また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2052969 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

荒海山

日程 2019年10月06日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
1時間17分
合計
6時間50分
Sスタート地点07:2710:30荒海山11:4714:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログが途中で切れてしまったため、途中からは手書きしてあります。
コース状況/
危険箇所等
山頂直下は長めのロープががいくつか掛かっています。
双耳峰の西峰〜東峰の間は藪漕ぎです。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

こちらに車を停めました。
本日はここからスタートします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらに車を停めました。
本日はここからスタートします。
2
道路を渡って登山口へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を渡って登山口へ向かいます。
入山禁止の立札です。
本日は必ず無事に下山しなくてはなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山禁止の立札です。
本日は必ず無事に下山しなくてはなりません。
1
登山口前の渡渉ポイントです。
雨のあとですが増水はしていないようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口前の渡渉ポイントです。
雨のあとですが増水はしていないようでした。
川を渡るとすぐ登山口に入ります。
所々テープもあり踏み跡もしっかりしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡るとすぐ登山口に入ります。
所々テープもあり踏み跡もしっかりしています。
1
立派な木が何本もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な木が何本もありました。
1
オシャレななキノコ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オシャレななキノコ。
1
紅葉した葉っぱが落ちています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉した葉っぱが落ちています。
長めのロープがでてきました。
雨で滑りやすいので慎重に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長めのロープがでてきました。
雨で滑りやすいので慎重に登ります。
1
ホコリタケ!
初めて見ました。こんなに小さいのに手でつつくと白い胞子がたくさん出てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホコリタケ!
初めて見ました。こんなに小さいのに手でつつくと白い胞子がたくさん出てきます。
1
山頂付近。
視界が開けましたがガスで何も見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近。
視界が開けましたがガスで何も見えません。
山頂到着。
双耳峰の西峰です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。
双耳峰の西峰です。
2
カッコいい石碑です。
分水嶺の山なんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコいい石碑です。
分水嶺の山なんですね。
1
双耳峰の東峰へ向かいます。
この間は背丈程の藪漕ぎになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の東峰へ向かいます。
この間は背丈程の藪漕ぎになります。
1
藪が深いです。
掻き分けて進んでいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪が深いです。
掻き分けて進んでいきます。
1
途中、真っ赤に紅葉している木もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、真っ赤に紅葉している木もありました。
2
東峰へ到着。
三角点もこちらにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰へ到着。
三角点もこちらにあります。
2
藪の中に入りたくないですが、西峰に戻ってお昼休憩にします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中に入りたくないですが、西峰に戻ってお昼休憩にします。
帰りは来た道を戻ります。
下りのロープはより慎重に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは来た道を戻ります。
下りのロープはより慎重に進みます。
1
下山途中、少しだけ景色が見られました。
このまま全員無事に下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、少しだけ景色が見られました。
このまま全員無事に下山しました。
1

感想/記録

栃木百名山を目指す友人達と共に荒海山へ行きました。荒海山は名前の通り荒々しい山でした。序盤から急坂続き、所々足場が悪く、山頂付近まで行かないと展望も得られません。

この日は雨上がりだったこともあり、岩場は濡れて滑りやすく、ロープを持つ手にもついつい力が入ってしまいました。決して楽しいものではなかったですが、噂に聞く藪漕ぎも初めて体験する事ができました。

体力面よりも精神面で疲れた山行にはなりましたが、とても良い経験ができたと思います。
訪問者数:420人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ