また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2046354 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

季節入り乱れる大雪山テント泊トレッキング 旭岳→黒岳石室(泊)→北鎮岳→裾合平

日程 2019年09月30日(月) 〜 2019年10月01日(火)
メンバー
天候9月30日:くもり夜晴れ
→日中は日変化による対流雲がわく。降水には至らない。風がやや強め。気温は真夏並み。吹き溜りでは先週降雪による積雪が残る。場所によっては50cm以上。
10月1日:快晴
→文句なしの天気。朝は氷が張る冷え込み、日中は引き続き真夏並みの異常な暑さ、稜線は一部風強め。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、
・行き:十勝岳吹上温泉05時過ぎ発、コンビニで買い出しして旭岳ロープウェイに8時頃着。ロープウェイ往復2900円。
・帰り:13時旭岳ロープウェイ発→18時苫小牧→20時室蘭で、20時50分のフェリー乗船。すべて下道走行。苫小牧市街地で夕方のラッシュに捕まった。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間55分
休憩
1時間7分
合計
6時間2分
S姿見駅09:2309:41旭岳石室09:4209:42姿見の池09:54姿見の池09:5511:28金庫岩11:3311:41大雪山12:2812:28旭岳12:3112:32大雪山12:3312:59裏旭キャンプ指定地13:29間宮岳分岐13:3013:30間宮岳13:3513:36間宮岳分岐14:00松田岳14:10北海岳14:1315:25黒岳石室
2日目
山行
5時間45分
休憩
1時間3分
合計
6時間48分
黒岳石室05:3906:04桂月岳06:1306:30黒岳石室06:3107:27お鉢平展望台07:2807:54北鎮岳分岐08:0008:10北鎮岳08:3908:51北鎮岳分岐08:5209:02中岳09:13中岳分岐09:1410:17中岳温泉10:1810:51裾合平10:5612:18姿見駅12:2712:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

北海道2日目、遅めのスタート(になった)
2019年09月30日 09:38撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道2日目、遅めのスタート(になった)
旭岳山頂はガスに覆われ、残念ながらあまり展望はなかった
2019年09月30日 12:27撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳山頂はガスに覆われ、残念ながらあまり展望はなかった
旭岳東面はここ数日の異常高温にもかかわらず未だにこの残雪。
2019年09月30日 12:37撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳東面はここ数日の異常高温にもかかわらず未だにこの残雪。
スキーで滑りたい
2019年09月30日 12:56撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーで滑りたい
1
心地よい北海道のなだらかな稜線歩き。素晴らしすぎた。感動しっぱなし。
2019年09月30日 13:39撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地よい北海道のなだらかな稜線歩き。素晴らしすぎた。感動しっぱなし。
1
東旭岳
越年性雪渓あり
2019年09月30日 13:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東旭岳
越年性雪渓あり
1
北海岳。旭岳方面は終日積雲に覆われていた。
2019年09月30日 14:10撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳。旭岳方面は終日積雲に覆われていた。
1
なんだここは
2019年09月30日 14:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだここは
2
登山道には一部雪が残り、踏み抜くところもあり。
2019年09月30日 14:30撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には一部雪が残り、踏み抜くところもあり。
1
越年性雪渓
厚そうなところで3m以上氷体あり
2019年09月30日 15:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越年性雪渓
厚そうなところで3m以上氷体あり
よるめし
2019年09月30日 16:15撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よるめし
2
ぐだー
2019年09月30日 16:31撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐだー
1
2日目朝
快晴
2019年10月01日 05:16撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目朝
快晴
2
日の出
2019年10月01日 05:53撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出
3
なんて景観だ
2019年10月01日 05:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんて景観だ
3
歩く これが北海道か
2019年10月01日 06:34撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩く これが北海道か
2
お鉢展望台
2019年10月01日 07:21撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢展望台
1
北鎮岳から旭岳
2019年10月01日 07:57撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮岳から旭岳
2
あちらの山々にも縦走する予定でいた。
2019年10月01日 08:11撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらの山々にも縦走する予定でいた。
1
見とれる景観。
2019年10月01日 08:33撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見とれる景観。
3
下山するのが惜しい
2019年10月01日 08:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山するのが惜しい
1
凍土地形?
2019年10月01日 08:56撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍土地形?
3
エゾシマリスちゃん
人目を気にせず食事していた。
2019年10月01日 12:14撮影 by SHV35, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾシマリスちゃん
人目を気にせず食事していた。
2

感想/記録
by MLMO51

・今回の北海道東北遠征のメイン、大雪山テント泊トレッキング旅。本来ならばこの時期は積雪期にもなり、相応な装備経験が求められるだろうが、異常な暑さなため夏山装備で歩く。旭岳東面の残雪の多さには驚かされた、先週1m近く降ったというのも納得ができる。これが北海道か

・気温は真夏並み、雪の具合は残雪期、ても降った雪は先週の冬の始まりを告げる新しい雪、山裾は紅葉と、春夏秋冬すべての季節感。

・旭岳は観光地で、平日でも観光客や一般登山客が多数いたが、旭岳から先はシーズンオフなためか、人は見当たらず自分だけの世界。北緯40°超の山岳特有な地形を目に、感動しっぱなし。ずっと見ていたかった。

・黒岳石室でビバーク的に幕営、もちろん自分だけ。管理人はいた。先週降った雪でビールを冷やすことができた。

・20時までには室蘭へ行かなければならないため、昼には下山する必要があるのがもったいなかった。来年は北海道に住むんだ…

訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ