また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2049627 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

6歳児とゆくヤギと逢う旅&ついでの百蔵山

日程 2019年10月05日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候快晴のちふつうの晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR大月駅から徒歩で登山口
帰りはJR猿橋駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
1時間30分
合計
7時間22分
S大月駅10:2610:41岩殿山丸山公園口10:4110:56岩殿登山口11:4511:45岩殿上バス停12:08福泉寺前バス停12:0813:48金比羅宮14:1514:38四等三角点「葛野」14:3915:17大同山15:1815:19表登山道分岐15:2015:48百蔵山16:0017:09百蔵山登山口バス停17:0917:49猿橋駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金比羅宮から上、一瞬コースを見失う
猿橋駅東ルートは鎖つきの急斜面が続くのでおりるときは慎重に
その他周辺情報うどん「くらざき」さんがおいしそうでした(余裕がなくて通過)

写真

桂川の渓谷はいつ見ても深い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂川の渓谷はいつ見ても深い
1
岩殿山登山口のあたりまで登り坂。このときは富士山が見えていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩殿山登山口のあたりまで登り坂。このときは富士山が見えていた
アスファルトはちょっとニガテ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスファルトはちょっとニガテ
せっかく登ったのにくだり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく登ったのにくだり
やぎさんこんにちは!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やぎさんこんにちは!
ルッコラさん(3ヶ月)と
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルッコラさん(3ヶ月)と
1
ルッコラさんとのゆかいなひととき
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルッコラさんとのゆかいなひととき
河原があったらひっかかる系男子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原があったらひっかかる系男子
ここから山に入っていくけどまだアスファルト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山に入っていくけどまだアスファルト
ものすごくよい里山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ものすごくよい里山
アスファルトだけど葉っぱで歩きやすくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスファルトだけど葉っぱで歩きやすくなってきた
にらぼうずの花火
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にらぼうずの花火
やっと登山口、ここからのぼります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口、ここからのぼります
登山道の最初はヤブ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の最初はヤブ
ふわふわの幼菌、ひとかわむくとゼラチン質のなかに本体
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふわふわの幼菌、ひとかわむくとゼラチン質のなかに本体
ベニタケ系。こんな顔して老菌
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニタケ系。こんな顔して老菌
しばらくゆるやかでまっすぐの道。息子は何を見つけたのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくゆるやかでまっすぐの道。息子は何を見つけたのか
本日のおにぎりタイム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のおにぎりタイム
1
これ道じゃないよな、、、
2019年10月05日 14:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ道じゃないよな、、、
金比羅宮を越えると道は険しく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅宮を越えると道は険しく
登りきったと思ったら尾根だったのでこの表情
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきったと思ったら尾根だったのでこの表情
尾根道はゆるやか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はゆるやか
ゆるやかと思いきや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかと思いきや
ついに山頂! と思いきや大同山。あと少しがんばろうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに山頂! と思いきや大同山。あと少しがんばろうね
おともだちとしてざとうむしくんが加わりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おともだちとしてざとうむしくんが加わりました
頂上が見えてきたよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきたよ
百蔵山のぼりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百蔵山のぼりました!
1
山頂で楽しそうに遊ぶわが息子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で楽しそうに遊ぶわが息子
がんばったのでさけるチーズ一気喰い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がんばったのでさけるチーズ一気喰い
さあ、おりようか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、おりようか
鎖で急坂をおりていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖で急坂をおりていく
けっこう本気の鎖場! 気をつけて降りよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう本気の鎖場! 気をつけて降りよう
ずいぶん歩きやすくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずいぶん歩きやすくなってきた
森のみんなに食べられたイグチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森のみんなに食べられたイグチ
道がひらけてきてそろそろ最後
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がひらけてきてそろそろ最後
今日の登山はこれで完了!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の登山はこれで完了!
1
登ってきた百蔵山を背に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた百蔵山を背に
1
立川までゆったり座って帰れる。そこからの地獄は知らない
2019年10月05日 17:57撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立川までゆったり座って帰れる。そこからの地獄は知らない
撮影機材:

感想/記録
by ShuP

秋と呼べる月はあと2ヶ月。寒くなるとキノコも虫もいなくなる。

だから今週も山に行こうね息子! またしても息子と過ごす時間を奪われた妻が恨めしそうだが、仕方ないのだよ。

前回、中央道の事故渋滞で諦めた滝子山を目指しましょう。早起きしておにぎりつくって味噌汁用意して息子の着替え用意して息子起こしてご飯食べさせて荷物詰め込んで駅まで走ってバスタ新宿駆け上がって窓口で「高速笹子まで!」「満席ですね!」

〜終〜



ってまたかよ!!!

あてもなくホリデー快速ビューやまなし2階席に乗る。

今日は前日にニンニクを食べていないので空気がきれい。さて行き先をどうしようか。このホリデー快速、大月から先の普通列車の接続がひどく、乗り換えて笹子着が11時と山登りは無理な時間。前回同様、大月からダイレクトに登れる山を選ぶしかない。

少々歩くが、百蔵山にしよう。岩殿山→百蔵山と行けたらよいのだが、岩殿山は東側登山口が現在通行止め。ふもとを回り込む形で百蔵山を目指す。

しかしその、岩殿山のふもとが高台になっているのだ。アスファルトの登りに弱い息子の口から文句が湯水のようにあふれ出す。

ひとやすみして水分とって、ほら、もう下り道だよ。アスファルトはどのみちニガテだから下りだろうがうれしくない、と息子。すまんな、前回同様プランBなんですよ。富士急乗って温泉行きたかったよなんでこっちなの、と息子。すまんけどそれは先に言ってくださいよ。

なにか面白いものはないかとGoogleマップを見ながら歩いていると、ルート上に「山羊さんの贈り物」というパン屋さんを発見。よさそうなお店、小さいパンがあれば山のおともにしようと思い立ち寄る。

と、迎えてくれたのはおかみさんと、ヤギさんたち!! パンは山のおとも系ではなく家できちんとスライスしていただくタイプだったが美味しそうすぎて思わず購入。すると、おかみさんが6月に生まれたばかりの子ヤギ・ルッコラちゃんを連れてきてくれた。人なつこいルッコラちゃん、息子とおともだちに。

そしてこの日はヤギと遊ぶ日になりました。「パン買ったしそろそろお山いこうよ」「やだ今日ずっとここで過ごす」

〜終〜



いや、それはないね。息子をルッコラちゃんからひっぺがして進む。1時間以上お邪魔してしまった…ありがとうございました。そして山登りに1時間以上の遅延が発生した。というか山登りが完全におまけイベントと化した気がするが、急ごう。

と思っていたら「ちょっとだけ河原で遊んでいい?」と言い残して川にダッシュする息子。質問が質問になってないよね。

岩殿山登山口あたりまでに上げた高度は、川のところでまたゼロである。やれやれ。

ルート上のもうひとつの面白いもの・評判のうどん屋さんはこの川の対岸にあるが、もう入る時間がないので通過。じつにうらめしい。息子もえーうどんだめなのーとか言ってるけどヤギさんと遊んでこうなったんだから文句言うなよとうちゃんも食べたかったよ!

ごほうびのコーラを自販機で買い、百蔵山のサインがあるほうへ進む。コンクリートの登りはきついけど、なだめっぱなしなだめることでなんとか登山口へたどり着いた。

ヤブっぽい入り口を抜けると、歩きやすい道。しばらくはひたすらまっすぐ、そのあともあまりカーブせず高度を上げる。それが微妙に足に応える。つづら折りのほうが楽なのかも?

まだ続くのか、と何度か思ったところで金毘羅宮に到着。ここでおにぎりタイムとする。最近息子は辛味噌にハマってしまい梅干しをさほど喜ばない。さみしい。ほかにチーズとみかんを食べて再スタート。

お宮の少し上で、一瞬ルートを見失う。尾根を進めそれが正しいルートだから、的なことを書いた標識があったが意味がわからず直進してしまう。数メートル登って正規ルートに合流したが、ありゃちょいと怖かった。

ここからは、急な尾根を小刻みなつづら折りと鎖で一気に上がっていく。正直キツい。ここで男女のハイカーさんに追い抜いてもらう。

それでもコーラにつられていることもあり、着実に進んでいく。すると林のすきまに青空が見えるようになった。パパあれは頂上? と聞く息子。いや、ごめん、まだまだっぽい……

急坂を登りきり、そこが新しいスタート点だということを知って息子はかなり絶望していた。あとどれくらいなんだ、どれほど歩けばよいのだ、と聞く息子にヤマレコ のマップを見せる。ほほう、と納得する息子さん。文明だねえ。

尾根道は杉林をゆるやかに登ってゆく気持ちのよい道。ああ、さっきまでの急なのぼりと比べると天国みたい。

ヒトクチタケを見つけたりザトウムシとおともだちになったりしながら、頂上へ。ロープつきの急坂があるなど楽ではないけれど、小さなピークをいくつか越えてさあ頂上!

と思いきや大同山という名のピーク。ふたたび落胆する息子。今回は珍しく疲れてるな。ということで、コーラをひとくちだけフライング。

そこからは、いかにも山頂周辺、という雰囲気のゆったりした道。のんびり進んで、やっとお待ちかねの百蔵山頂上!

はやくコーラを飲みたい息子の手を引き山頂標識へ。ごめん、ほんとごめんだけど写真とらせて。結果すごい作り笑顔の山頂写真ができました。

待ち焦がれたコーラを飲み、大好きなさけるチーズを食べる、というリビドー全開の息子さん。

ところで、百蔵山も眺望が素晴らしい。桂川に沿って街が発展しているのが、上流のほうまで見渡せる。富士山は隠れてしまった。そういえば秀麗富嶽十二景の山を5つのぼったけど富士山見えたことはまだ一度もない)。

足元を見ると息子さんがバッタを必死で追いかけている。だいぶすばしっこいようで、いちど捕まえたのに逃がしていまいキレる、を繰り返している。地団駄踏むくらいなら、しっかりつかんどきなさいよ、、、

かくして唯一息子に取られてしまったバッタさんはおともだちとしてふもとまで運ばれることになった。気の毒だ。

さあ、山をおりよう。猿橋駅に向かうコースはふたつ、東ルートと西ルート。今回は東にしよう。

扇山に縦走する道と分かれて、尾根から下降していく。ロープや鎖で急な斜面をどんどん進む。

まあそこそこ危ない道だが、左右が切り立っていないのが安心。左右もアウトな九鬼山に比べたら気が楽である。

息子はなぜこんな道にしたのかとさかんに聞いてくる。そこへ「きみならできるって思ってるからだよ」と応える。まんざらでもないゆるんだ顔をする息子さん。

急なところを抜けてしまえば、あとは完全に整備された快適な道。食べ散らかされたイグチを見つけるなどしているうちに登山口到着。おつかれさまでした!

あとは猿橋駅に向かうだけ。少し長い距離を歩くけれど、ずっと下り坂なので楽しい。

バス停を発見、乗って帰ろうという息子だが、残念ながらそのバスはもう今日こないんだ。

珍しく疲れきってしまいブチギレの息子さんに、ぶどうナタデココ炭酸ゼリージュースを与える。もう弱音を吐かない、という約束と引き換えに。ちなみにこのポッカのドリンクは息子が愛してやまないもので、「ぜりーめりんぐ」と呼んでいる(ゼリー×スパークリング、の×をメと読んでいる)

大きな橋で桂川を渡り、コンビニにて電車で食べる用のアイスを用意したら、猿橋駅へ。ガリガリくんのホワイトサワー味をいただきながら東京に向かう息子だった。サワーって何だ、と息子がいう。a) すっぱい b) 炭酸ドリンクの総称
どっちなんだろう。とてもどうでもよいことだけれど。

今日はいちにち、ヤギさんと遊んだ。いちにちの終わりごろどこか山に登った気がする。またいつか、ヤギに会いに来よう、ヤギと遊ぼうと息子と固く誓いあった。


訪問者数:78人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ