また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2071518 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

碧 空🔷温泉ヶ岳 〜 根名草山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年10月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候☀  ・最低/最高気温  ( 熊谷:11.8/24.3 ℃)
             (奥日光: 5.6/14.5 ℃)
   ・昼間の時間: 11:01 (日出:5:56 日入:16:57)
   
・23日の気象[全国] : 気象人
   http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2019-10-23
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◎ 群馬県の県道69号 → 国道122号 → 国道120号(第二いろは坂)。
 中禅寺湖畔を通り過ぎ、戦場ヶ原を左に見て、更に上へ。
 湯滝,湯元入口を経て、「金精トンネル」直手前左側の駐車場へ(1,843m)。
 9:07着。今日も、7〜8台の先客がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
53分
合計
6時間5分
S金精山登山口駐車場09:2009:50金精峠09:5810:35温泉ヶ岳分岐10:48温泉ヶ岳11:0511:12温泉ヶ岳分岐12:02念仏平避難小屋12:1012:50根名草山13:0713:47念仏平避難小屋14:33温泉ヶ岳分岐15:03金精峠15:0615:25金精トンネル駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎ 東日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号が過ぎ去り、1日限りの
晴天がやってきて、最高の山行となりました。
 🔶🔷金精峠 〜 温泉ヶ岳 〜 念仏平避難小屋 〜 根名草山🔶🔷 
   --- スタート地点「金精トンネル駐車場」の標高は 1,843m。
   最高標高点は「温泉ヶ岳」で、2,333m --- 。 

◇◇◇ーー台風や長年の風化により、登山道が荒れていますーー◇◇◇
◎ 「温泉ヶ岳」から「念仏平避難小屋」への下り及び、小屋から
「根名草山」への登りに於いて、登山路の"掘割状態"及び
"水道(みずみち)状態”が 著しいです。
 ・今回の台風による新たな倒木は無さそうですが、古くからの倒木に
  加え、 根っこ及びその極端な”掘割状況"と泥濘状況により、緩やかな
登り下りでも、歩行がややきつく、2,3回転倒してしまいました。
  お蔭で泥だらけ。・゜・(ノД`)・゜・。 

◎ まず「金精峠」まで 標高差約180mなのですが、古い木段や鉄梯子&
ロープ有りで、距離が短い分、やや厳しい登りです。
 最後の下りで「金精峠」へ。
 朝陽に光る「男体山〜湯ノ湖」や、南側にそそり立つ「金精山」の
景色は素晴らしい。

 ・「温泉ヶ岳」へは、やや北側を巻きながらの登山路ですが、石楠花
  が群生しており、シーズンには柔らかな花が心を和ませるでしょうね。
  ( ´艸`)。 稜線に出ると、熊笹越しに見る「男体山」が綺麗。
  分岐から 山頂へ。
  「温泉ヶ岳」、三等三角点のある狭い山頂ですが、武尊山や燧ケ岳
 方面が良く見え素晴らしい。再び分岐に戻り 笹道をトラバースして、
 念仏平へ向かう。
  登山路の笹が よく刈り込んでありますが、路肩が判らないので、
 谷側に足を踏み落とす危険があります。
  この辺から見る、太郎山 〜 女峰山系 〜 男体山が美しい。

・緩やかな下りではありますが、荒れていて転倒注意!!。
  シューズは、長めのしっかりしたものでないと,浸水の恐れあり。
 ・念仏平避難小屋を経て、あとは緩やかで 楽勝と思いきや、けっこう
 苔むした古い倒木や、水道(みずみち)の影響で、気を遣い 以外にも
 タフな登り。
 ・やがて歩きやすくなって、小さい小気味よい岩稜となり、まだか
 まだかと思う程に「根名草山」へ到着。
  南側は、針葉樹に囲まれ、展望は無い。会津方面の山々がやや
 雲掛かって見えた。
 ・<復路>の荒れた登山路で、2,3回転倒。ズボンが泥だらけ。
  夕方になるにつれ、東側の山々に雲が掛かってきた。 
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

写真

9:20,出発!!。
「金精峠」への
木段や鉄梯子などは
荒れている
2019年10月23日 09:35撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:20,出発!!。
「金精峠」への
木段や鉄梯子などは
荒れている
4
そそり立つ
「金精山」を見る
2019年10月23日 09:51撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そそり立つ
「金精山」を見る
4
「金精峠」の朝
2,024m。
湯ノ湖と
男体山を見る
2019年10月23日 09:53撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「金精峠」の朝
2,024m。
湯ノ湖と
男体山を見る
12
金精神社より
温泉ヶ岳を見る。
雲一つない碧空、
素晴らしい!!
2019年10月23日 09:56撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金精神社より
温泉ヶ岳を見る。
雲一つない碧空、
素晴らしい!!
7
温泉ヶ岳へ向かう
途中にて。
菅沼の上に
「武尊山」。
2019年10月23日 10:27撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ヶ岳へ向かう
途中にて。
菅沼の上に
「武尊山」。
7
温泉ヶ岳への
途中より見る
男体山
2019年10月23日 10:20撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ヶ岳への
途中より見る
男体山
5
緩やかな笹原の
稜線を行く
2019年10月23日 10:21撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな笹原の
稜線を行く
2
振り返ると
青空の中に
金精山〜五色山。
その上に,最高峰
「奥白根山」が
重なって見えた
2019年10月23日 10:30撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると
青空の中に
金精山〜五色山。
その上に,最高峰
「奥白根山」が
重なって見えた
7
笹と石楠花の中
穏やかな尾根を
温泉ヶ岳へ向かう
2019年10月23日 10:33撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹と石楠花の中
穏やかな尾根を
温泉ヶ岳へ向かう
3
「温泉ヶ岳」にて
2,332.9m
2019年10月23日 10:52撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「温泉ヶ岳」にて
2,332.9m
9
念仏平への
途中より見る
刈込湖と太郎山
女峰山〜大真名子山
右,男体山の雄大な眺め
2019年10月23日 11:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念仏平への
途中より見る
刈込湖と太郎山
女峰山〜大真名子山
右,男体山の雄大な眺め
10
念仏平避難小屋。
h20年に再建され
とても綺麗です!!
2019年10月23日 12:10撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念仏平避難小屋。
h20年に再建され
とても綺麗です!!
2
苔むした静寂な
登山路は、
荒れていた。
2019年10月23日 12:19撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした静寂な
登山路は、
荒れていた。
2
過去の倒木や
台風の影響などで
登山路は荒れていた
2019年10月23日 12:20撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去の倒木や
台風の影響などで
登山路は荒れていた
2
岩と立ち枯れの尾根
「根名草山」の
山頂が すぐそこ
2019年10月23日 12:50撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と立ち枯れの尾根
「根名草山」の
山頂が すぐそこ
1
「根名草山」にて
2,329.7m
2019年10月23日 13:06撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「根名草山」にて
2,329.7m
12
根名草山の
岩稜越しに見る
奥白根山。
2019年10月23日 13:12撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根名草山の
岩稜越しに見る
奥白根山。
8
苔むした素晴らしい
登山路だが
何処の山に行っても、
このような状態が
見受けられる
2019年10月23日 13:38撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした素晴らしい
登山路だが
何処の山に行っても、
このような状態が
見受けられる
5
<復路>
奥秩父のような
苔むした雰囲気。
もはや歩ける
状況にない
2019年10月23日 13:40撮影 by EX-Z800 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<復路>
奥秩父のような
苔むした雰囲気。
もはや歩ける
状況にない
3
15:05
「金精峠」に戻る。
後は、駐車場までの
気の抜けない降り。
「湯ノ湖」は見えたが
「男体山」は雲の中
2019年10月23日 15:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:05
「金精峠」に戻る。
後は、駐車場までの
気の抜けない降り。
「湯ノ湖」は見えたが
「男体山」は雲の中
4

感想/記録

◎ 台風15・19号の襲来により、さらには、25日の低気圧接近により
亡くなられた方及び未だ行方が 判らない方、多くの被災された方々に
対し、心よりお見舞いを申し上げ、また 哀悼の意を表します。
 ・埼玉県内に於いても、近年にない 河川の決壊により 被災、避難を
 余儀なくされた方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

◎ 10月9日に金精峠〜「奥白根山」周回し、奥日光の山々の素晴らしさ
に触れ、その上で今度は、「金精峠」から北へ 足を延ばしました。
 登山路の荒れ方は、台風19号の直接的な影響というより、それ以前の
台風等や、長年の風化もあると思われました。
 ・何処の山に行っても、登山路は、荒れてます。
 ・往路には無かったのですが、復路に於いて、登山路を横断する形で、くっきりと熊さん🐻の足跡🐾がありました。用心!!用心!!。

◎ 駐車場に着く頃は、すっかり曇り空。
  帰りの「いろは坂」は やや混み。歳を取ると段々運転が疲れてくる。
 ・陽が短くなり、帰りの運転がヘッドライトを点けてとなると、目が
 ショボショボ 〜。・゜・(ノД`)・゜・だよ〜う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:460人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/16
投稿数: 29
2019/10/25 21:51
 熊さん居たねぇ !
お世話様でした。 久し振りの山行でした。
念仏平から、根名草山まで意外と長かったですね。
またこの径を戻るのかょう・・と、ブツブツ言いながら歩いてました。
でも、木々の間に見える、男体山・白根山・女峰山・大小の真名子山・
太郎山・菅沼・湯ノ湖・切込-刈込湖・遠くに上州武尊山・尾瀬の燧ケ岳、等々・・筆舌に尽くし難いほど、素晴らしい景色を堪能致しました。
白根山のすぐそばのマイナー的な静かな、お勧めルートですね。
(道は多少荒れているけど、笹払いもされて、避難小屋も有り、Pから
金精峠を除けば、高低差もさほど無いし・・)
今回は反省飲み会はナシでしたね、近々にやりませぅ。
有難う御座いました。
ところで、「金精様」の立派なお姿はレコに登板ナシですぁぁ。
じゃっ、また ✋
登録日: 2011/10/5
投稿数: 77
2019/10/26 18:15
 奥日光はいいね !
  晴天 に恵まれ、実にいい山行でした。
  碧空と2,000m級の山々 。深い緑と湖。

 「温泉ヶ岳」前後までは、穏やかないい登山路でしたね。
 太郎山〜女峰山〜大真名子山、「男体山」が綺麗に見えて、最高!!。
 その後、「根名草山」へ向かうと、倒木と苔むした幽玄な登山路も、
水路と化した"掘割道"で、苦労しました
 すっ転んで、泥だらけ。怪我しないだけいいか

 そうそう、<復路>で熊🐻さんの🐾がくっきり。往路では無かったなあ。
  "下山祝” は くっ付きものでしたが、今回パスしちゃいました。
  運転も、夜間に掛ると疲れてきます。ましてや渋滞だと ・・・。
 
 今度ゆっくり、秋の夜長で一杯 ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ