また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2055090 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

【2019年/MTC三頭山集中山行◆枦毀韻凌好魁璽

日程 2019年10月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
1時間45分
合計
4時間17分
S森林館10:2010:50三頭大滝10:5411:37ムシカリ峠11:3911:52三頭山避難小屋12:0712:07ムシカリ峠12:1212:12三頭山避難小屋13:1513:16ムシカリ峠13:28三頭山西峰13:3113:33御堂峠13:34三頭山13:57見晴し小屋14:0414:22鞘口峠14:2714:33森林館14:3414:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

武蔵五日市からバスに乗車します。今日は増便2台でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武蔵五日市からバスに乗車します。今日は増便2台でした。
1
森林館で身支度を調えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林館で身支度を調えます。
1
辺りがどんどんガスってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りがどんどんガスってきました。
まずはセラピーロード。その名の通り緩やかな傾斜とウッドチップが敷き詰められた快適な道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはセラピーロード。その名の通り緩やかな傾斜とウッドチップが敷き詰められた快適な道です。
三頭大滝を見るために寄り道します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭大滝を見るために寄り道します。
大きな瀧です。!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな瀧です。!
さあ、ここからは本格的な山道になります。ルートはずっと沢沿いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、ここからは本格的な山道になります。ルートはずっと沢沿いですね。
気温は高くないのですが、非常に湿度が高くてミストサウナ状態。汗が噴き出します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は高くないのですが、非常に湿度が高くてミストサウナ状態。汗が噴き出します。
1
集中場所の避難小屋に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集中場所の避難小屋に到着。
本当はサプライズにしたかったのですが、、、。頑張って担いできたソーセージを調理して皆さんに振る舞います!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はサプライズにしたかったのですが、、、。頑張って担いできたソーセージを調理して皆さんに振る舞います!
2
全パーティー集中後、我々は三頭山の山頂に向けて出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全パーティー集中後、我々は三頭山の山頂に向けて出発!
下山路は滑りやすい所もあり、また分岐がいくつもあって気を遣う場面もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路は滑りやすい所もあり、また分岐がいくつもあって気を遣う場面もありました。
森林館下のトンネルをくぐり…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林館下のトンネルをくぐり…
しばらく歩くと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと…
幻想的なゴール!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的なゴール!
1

感想/記録
by oscbt

 グループ集中山行は三頭山が目標山域でした。我々のルートは都民の森から登る最も一般的なルート。行動時間も短いので、集中場所の避難小屋で皆さんをおもてなししようとパーティで相談して、サプライズを目論みました。
 セラピーロードは本当に癒やされる道で森林浴を満喫できます。電動車椅子で楽しんでいる方もいました。三頭大滝から先は沢沿いを進みますが、ずっと霧の中を歩き、湿度が100%状態で気温は高くないのにミストサウナのような感じで思いのほか汗をかいてしまいました。
 1時間弱で避難小屋に到着し、さあ、おもてなしの準備をしようと思ったらテント泊のM川さんパーティがすでに到着済み。サプライズにはなりませんでしたが、手早く準備して、プチパーティーで集中成功をお祝いしました。その後、続々と仲間が到着し、一つの頂を目指して仲間が集まってくる集中山行の醍醐味を味わえました。最後のパーティーは集中時間ギリギリでやきもきしましたが、これもまた集中ならではの光景だと思います。
 三頭山はアクセスも良く、色々なルートで楽しめます。また違うルートで登ってみようと思いました。集中リーダーのT野さん、ありがとうございました!
訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ