また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2084616 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霧島・開聞岳

霧島山(大浪池〜韓国岳〜獅子戸岳)紅葉は色づき始め

日程 2019年11月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候午前:晴れ 青空多し
午後:晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカーにて登山口まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
21分
合計
7時間6分
S大浪池登山口07:0907:49大浪池休憩所07:5208:18大浪池08:37韓国岳避難小屋08:3809:22霧島山09:2510:39獅子戸岳10:4712:49霧島山12:5313:19韓国岳避難小屋13:2013:53大浪池休憩所13:5414:13大浪池登山口14:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口〜韓国岳:整備されており、特に危険な箇所はありません。
韓国岳〜獅子戸岳:整備されています。一部、植生復元のため森の中を迂回しますが、ロープが張っており迷うことはないでしょう。ただ、登山道の木の根っこに足を引っかけないよう注意が必要です。
韓国岳への登り返しは、結構きつかったです。
その他周辺情報下山後の温泉は、新燃荘に入りました。1人600円。硫黄泉のとっても良い温泉です。超お気に入りの温泉で、霧島に来た時は必ずといっていいほど、入ります( ^ω^ )
http://www.minkoku.com/yado/top.php?yado_id=84
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンロ ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ 三脚

写真

大浪池登山口から出発です。
2019年11月02日 07:14撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池登山口から出発です。
1
大浪池到着。
2019年11月02日 07:55撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池到着。
4
大浪池の右側のルートを進みます。
韓国岳と大浪池がいい感じです( ^ω^ )
2019年11月02日 08:12撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池の右側のルートを進みます。
韓国岳と大浪池がいい感じです( ^ω^ )
1
大浪池に、空の雲が鏡のように映っています。
2019年11月02日 08:12撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池に、空の雲が鏡のように映っています。
1
たまには、避難小屋も撮っておこうかと…
2019年11月02日 08:43撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまには、避難小屋も撮っておこうかと…
1
色づき始め。
2019年11月02日 08:59撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づき始め。
3
頂上間近。
青空にたなびく筋雲が綺麗です。
2019年11月02日 09:25撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上間近。
青空にたなびく筋雲が綺麗です。
1
韓国岳登頂。
2019年11月02日 09:29撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国岳登頂。
1
大浪池方面。その奥には桜島。
2019年11月02日 09:31撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池方面。その奥には桜島。
1
新燃岳と高千穂峰
2019年11月02日 09:31撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新燃岳と高千穂峰
2
今日は、獅子戸岳まで足をのばしてみます。
獅子戸岳まで2.9キロ。
2019年11月02日 09:33撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、獅子戸岳まで足をのばしてみます。
獅子戸岳まで2.9キロ。
1
目指す獅子戸岳。
新燃岳の手前にある山。
2019年11月02日 09:35撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す獅子戸岳。
新燃岳の手前にある山。
1
気持ちのよい空(*´꒳`*)
2019年11月02日 09:37撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよい空(*´꒳`*)
2
一部に真っ赤な紅葉もあります。
2019年11月02日 09:46撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部に真っ赤な紅葉もあります。
1
あれ、幾分か歩いたのに、獅子戸岳まで2.9キロの表示が再び現れました。
2019年11月02日 09:49撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、幾分か歩いたのに、獅子戸岳まで2.9キロの表示が再び現れました。
1
獅子戸岳も、少し紅葉しているようです。
2019年11月02日 10:22撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子戸岳も、少し紅葉しているようです。
2
獅子戸岳登頂。
2019年11月02日 10:47撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獅子戸岳登頂。
2
すぐそこに見える新燃岳。
なんだか地球を感じます。
2019年11月02日 10:48撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこに見える新燃岳。
なんだか地球を感じます。
2
高千穂峰とセット
2019年11月02日 10:48撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高千穂峰とセット
1
韓国岳。
こちら側から見ると、そこそこ紅葉してるかな。
2019年11月02日 10:56撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国岳。
こちら側から見ると、そこそこ紅葉してるかな。
1
2.9キロの標識が2つある謎は、おそらく植生復元で迂回ルートが出来たからかな。
2019年11月02日 11:57撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2.9キロの標識が2つある謎は、おそらく植生復元で迂回ルートが出来たからかな。
1
韓国岳直下の火口内の紅葉がいい色ですが、日陰で映えない(^◇^;)
2019年11月02日 12:50撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国岳直下の火口内の紅葉がいい色ですが、日陰で映えない(^◇^;)
1
こちら側の火口内の紅葉もいい色🍁
2019年11月02日 12:51撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側の火口内の紅葉もいい色🍁
1
大浪池方面の紅葉も、まぁまぁいい色に。
2019年11月02日 13:09撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大浪池方面の紅葉も、まぁまぁいい色に。
3
無事下山。
結構疲れました(*_*)
2019年11月02日 14:20撮影 by HX-WA30 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
結構疲れました(*_*)
1

感想/記録

霧島連山の一角である獅子戸岳まで、登れるようになっており、新燃岳を間近で見ることができる。
これを知って、韓国岳に登る際には、是非行ってみたいと思っていた。
久しぶりに大浪池から韓国岳を登りたくなったので、この三連休に獅子戸岳をセットにして登ることに。

結果的に、天気に恵まれ、韓国岳、獅子戸岳を無事に登頂出来たが、かなり疲れた。
韓国岳から獅子戸岳までの間は、想定以上に時間を要したし、韓国岳への登り返しが、かなり急登であった。

獅子戸岳で新燃岳を見た時、写真も撮らず、噴煙や山容をしばらくは眺めてしまった。いつもなら良い風景は、逃さないよう、じっくり眺めるよりも先に写真を撮ってしまうのだが。
間近で新燃岳を見た時、なんとなく「地球」を感じた。たぶん、火山の凄さとか、地球の偉大さみたいなのを感じたのだろう。
写真では、大層な感じではないものの、自らの目で新燃岳の噴煙を間近で見ると、全然違う光景である。

韓国岳、獅子戸岳の山行は結構きつかったが、いい練習になったし、素晴らしいものを見ることが出来た。いずれまた訪れたい。
ただ、新燃岳が急激に活発化したことを考えると、獅子戸岳は間近である分、被害にあうリスクも高いので、少し怖い気もする。

あと、紅葉は、まだだろうと思っていたが、少しづつ色づき始めている、といったところだろうか。
見頃は、まだ先ですなー
訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 避難小屋 紅葉 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ