また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2094164 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

初冬の常念岳

日程 2019年11月05日(火) [日帰り]
メンバー
天候超快晴 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■林道一ノ沢線・・積雪状況にもよりますが、11月末(29日?)までは通行可能なようです。
 https://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/30/10923.html
■一ノ沢登山口駐車場・・第1駐車場 約30台 第2駐車場 約30台
 https://www.azumino-e-tabi.net/sightseeingtop/climbing
■登山口情報
 http://www.nan-an.co.jp/modules/tozan/ichinosawa/

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
1時間13分
合計
9時間50分
Sスタート地点05:3205:44一ノ沢登山口05:5406:05山ノ神06:50王滝ベンチ06:5107:14烏帽子沢07:1507:40笠原沢07:4108:47最終水場08:5209:30常念小屋09:3510:52三股への分岐点10:57常念岳11:2711:32三股への分岐点11:3912:26常念小屋12:52最終水場13:0213:48笠原沢14:09烏帽子沢14:27王滝ベンチ14:2815:05山ノ神15:13一ノ沢登山口15:1515:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■標準タイムの0.6〜0.7となっていますが、そんなに速くはなく、実際は0.8〜0.9です。
■山頂部分に積雪があったので、積雪期ピークハントとしました(笑)。

コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはありませんが、沢沿いのコースのため、地面が凍っているところがあり、スリップ注意です。
胸突八丁から上の高巻トラバースも凍っているところがあり、滑ると、20m程下の沢に滑落する危険があります。
今後積雪があると、危険度は大幅にアップします。

写真

一ノ沢登山口
登山届はコンパスで提出済ですが、ここでも記入して提出していきます
2019年11月05日 05:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢登山口
登山届はコンパスで提出済ですが、ここでも記入して提出していきます
1
スタートです
一ノ沢登山口からは今回で2回目
前回は7年前の5月で、残雪多き時でした
2019年11月05日 05:55撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートです
一ノ沢登山口からは今回で2回目
前回は7年前の5月で、残雪多き時でした
1
山の神
無事に下山できることを祈願
2019年11月05日 06:08撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神
無事に下山できることを祈願
1
ここにも朝陽が差し始めました
2019年11月05日 06:28撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも朝陽が差し始めました
1
水量が多い一ノ沢
2019年11月05日 06:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量が多い一ノ沢
4
常念岳が見え始めました
山頂は冠雪しています
2019年11月05日 06:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳が見え始めました
山頂は冠雪しています
3
日差しで谷も明るくなりました
2019年11月05日 07:43撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しで谷も明るくなりました
1
谷沿いにずっと登っていきます
2019年11月05日 07:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷沿いにずっと登っていきます
1
やっと見渡せるところまで登ってきました
見渡す限り雲は無く、快晴です
2019年11月05日 07:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと見渡せるところまで登ってきました
見渡す限り雲は無く、快晴です
渡渉
丸太橋は取り払われ、濡れた石は滑りました
2019年11月05日 07:46撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉
丸太橋は取り払われ、濡れた石は滑りました
胸突八丁
山と高原地図の位置よりも実際は上部にあります
ヤマレコマップは位置がバッチリ合っていました
2019年11月05日 08:21撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突八丁
山と高原地図の位置よりも実際は上部にあります
ヤマレコマップは位置がバッチリ合っていました
1
登って来た沢が見渡せます
2019年11月05日 08:23撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た沢が見渡せます
3
ここからは高巻のトラバース道
地面が一部凍結しており、滑れば、数十m下の沢へ転落しますので、細心の注意で歩きました
2019年11月05日 08:31撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは高巻のトラバース道
地面が一部凍結しており、滑れば、数十m下の沢へ転落しますので、細心の注意で歩きました
最終水場
ここからは、やっと沢を離れ、
2019年11月05日 08:47撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場
ここからは、やっと沢を離れ、
1
尾根道です
新設された木の階段がうれしい
2019年11月05日 09:09撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道です
新設された木の階段がうれしい
2
乗越直下で後続の方に抜かれました
40分以上後に登山開始したとのこと
足首の治療で登山回数が減り、体重も増えてしまった私には今のペースが精一杯です
2019年11月05日 09:27撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越直下で後続の方に抜かれました
40分以上後に登山開始したとのこと
足首の治療で登山回数が減り、体重も増えてしまった私には今のペースが精一杯です
2
常念乗越に到達
2019年11月05日 09:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念乗越に到達
7
最高の展望が待っていてくれました
2019年11月05日 09:36撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の展望が待っていてくれました
13
常念岳山頂へ最後の400mの登り
2019年11月05日 09:37撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳山頂へ最後の400mの登り
2
半分位登ると積雪があり、滑り止めを着けます
2019年11月05日 10:26撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半分位登ると積雪があり、滑り止めを着けます
山頂が見えましたね
2019年11月05日 10:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えましたね
3
常念岳山頂2,856m到達
2019年11月05日 11:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳山頂2,856m到達
4
我が人生5回目の山頂です
蝶ヶ岳ヒュッテに泊まった方に撮って頂きました
昨夜は小屋仕舞で18人の宿泊だったとのこと
私も泊まりたかった
足下は12本爪アイゼンですが、練習のためです
この日は軽アイゼンで問題ありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が人生5回目の山頂です
蝶ヶ岳ヒュッテに泊まった方に撮って頂きました
昨夜は小屋仕舞で18人の宿泊だったとのこと
私も泊まりたかった
足下は12本爪アイゼンですが、練習のためです
この日は軽アイゼンで問題ありません
33
今日は、スッキリクッキリと最高の展望です
2019年11月05日 11:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、スッキリクッキリと最高の展望です
14
奥穂&前穂
吊り尾根がステキ
2019年11月05日 11:16撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂&前穂
吊り尾根がステキ
3
乗鞍岳
8合目から上は積雪があり、間もなく滑れそう
2019年11月05日 11:15撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳
8合目から上は積雪があり、間もなく滑れそう
5
遠くに富士山
2019年11月05日 11:11撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに富士山
1
大天井岳
当初は1日早く来て、大天荘の営業最終日に泊まる計画でしたが、別件があり疲れて来られませんでした
2019年11月05日 11:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳
当初は1日早く来て、大天荘の営業最終日に泊まる計画でしたが、別件があり疲れて来られませんでした
3
前穂、明神岳、梓川
遠くに、乗鞍岳、御嶽山
2019年11月05日 11:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂、明神岳、梓川
遠くに、乗鞍岳、御嶽山
1
蝶ヶ岳へ続く稜線
日当たり良好で積雪は無かったそうです
2019年11月05日 11:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳へ続く稜線
日当たり良好で積雪は無かったそうです
1
名残惜しいですが、下山です
2019年11月05日 11:28撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、下山です
4
山頂直下は凍ってはおらず、サクサクと滑り止めが効きます
2019年11月05日 11:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は凍ってはおらず、サクサクと滑り止めが効きます
積雪は10〜20cm
2019年11月05日 11:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪は10〜20cm
雪の斜面と槍
2019年11月05日 11:35撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の斜面と槍
2
それにしてもここは岩ばかりで、歩きにくい道です
2019年11月05日 12:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもここは岩ばかりで、歩きにくい道です
まもなくここも雪に覆われます
常念小屋は11/3宿泊が最後で、小屋仕舞いしてしまい、もう誰もいないようです
2019年11月05日 12:25撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなくここも雪に覆われます
常念小屋は11/3宿泊が最後で、小屋仕舞いしてしまい、もう誰もいないようです
4
冬の陽は低い
2019年11月05日 12:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の陽は低い
今日の見納め
2019年11月05日 12:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の見納め
4
来た道を下ります
2019年11月05日 12:30撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を下ります
まだ午後1時なのに、陽が陰るのが早い
2019年11月05日 12:59撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ午後1時なのに、陽が陰るのが早い
笠原沢
歩きにくい道に辟易してます
足に堪えます
2019年11月05日 13:48撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠原沢
歩きにくい道に辟易してます
足に堪えます
1
大滝ベンチまでが遠かった
2019年11月05日 14:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝ベンチまでが遠かった
1
山の神に無事下山を感謝
2019年11月05日 15:05撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神に無事下山を感謝
1
やっと登山口に着きました
2019年11月05日 15:15撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口に着きました
1
その下の駐車場まで歩いて、なんとか無事に終了しました
2019年11月05日 15:20撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その下の駐車場まで歩いて、なんとか無事に終了しました
1

感想/記録
by URU57

前回、一ノ沢登山口から登ったのは、7年前の5月。
残雪多く、王滝ベンチ辺りからはずっと残雪の道でした。
9月に足首の手術をしてから、山に行くのは今回で3回目。
徐々にキツいコースにしてきて、今年はまだ北アの山頂に立っておらず、
リハビリの仕上げとして、一ノ沢から常念岳を登るコースにしました。
前回の雪道に比べて凸凹の多いこの夏道は、鈍った足、体に堪え、
ペースを落とし、なんとか山頂に立つことができました。

快晴そして無風の快適な山頂からは、今までに無いほどのスッキリクッキリの大展望。
最高の日に登ることができ、感慨に浸りました。
5/24に左足首の酷い痛みを突然発症し、痛みはなかなか治まらず、
専門医に受診し、治療のために入院して手術、そして退院後はリハビリと、
思うように山に登れない日々が数ヶ月続く・・。
何とか今季中に、またアルプスの高山に登りたいと思い、
やっと、今回、北アルプスの頂に立つことができました。

本当は1日早く来て、小屋の最終営業日に泊まりたかったのですが、
アルプスのお泊まり登山は、来年の楽しみにとっておきましょう。

訪問者数:632人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ