11:00玄山道分岐11:5012:03駒形山12:22飯豊山12:2312:38本山小屋13:0313:08一ノ王子13:1013:29御前坂下13:48御秘所13:4913:53姥権現14:20草履塚14:2114:49切合小屋14:50ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目
9/27は GPSの電源を入れ忘れ、御坪の手前で入れたので、GPSログは登録していません。ログの無い部分の時刻は、写真のタイムスタンプを使っています。穴堰を往復したので、距離は登りより若干長くなるでしょう。
切合小屋 6:45 --- 御坪 8:07 --- 9:53 地蔵岳 10:08 --- 大日杉小屋 12:03 --- ゴール 12:06
コース状況/
危険箇所等
長之助清水の先に、台風17号による倒木がありますが、回り込めば問題なく通過できます。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

9/25
大日杉小屋からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/25
大日杉小屋からスタート。
3
ザンゲ坂は、濡れて滑りやすい所がありますが、鎖があるので問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザンゲ坂は、濡れて滑りやすい所がありますが、鎖があるので問題なし。
1
長之助清水への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長之助清水への分岐。
1
梯子とロープのある急斜面を下らなければなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子とロープのある急斜面を下らなければなりません。
1
台風17号による倒木があるので、藪の中を回り込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風17号による倒木があるので、藪の中を回り込みます。
1
木の大きさの割に、根が浅いような?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の大きさの割に、根が浅いような?
1
杉の大木のある、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の大木のある、
2
三国岳と三国小屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳と三国小屋が見えました。
3
視界が開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けます。
1
滝切合から地蔵岳と山頂が雲に隠れている飯豊本山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝切合から地蔵岳と山頂が雲に隠れている飯豊本山。
2
こちらは切合小屋方面。中央の平らなところに小屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは切合小屋方面。中央の平らなところに小屋が見えました。
2
地蔵岳山頂。飯豊本山の山頂は雲の中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂。飯豊本山の山頂は雲の中でした。
2
地蔵岳の標識。ほぼ直角に進路が変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳の標識。ほぼ直角に進路が変わります。
2
切合小屋に向かって進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋に向かって進みます。
1
少し広くなったところが「語らいの丘」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し広くなったところが「語らいの丘」
1
小雨がパラッときたので、念のためザックカバーを付けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨がパラッときたので、念のためザックカバーを付けました。
1
ここを下るようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下るようです。
三国小屋がはっきり見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国小屋がはっきり見えます。
2
ダケカンバが綺麗でした。日が差してきたので、ザックカバーは外しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバが綺麗でした。日が差してきたので、ザックカバーは外しました。
2
本山方面の雲が、少し取れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山方面の雲が、少し取れてきました。
4
御坪の標識の少し手前。ダケカンバの白い木肌が綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坪の標識の少し手前。ダケカンバの白い木肌が綺麗でした。
2
本山から下って来た若いカップルが休憩していました。昨日は酷い天気だったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山から下って来た若いカップルが休憩していました。昨日は酷い天気だったようです。
3
穴堰には寄らず、先へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴堰には寄らず、先へ進みます。
1
青空が広がって来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がって来ました。
1
飯豊本山が見えました。飯豊山神社のあるピークの左奥です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊本山が見えました。飯豊山神社のあるピークの左奥です。
2
切合小屋が、はっきり見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋が、はっきり見えました。
2
展望の良い、ダケカンバと花崗岩の尾根です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の良い、ダケカンバと花崗岩の尾根です。
1
水量の豊富な沢です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量の豊富な沢です。
2
山腹を巻いて登ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹を巻いて登ると、
1
三国岳からの登山道に合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳からの登山道に合流します。
1
切合小屋はもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋はもうすぐ。
2
大日岳の山頂は、雲の中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳の山頂は、雲の中でした。
2
予定ではここ泊りでしたが、まだ13:00前だったので、本山小屋まで行くことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定ではここ泊りでしたが、まだ13:00前だったので、本山小屋まで行くことにしました。
2
すっかり晴れた尾根を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり晴れた尾根を進みます。
4
姥権現の石仏と御秘所の岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥権現の石仏と御秘所の岩場。
3
草履塚を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草履塚を振り返る。
4
ホールドがしっかりして、鎖もあるので、問題無しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホールドがしっかりして、鎖もあるので、問題無しです。
3
斜面のダケカンバと紅葉が綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面のダケカンバと紅葉が綺麗でした。
2
最後の登りの御前坂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りの御前坂です。
1
御前坂の途中から、御秘所、草履塚、切合小屋方面を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前坂の途中から、御秘所、草履塚、切合小屋方面を振り返ります。
2
本山のテント場。小屋までもう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山のテント場。小屋までもう少し。
1
テント場から小屋と本山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場から小屋と本山。
3
9/26
本山小屋の前から。出発の準備をしていて、少し遅れました(^^ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/26
本山小屋の前から。出発の準備をしていて、少し遅れました(^^ゞ
4
朝日の当たった大日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の当たった大日岳。
4
こちらは飯豊本山。右奥に烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは飯豊本山。右奥に烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳。
3
本山小屋を出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山小屋を出発します。
3
サブザックなので楽チン。まさに稜線漫歩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サブザックなので楽チン。まさに稜線漫歩です。
3
本山山頂から飯豊北部の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山山頂から飯豊北部の山々。
4
昨年歩いたダイグラ尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年歩いたダイグラ尾根。
3
烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳から地神山、頼母木山、朳差岳まで見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳から地神山、頼母木山、朳差岳まで見えました。
3
烏帽子岳から地神山までのアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から地神山までのアップ。
1
こちらは、地神山から朳差岳までのアップと梶川尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、地神山から朳差岳までのアップと梶川尾根。
2
御西岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西岳へ向かいます。
2
玄山道分岐。左に入ると弘法清水があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄山道分岐。左に入ると弘法清水があります。
2
御西小屋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西小屋が見えました。
2
大日岳。尾根の紅葉が綺麗でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳。尾根の紅葉が綺麗でした。
6
御西小屋の前の標識と北股岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西小屋の前の標識と北股岳方面。
3
最後は少し急ですが、なだらかな尾根です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は少し急ですが、なだらかな尾根です。
4
日に当たって、紅葉が綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日に当たって、紅葉が綺麗です。
3
気持ちの良い稜線漫歩(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線漫歩(^^)
3
紅葉の中を歩く(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の中を歩く(^^)
4
危険なところは、ほとんどなく、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険なところは、ほとんどなく、
2
山頂に到着。右奥は烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。右奥は烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳。
2
西大日岳、薬師岳の右奥に五頭連峰。更に遠くに弥彦山と角田山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大日岳、薬師岳の右奥に五頭連峰。更に遠くに弥彦山と角田山。
3
こちらは二王子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは二王子岳。
2
こちらは北股岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは北股岳方面。
2
烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳のアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳のアップ。
3
牛首山。オンベ松尾根が続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首山。オンベ松尾根が続いています。
2
山頂標識より、こちらが高いです(^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識より、こちらが高いです(^^;
3
御西岳、飯豊本山方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西岳、飯豊本山方面。
3
本山方面のアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山方面のアップ。
3
磐梯山と猪苗代湖。湖面がかなり高いのが、良くわかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山と猪苗代湖。湖面がかなり高いのが、良くわかります。
3
西吾妻山、東吾妻山とその奥に安達太良山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻山、東吾妻山とその奥に安達太良山。
3
気持ちの良い尾根を戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根を戻ります。
2
大日岳と紅葉の尾根を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳と紅葉の尾根を振り返る。
3
文平ノ池と奥に二王子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文平ノ池と奥に二王子岳。
3
ミヤマアキノキリンソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ?
3
ミヤマクルマバナ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマクルマバナ?
2
直ぐなのに、あまり人の行かない御西岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐなのに、あまり人の行かない御西岳。
2
御西岳の三角点と飯豊本山、本山小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西岳の三角点と飯豊本山、本山小屋。
2
振り向くと北股岳方面の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと北股岳方面の山々。
2
こちらは大日岳と御西小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは大日岳と御西小屋。
2
玄山道分岐から弘法清水へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄山道分岐から弘法清水へ行きます。
2
弘法清水。ここでランチ、コーヒーが美味しかった(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法清水。ここでランチ、コーヒーが美味しかった(^^)
3
残雪と紅葉と草履塚。その向こうに吾妻山、安達太良山、磐梯山、猪苗代湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪と紅葉と草履塚。その向こうに吾妻山、安達太良山、磐梯山、猪苗代湖。
2
本山へ戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山へ戻ります。
3
紅葉と烏帽子岳、梅花皮岳の間に北股岳。朳差岳まで見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と烏帽子岳、梅花皮岳の間に北股岳。朳差岳まで見えています。
3
こちらは青空と緑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは青空と緑。
3
ダイグラ尾根をもう一度。朝と違い、雲海はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイグラ尾根をもう一度。朝と違い、雲海はありません。
3
本山山頂も、もう一度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山山頂も、もう一度。
4
御西岳、大日岳、牛首山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西岳、大日岳、牛首山。
3
本山小屋、草履塚。その奥に磐梯山と猪苗代湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山小屋、草履塚。その奥に磐梯山と猪苗代湖。
2
お世話になった本山小屋でザックを回収し、テント場から本山小屋と本山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった本山小屋でザックを回収し、テント場から本山小屋と本山。
2
御秘所、草履塚、切合小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御秘所、草履塚、切合小屋。
2
斜面のダケカンバと紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面のダケカンバと紅葉。
2
姥権現と御秘所を通過するグループ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥権現と御秘所を通過するグループ。
2
御秘所を通過するグループをアップで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御秘所を通過するグループをアップで。
2
本山方面を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山方面を振り返ります。
2
切合小屋はもうすぐ(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋はもうすぐ(^^)
2
9/27
切合小屋の前から日の出を。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/27
切合小屋の前から日の出を。
4
お世話になった切合小屋を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった切合小屋を出発。
2
大日岳。今日も良い天気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳。今日も良い天気です。
2
大日杉分岐へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日杉分岐へ向かいます。
2
ダケカンバの白い木肌と青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの白い木肌と青空。
3
ダケカンバと花崗岩と紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバと花崗岩と紅葉。
2
穴堰に行ってみましたが、標識も無く分かりませんでした(-_-メ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴堰に行ってみましたが、標識も無く分かりませんでした(-_-メ)
3
この先にテントを張れる平地があります。目洗清水が直ぐなので、緊急時には使えるかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先にテントを張れる平地があります。目洗清水が直ぐなので、緊急時には使えるかも。
1
ここから本山方面が見えます。本山のピークは見えないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本山方面が見えます。本山のピークは見えないようです。
2
直ぐ近くの目洗清水。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ近くの目洗清水。
三国岳と三国小屋が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳と三国小屋が見えます。
「語らいの丘」から地蔵岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「語らいの丘」から地蔵岳。
地蔵岳三角点から本山方面。ここからも本山のピークは見えないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳三角点から本山方面。ここからも本山のピークは見えないようです。
1
杉の大木のある御田です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の大木のある御田です。
1
倒木まで戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木まで戻りました。
ザンゲ坂を下って、大日杉小屋に到着(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザンゲ坂を下って、大日杉小屋に到着(^^)/
2

感想/記録
by phk55

9/14前後に、大日杉から登って切合小屋で二泊の山行を計画しました。ところが9/14は大混雑とのことで、行先を門内小屋泊で北股岳方面の往復に変更しました。更に9/16は雨が降りそうだったので、一泊としました(^^ゞ

台風通過後の9/25あたりから、3〜4日は天気が良さそうだったので、当初計画を復活しました。9/25の午前中は雲が多く涼しかったので、午後1時前には切合小屋に到着。いつも慎重なパートナーが本山小屋まで行こう、と言うので計画変更しました。

当初は弘法清水でランチして帰る計画でしたが、本山小屋泊なら大日岳まで往復できるので、3回目の大日岳も追加。雲のかかることの多い大日岳ですが、今までで一番の天気でした。弘法清水でのランチもバッチリ(^^)

9/14の混雑状況をお聞きしたら、本山小屋では土間まで使ってギュウギュウ。入れない人はテントも使って合計100人位だったとのこと。切合小屋もギュウギュウだったそうです。問い合わせして来た人を断るのは、滅多にないそうですので、凄かったのでしょう。

それに比べると北部は余裕でした。門内小屋が14人、梅花皮小屋、頼母木小屋とも十数人で余裕があったようです。今まで本山はテント泊でしたが、もうテントは無理なので、最盛期を外して平日しか行けないですね(^^;

9月下旬になって良いこともありました。紅葉は期待していなかったのですが、天気が良かったこともあり、大変綺麗でした。雨やガスでは、綺麗に見えませんので、天気様々です。

大日杉コースは、初めてでした。新潟市からでは反対側になるので、なかなか行く気になりませんでした。小国の飯豊山荘も反対側ですが、飯豊を登り始めた頃から行っており、丸森尾根、梶川尾根、石転び沢、ダイグラ尾根とコースが多く、周回できるので良く行っていました。

今回歩いてみて、良いコースだと思いました。ザンゲ坂を登ってしまえば傾斜も緩み、地蔵岳手前の滝切合辺りから展望も開けます。切合小屋までは、アップダウンはありますが、ダケカンバが綺麗で、展望を楽しみながら歩けます。ネックは、本山方面は混雑する、ことでしょう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:452人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/1
投稿数: 467
2019/9/30 21:50
 流石のテン泊(^_-)-☆
きっと気持ちいい空気いっぱい吸ったんでしょうね。
見習うことたくさんあります。

見ることのできなかった景色楽しみました。
特に大日岳から見たかったのが…No.70
弥彦とわが家が見たかった
2回挑戦しましたが…まだまだっと女神に言われた気がします。
いつも見上げているんだからネ

ホントお疲れさまでした。
私も明日、予定通りなら未丈ヶ岳で少し早い紅葉を楽しもうと思っています。
登録日: 2014/2/20
投稿数: 261
2019/10/1 17:01
 Re: 流石のテン泊(^_-)-☆
書き方が悪かったかな(^^;
今回は、テントではありません

テントを持ち上げたのは、2016年の門内小屋が最後です。
この時は、小屋が貸切だったので、テントは使わずでした。
翌朝に、オコジョが挨拶に出て来てくれました

大日岳は、雲がかかることが多く、なかなかスッキリ見せてくれませんね
何回も通ったら、そのうち・・・(^^)

未丈ヶ岳ですか。
登山口の駐車場が変わっていますね。全国でもここだけかも

鎖で下って渡渉、荒沢岳や越後駒が綺麗に見える、山頂下の草原でお昼休憩、
などが記憶に残っています。
15年程前の9/23でしたが、紅葉はまだでした(^^;

レコ、待っています(^^)/
登録日: 2013/5/6
投稿数: 2620
2019/10/1 19:15
 やっぱ凄い!
なんだかんだといいながら
歳を感じさせないお二人を見ていると、羨ましく思います

大日岳も晴れわたり、難なくピストンされ
本当に羨ましい限りであります

私もいつか晴れた大日岳に立てるよう
毎日精進してまいりたいと思ってます^^;

やぱり、飯豊はいいで〜(^^)/
登録日: 2014/2/20
投稿数: 261
2019/10/2 14:28
 Re: やっぱ凄い!
今回は、楽でした
大日杉からの登りは、丸森や梶川と比べると傾斜が緩く、雲が多く涼しかったのが良かったです。
大日岳は、サブザックの稜線漫歩なので、当たり前ですね

こういう楽チン稜線漫歩がしたくて、二泊にすることが多いです(^^ゞ
今回は切合小屋二泊でも、大日岳往復は出来たと思いますが、
本山小屋がそれほど混雑していなかったので、結果オーライです

翌日の本山小屋は、隙間なしのビッシリだったようです。
天気が良く、急遽登って来た人がかなりいたようですよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ