また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2060438 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

10月13日( 高尾山 )台風19号の爪痕

日程 2019年10月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
自転車
自宅(23区内)から自転車で自走、途中にデポ、そして徒歩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

高尾山口駅・・・1号路・・・古滝・・・金比羅台・・・飯縄大権現社・・・高尾山・・・小仏山・・・6号路・・・琵琶滝・・・二本松・・・二軒茶屋
コース状況/
危険箇所等
たとえば私が管理者なら、1号路は金比羅台分岐まで通行止めに、6号路は全線通行止めに、そして二軒茶屋登山口(いわゆる病院裏)も通行止めにするでしょう。

二軒茶屋については、崩落が見られ、生態系に配慮する意味でも、通るのはいかがなものかと。

いずれのルートも、今後、天候次第ではさらに崩落が進むと思われますので、お出掛けの際には高尾ビジターセンターの現地情報などでご確認下さい。

高尾ビジターセンター公式サイト https://www.ces-net.jp/takaovc/?p=1166

その他、詳細は画像にて。

装備

個人装備 自転車

写真

23区内から自転車で自走。途中にデポ、そして徒歩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23区内から自転車で自走。途中にデポ、そして徒歩。
1
小名路-坊ヶ谷戸、河川氾濫。高尾山口駅構内も冠水と思われる。構内は泥まみれ。京王線、高尾山口駅-北野駅区間は運休。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小名路-坊ヶ谷戸、河川氾濫。高尾山口駅構内も冠水と思われる。構内は泥まみれ。京王線、高尾山口駅-北野駅区間は運休。
4
1号路の倒木。画像ではわかりづらいが、倒木のみでなく、道そのものも沢側に崩落。あぶない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1号路の倒木。画像ではわかりづらいが、倒木のみでなく、道そのものも沢側に崩落。あぶない。
4
薬王院側の斜面崩落。この付近、実は過去にも大規模な崩落に見舞われています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王院側の斜面崩落。この付近、実は過去にも大規模な崩落に見舞われています。
5
6号路は崩落箇所多数。まるでカオスのよう。沢歩きになれている方であればなんとか、でも一般向ルートとしてはあぶない。6号路=妙音谷の増水では、実は昔、琵琶滝付近では多数の方が亡くなられている。軽んじるのは禁物です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路は崩落箇所多数。まるでカオスのよう。沢歩きになれている方であればなんとか、でも一般向ルートとしてはあぶない。6号路=妙音谷の増水では、実は昔、琵琶滝付近では多数の方が亡くなられている。軽んじるのは禁物です。
5
古典的なサイクリング車は災害に強いんです。道路インフラ全滅的でも、どこかしら通り抜けて進めるのと、緊急車両通行の妨げとなるおそれも低いでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古典的なサイクリング車は災害に強いんです。道路インフラ全滅的でも、どこかしら通り抜けて進めるのと、緊急車両通行の妨げとなるおそれも低いでしょう。
1
追加、11月に撮影。1号路の倒木は撤去、崩れた箇所も修復されました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追加、11月に撮影。1号路の倒木は撤去、崩れた箇所も修復されました。
追加、11月に撮影。薬王院側の斜面、破損した杉苗奉納の芳名板ともに暫定的に養生シートで保護されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
追加、11月に撮影。薬王院側の斜面、破損した杉苗奉納の芳名板ともに暫定的に養生シートで保護されています。

感想/記録

追記。災害と自転車について。

古典的なサイクリング用自転車という乗り物は、約20kg前後の荷物をつんで、1日に少なくとも100kmは走れます。

実際、今回のエリアでは、高速道路網-電車-バスなど主な交通機関はすべてストップしましたが、このように都心部から高尾山まで難なく往復しました。

自転車、特に、荷物をつみ、なおかつ長距離走行を想定し設計されたサイクリング用自転車は災害に強いんです。

古典的なと例えたのは、60-70年代当時の郊外はまだ未舗装路も当然のように多かったので、ガタガタな悪路走行にも強いんです。

さらにパスハンターとされる日本固有種では、乗りなれた方は、10kg前後の荷物をつんだまま担いで山岳地帯の峠を越えられます。

階段もさほど障害にはなりませんし、また基本的なロープワークを学んでいれば、基点-スタンスなどが確保可能であれば、2階くらいの高さの難所を越えるのも可能です。

自家用車にオートバイなどは、道路インフラは、今回のように、あっけなく通行止になります。そもそもガソリンが買えなければ完全にOUTです。

このような災害時には、人命に関わるようなケースでもない限り、自家用車の使用は極力控えるべきではないでしょうか。

緊急車両、また復旧-物資の輸送が優先であり、そのためにも道路は空けておく、確保される必要があるでしょう。

参考になれば幸いです。
訪問者数:922人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ