また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2107753 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

高妻山(山頂直下で無念の敗退)

日程 2019年11月13日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠キャンプ場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
27分
合計
6時間41分
S戸隠牧場入口06:0106:09弥勒尾根コース分岐06:16ゲート06:1807:06帯岩07:0707:11一杯清水07:28一不動(避難小屋)07:3007:33一不動07:3408:24五地蔵山08:3009:01八観音09:1210:35八観音11:10五地蔵山11:1211:48弥勒尾根1596m点12:26弥勒尾根入口12:2712:34弥勒尾根コース分岐12:3512:42戸隠牧場入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高2000m付近から積雪あり。山頂直下の急登は積雪が20cm以上あって冬装備がないと登れません(11/13時点)

写真

戸隠キャンプ場。もうクローズしているようです。
2019年11月13日 06:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠キャンプ場。もうクローズしているようです。
行きは一不動から
2019年11月13日 06:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは一不動から
朝陽が出てきました
2019年11月13日 06:40撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽が出てきました
沢沿いに行くルートなので何度も渡渉します
2019年11月13日 06:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに行くルートなので何度も渡渉します
滑滝。右の鎖から上がります
2019年11月13日 06:54撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑滝。右の鎖から上がります
早い時間は凍結して滑るので注意が必要。
2019年11月13日 07:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早い時間は凍結して滑るので注意が必要。
帯岩。一枚岩をトラバースするのですが、ここも凍結してました。このルートの核心部です。
2019年11月13日 07:13撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯岩。一枚岩をトラバースするのですが、ここも凍結してました。このルートの核心部です。
1
踏み場所を選びながら慎重に進みます
2019年11月13日 07:04撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み場所を選びながら慎重に進みます
凍結してテカテカしてます
2019年11月13日 07:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結してテカテカしてます
2
眼下を見下ろすと雲海と牧場
2019年11月13日 07:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下を見下ろすと雲海と牧場
4
尾根に到着
2019年11月13日 07:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に到着
避難小屋
2019年11月13日 07:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋
高妻山がここで見えました
2019年11月13日 07:37撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山がここで見えました
尾根から見る牧場
2019年11月13日 07:41撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から見る牧場
だいぶ積雪しているように見えます。
2019年11月13日 07:43撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ積雪しているように見えます。
3
この尾根伝いに進みます。まだ距離ありますね。
2019年11月13日 07:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根伝いに進みます。まだ距離ありますね。
穂高連峰が見えました。もう白くなってますね。
2019年11月13日 08:20撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰が見えました。もう白くなってますね。
2
お気づきだと思いますが、数字になってます。五の次は
2019年11月13日 08:21撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お気づきだと思いますが、数字になってます。五の次は
六弥勒。ここで弥勒新道と合流します。
2019年11月13日 08:33撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六弥勒。ここで弥勒新道と合流します。
黒姫山
2019年11月13日 08:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒姫山
1
妙高山、火打山がよく見えました
2019年11月13日 08:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山、火打山がよく見えました
1
六弥勒を過ぎると積雪が多くなります。
2019年11月13日 08:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六弥勒を過ぎると積雪が多くなります。
焼山も真っ白
2019年11月13日 08:45撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山も真っ白
1
風強くなり、あっという間にガスに覆われてしまいました
2019年11月13日 09:21撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風強くなり、あっという間にガスに覆われてしまいました
高妻山の姿が一気に見えなくなりました
2019年11月13日 09:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山の姿が一気に見えなくなりました
積雪量が多くなります。先行者がおらず、ラッセルとなります。角度が出てくるとチェーンスパイクでは滑ります。
2019年11月13日 09:47撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪量が多くなります。先行者がおらず、ラッセルとなります。角度が出てくるとチェーンスパイクでは滑ります。
1
山頂直下の急登付近です。積雪量がさらに増え、チェーンスパイクでは滑って登れません。無念ですがここで敗退です。
2019年11月13日 09:56撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急登付近です。積雪量がさらに増え、チェーンスパイクでは滑って登れません。無念ですがここで敗退です。
3
後続の方が追いつきました。私はここで敗退を告げ、降りました。無事に登れたのでしょうか?
2019年11月13日 10:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の方が追いつきました。私はここで敗退を告げ、降りました。無事に登れたのでしょうか?
1
今日晴れ予報なんですけど・・・・
2019年11月13日 10:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日晴れ予報なんですけど・・・・
戻る稜線。
2019年11月13日 10:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻る稜線。
ガスが取れ始め、妙高が顔を出しました
2019年11月13日 10:54撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れ始め、妙高が顔を出しました
高妻山は相変わらずガスの中
2019年11月13日 11:10撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山は相変わらずガスの中
途中、北アルプスが見えました。五竜岳でしょうか?
2019年11月13日 11:11撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、北アルプスが見えました。五竜岳でしょうか?
1
帰りは弥勒新道で降ります。気持ちの良いルートです
2019年11月13日 11:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは弥勒新道で降ります。気持ちの良いルートです
落ち葉の上を歩くのは気持ち良いですが、油断していると滑るので注意が必要です
2019年11月13日 12:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の上を歩くのは気持ち良いですが、油断していると滑るので注意が必要です
1
牧場に戻ってきました。
2019年11月13日 12:34撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場に戻ってきました。
帰りに名物の戸隠蕎麦は食べました。細麺で美味しかったです
2019年11月13日 13:26撮影 by SH-M09, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに名物の戸隠蕎麦は食べました。細麺で美味しかったです
1
敗退ポイント。残り300mくらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敗退ポイント。残り300mくらいでした。

感想/記録

前日の雨飾山はガスで何も見えず。晴れ予報に期待ということで2日目は高妻山へ。戸隠キャンプ場に駐車してスタート。距離もあるので6時スタート。同じ時間に車が他2台ありましたが、どうやら私が一番だったようです。行きは一不動ルートを選択。沢沿いなので何度も渡渉します。核心部の滑滝、帯岩は早い時間は凍結して歩くのはとても危険でした。特に帯岩は一枚岩をトラバースするのですが、岩が凍結しているので足の置き場を選びながら慎重に進みました。一不動まで行くと反対側も見えるようになって、ここで初めて高妻山の山容を見ることが出来ます。ん?結構雪あるな。この時に嫌な予感はしましたが、天気も良いのでそこまで気にしませんでした。六弥勒を過ぎたあたりから積雪。しばらくすると風が強くなり、ガスに覆われました。そして標高を上げていくと積雪量が一気に増え、気づいた時には15cmを超えていました。先行者がおらず、ラッセルが続き体力も消耗。さらにチェーンスパイクしか携行していなかったので、山頂直下の急登では滑って登ることが出来ず、ここで敗退となりました。後続の方が追いつきその先を目指してましたが、かなり苦戦しているようでした。無事に登頂出来たのでしょうか?仮に登れたとしてもあの急登を軽装備で下山するのは危険だと思いました。残念ではありましたが、判断は間違っていなかったと思います。また雪のない時期にチャレンジします。
訪問者数:255人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ