また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2105125 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

観音山〜ガベノ城

日程 2019年11月10日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
34分
合計
3時間49分
Sスタート地点10:0212:16観音山12:3913:12カベノ城13:2313:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七曲谷入り口から観音山への抜け道は、踏み跡不明瞭な上にシダが繁茂していて藪こぎ必至。所々イバラも生えています。藪こぎが趣味とかでない限り、お勧めしません。
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

一瞬、工事中かと思いましたが……隣でした。
2019年11月10日 10:22撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、工事中かと思いましたが……隣でした。
剣谷第4公園から取り付きます。
2019年11月10日 10:23撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣谷第4公園から取り付きます。
この目印から北上すると観音山へ行けるはず……
2019年11月10日 10:25撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この目印から北上すると観音山へ行けるはず……
堰堤の中へ降りて、対岸を登ってみたが、行き詰まり……
2019年11月10日 10:31撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の中へ降りて、対岸を登ってみたが、行き詰まり……
堰堤の右岸側に戻って、谷沿いに行ってみるも……
2019年11月10日 10:41撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の右岸側に戻って、谷沿いに行ってみるも……
やはり途中からわからなくなり……
涸れ気味の谷を登ろうとしても茂みに遮られ、対岸にも登れそうなところは見当たらず…
2019年11月10日 10:42撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり途中からわからなくなり……
涸れ気味の谷を登ろうとしても茂みに遮られ、対岸にも登れそうなところは見当たらず…
再び堰堤の内側に戻って、写真の中央を上がってみる。
2019年11月10日 10:47撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び堰堤の内側に戻って、写真の中央を上がってみる。
しばらく行くと、水の流れる溝にパイプ発見。その溝に沿って更に登ってみる。
2019年11月10日 10:51撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、水の流れる溝にパイプ発見。その溝に沿って更に登ってみる。
少し開けたところに出た。これで正解だったのかなあ……
2019年11月10日 10:54撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けたところに出た。これで正解だったのかなあ……
ペイントのある岩発見。この道が正しいと信じて進む。
この辺りから、シダのジャングル。胸ほどの丈の折り重なるシダを、何とか通れそうなところを探して、かき分けかき分け進む。
2019年11月10日 10:55撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペイントのある岩発見。この道が正しいと信じて進む。
この辺りから、シダのジャングル。胸ほどの丈の折り重なるシダを、何とか通れそうなところを探して、かき分けかき分け進む。
1
足元は全く見えないが、結構な斜面で、ところどころ岩があるので、一歩一歩慎重に。
行き詰ったと思って、戻って別の道を探すも見つからず、結局同じ道を無理やり進む……というのを2〜3回繰り返す。
2019年11月10日 11:01撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は全く見えないが、結構な斜面で、ところどころ岩があるので、一歩一歩慎重に。
行き詰ったと思って、戻って別の道を探すも見つからず、結局同じ道を無理やり進む……というのを2〜3回繰り返す。
こんな風に矢印のペイントがあるけど、本当に進めるのか……
2019年11月10日 11:11撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな風に矢印のペイントがあるけど、本当に進めるのか……
ようやくシダのジャングルを抜ける。50mくらい進むのに30分以上かかってしまった。
鉄条網の際が進みやすいかと思ったが、あまり変わらない。
相変わらず踏み跡は不明瞭だが、シダよりは軽めの藪こぎ。
2019年11月10日 11:30撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくシダのジャングルを抜ける。50mくらい進むのに30分以上かかってしまった。
鉄条網の際が進みやすいかと思ったが、あまり変わらない。
相変わらず踏み跡は不明瞭だが、シダよりは軽めの藪こぎ。
1
尾根に上がると、岩尾根ぽくなる。
2019年11月10日 11:32撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がると、岩尾根ぽくなる。
2
この太さの木をつかんだら、根元からポッキリ。枯れてたのね。
2019年11月10日 11:35撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この太さの木をつかんだら、根元からポッキリ。枯れてたのね。
尾根を外さないように登っていく。
2019年11月10日 11:43撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を外さないように登っていく。
ようやく観音山の山道へ出て、ほっとする。
ずいぶん時間がかかってしまった。
山頂へ向かう。
2019年11月10日 11:52撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく観音山の山道へ出て、ほっとする。
ずいぶん時間がかかってしまった。
山頂へ向かう。
2
見晴らしのいいところもあり。
2019年11月10日 11:55撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしのいいところもあり。
この道は結構楽しい。
2019年11月10日 11:57撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は結構楽しい。
1
鉄塔は囲まれていて近づけない。右へ迂回する。
2019年11月10日 12:01撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔は囲まれていて近づけない。右へ迂回する。
ごろごろ岳からの道に合流。
2019年11月10日 12:15撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごろごろ岳からの道に合流。
山頂は見晴らしがいいです。
2019年11月10日 12:28撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は見晴らしがいいです。
1
東側の登山道を少し下り、振り返って1枚。
岩の右側が山頂への道だが、岩を登ってもOK。
2019年11月10日 12:33撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の登山道を少し下り、振り返って1枚。
岩の右側が山頂への道だが、岩を登ってもOK。
1
北側からの登山道の突き当りも、軽い岩登り。
西側を迂回することもできるが。
2019年11月10日 12:37撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側からの登山道の突き当りも、軽い岩登り。
西側を迂回することもできるが。
足がチクチクするので靴を脱いでみたら、ミドルカットの山靴なのに、シダの砕けた枯葉が中までびっしり。
(右足の方が倍ぐらいひどかったが、写真を撮り忘れた。)
2019年11月10日 12:41撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足がチクチクするので靴を脱いでみたら、ミドルカットの山靴なのに、シダの砕けた枯葉が中までびっしり。
(右足の方が倍ぐらいひどかったが、写真を撮り忘れた。)
何やらマーキングがあるので行ってみたら…
2019年11月10日 12:47撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何やらマーキングがあるので行ってみたら…
岩のある小ピーク?
2019年11月10日 12:46撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩のある小ピーク?
ときどき岩。
2019年11月10日 12:48撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどき岩。
七曲谷右俣方面?
2019年11月10日 12:52撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲谷右俣方面?
七曲北尾根方面とごろごろ岳方面の分岐……
2019年11月10日 12:55撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲北尾根方面とごろごろ岳方面の分岐……
右のごろごろ岳方面へ。
2019年11月10日 12:55撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のごろごろ岳方面へ。
正面から来ました。
ガベノ城の方へ行きます。
2019年11月10日 13:01撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面から来ました。
ガベノ城の方へ行きます。
ちょっと見晴らしのいい岩。
2019年11月10日 13:05撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと見晴らしのいい岩。
1
ガベノ城直前……
2019年11月10日 13:12撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガベノ城直前……
新道と旧道の分岐。
2019年11月10日 13:12撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道と旧道の分岐。
新道側へ少し行ったところで右へ上るとガベノ城。
2019年11月10日 13:13撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道側へ少し行ったところで右へ上るとガベノ城。
ガベノ城も見晴らしあります。
2019年11月10日 13:14撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガベノ城も見晴らしあります。
1
尾根上は、ところどころ見晴らしのいい岩の小ピークがあります。地質学は詳しくないけど、貫入した花崗岩の周りが侵食された感じ?
2019年11月10日 13:36撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上は、ところどころ見晴らしのいい岩の小ピークがあります。地質学は詳しくないけど、貫入した花崗岩の周りが侵食された感じ?
ここに降りてきました。
2019年11月10日 13:39撮影 by F-05J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに降りてきました。
訪問者数:116人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

右俣 右岸 堰堤 花崗岩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ