また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2053277 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

大所山 (たいしよやま)別名:百合ヶ岳  お勧め右回りコース

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年10月06日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り、時々霧雨、一瞬晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自家用車で169号線を小祠神社で右折し、登山口入り口まで進みます。
道には落石が落ちていますので正直自己責任となります。(169号線分岐から25〜30分程度です。)
駐車場は車3台程度のスペースがありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間14分
休憩
33分
合計
4時間47分
Sスタート地点08:2309:12琵琶滝展望台09:2611:15コブの尾根分岐11:26百合ヶ岳11:3811:54展望岩12:0113:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは、絶対右回りがお勧めです。
理由は、琵琶滝に近いルートは、勾配がキツイため下りには不向きだと思うからです。
もし琵琶滝に行かれる場合は、最後の滝見小屋までの登りは、少し危険な個所があるため、高いところが苦手な人は厳しいかもしれません。(が慎重に進めば大丈夫です。)
滝から登りへの分岐を見つけることは、簡単ではありません。GPSなどを頼りに慎重に左側の分岐を見落とさないようにします。
登り道もかなりの急登です。特に稜線に出る後半部分は、45度?位の急斜面を這うように登ります。(三点支持で慎重に登ります。)
地図では分かりませんが、結構痩せ尾根を登ります。
途中大きな岩が現れますが、慎重に登れば、高所恐怖は感じません。
下りは、比較的穏やかなつづら折れの道が続きますが、途中足元が見えないやぶの中を通ります。
全体的にコースは整備されていませんので、のんびりした山歩きとは行きませんが、清流やブナ林など楽しめる点は色々あります。
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

滝見小屋です。
少し高い位置に設置されていますので、川から少し登ったところにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見小屋です。
少し高い位置に設置されていますので、川から少し登ったところにあります。
登りの分岐点です。
看板が何もないので見落とす可能性90%です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの分岐点です。
看板が何もないので見落とす可能性90%です。
途中の巨大な岩を木の根っこを使って登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の巨大な岩を木の根っこを使って登ります。
1
山頂です。
展望はほとんどありません。
また、本日霧で何もみえませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂です。
展望はほとんどありません。
また、本日霧で何もみえませんでした。
1
本日山頂は、幻想的な風景でした。(この世ではない感じですね。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日山頂は、幻想的な風景でした。(この世ではない感じですね。)
2
ゴール近くは林道と合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール近くは林道と合流します。

感想/記録

本日初めての山でした。
思った以上に満足度の高い山でした。
道は整備されていませんので、初心者では厳しい気がしました。
また季節を変えて再度チャレンジしたいと考えています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:751人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 GPS 三点支持 ブナ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ