また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2116830 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

南からピークハント!大持山→子持山→武甲山 〜襟を正して進む山〜

日程 2019年11月21日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
1時間5分
合計
4時間15分
S一の鳥居(武甲登山道入口)09:2509:52妻坂峠09:5510:39大持山の肩10:4810:53大持山10:5411:09雨乞岩11:1111:23小持山11:2811:48シラジクボ12:06シラジクボ・浦山口 分岐12:09武甲山12:4912:50シラジクボ・浦山口 分岐12:5113:06大杉の広場13:0713:16不動滝13:1813:39一の鳥居(武甲登山道入口)13:4013:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
入山から大持山まで全く人に会わず。
その後も同じ方向に歩いている人は見なかったので、「このペースが周囲と比較してどうか?」の表現はできません。
コース状況/
危険箇所等
台風の影響か、一の鳥居から妻坂峠までの間と不動滝から一の鳥居間に複数個所登山道の崩落があります。
注意すれば進むことは可能。
また一の鳥居から妻坂峠の間は落ち葉で道が分かりにくい場所があります。
ある程度山の経験がある方なら地形から受ける「カン」で進めばほぼ問題なし。
(この区間を下りで使うなら問題ないでしょう。)
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

写真

前日夕方天気チェック。
お待ちしてました。明日休みます。
現役会社員の私の山行は前日からスタートしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日夕方天気チェック。
お待ちしてました。明日休みます。
現役会社員の私の山行は前日からスタートしています。
1
一の鳥居からスタート。
妻坂峠経由で武甲を目指す。
2019年11月21日 09:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居からスタート。
妻坂峠経由で武甲を目指す。
これ登山道です。
2019年11月21日 09:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ登山道です。
ここも登山道です。
2019年11月21日 09:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも登山道です。
これまでずっと日陰だったけど、やっと太陽が出てきた。
寒さから少し解放される。
2019年11月21日 09:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでずっと日陰だったけど、やっと太陽が出てきた。
寒さから少し解放される。
1
ここはもう完全に登山道が崩落。
この写真だと簡単に渡れそうに見えるが、実際は不可能です。
先月の台風で崩れたのか、まだリルートされていません。
渡れる場所を自分で探す必要があります。
2019年11月21日 09:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはもう完全に登山道が崩落。
この写真だと簡単に渡れそうに見えるが、実際は不可能です。
先月の台風で崩れたのか、まだリルートされていません。
渡れる場所を自分で探す必要があります。
1
この道の先が妻坂峠。
ここからは崩落等ないよく整備された尾根道が続きます。
2019年11月21日 09:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道の先が妻坂峠。
ここからは崩落等ないよく整備された尾根道が続きます。
尾根に上がると紅葉がいい感じでした。
2019年11月21日 10:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がると紅葉がいい感じでした。
4
さすがトレランの大会をやる場所だけあって道の感じはかなりいいです。
2019年11月21日 10:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがトレランの大会をやる場所だけあって道の感じはかなりいいです。
1
青空に刺さる赤い木って美しい。
2019年11月21日 10:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に刺さる赤い木って美しい。
2
ここは紅葉の最盛期だとめちゃくちゃキレイな予感。
2019年11月21日 10:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは紅葉の最盛期だとめちゃくちゃキレイな予感。
1
小さな木がたくさん植えられています。元気に育ってほしいと願います。
2019年11月21日 10:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな木がたくさん植えられています。元気に育ってほしいと願います。
1
この先が大持山の肩っぽい。
2019年11月21日 10:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が大持山の肩っぽい。
大持山の肩から。
2019年11月21日 10:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山の肩から。
1
都内のビル群がよく見えます。
左隅はスカイツリー。
2019年11月21日 10:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都内のビル群がよく見えます。
左隅はスカイツリー。
1
筑波山と加波山。
2019年11月21日 10:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山と加波山。
1
走り出したくなるような道が続きます。
2019年11月21日 10:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
走り出したくなるような道が続きます。
2
でも意外と風が冷たいです。
2019年11月21日 10:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも意外と風が冷たいです。
「富士見の丸」と言う小さな看板を発見!
この丸太の先端から富士山が見えると言う意味なのか?
この山が大好きな愛好家の方が有志で作ってくれたような雰囲気がたまらなく可愛いです。
2019年11月21日 10:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「富士見の丸」と言う小さな看板を発見!
この丸太の先端から富士山が見えると言う意味なのか?
この山が大好きな愛好家の方が有志で作ってくれたような雰囲気がたまらなく可愛いです。
1
確かに見えました。
でもおそらくこれは夏用。
今の季節、西側の斜面の樹木には葉っぱがないためここじゃなくても富士山は見えていました。
2019年11月21日 10:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かに見えました。
でもおそらくこれは夏用。
今の季節、西側の斜面の樹木には葉っぱがないためここじゃなくても富士山は見えていました。
1
大持山登頂!
2019年11月21日 10:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山登頂!
大持から小持への縦走路は岩岩が多いです。
2019年11月21日 11:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持から小持への縦走路は岩岩が多いです。
途中結構な岩場もあり、「これは無理じゃない?」と思ったら東側をチェック!
巻道があります。
そういう箇所が3箇所ぐらいありました。
2019年11月21日 11:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中結構な岩場もあり、「これは無理じゃない?」と思ったら東側をチェック!
巻道があります。
そういう箇所が3箇所ぐらいありました。
雨乞岩に到着。
なんか叫びたくなる。
2019年11月21日 11:05撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岩に到着。
なんか叫びたくなる。
2
北アルプスが見えました。
2019年11月21日 11:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスが見えました。
1
崖っぷちで朽ち果ててもなおもまだ立ち続けるこの木に敬意を払って立ち去る。
2019年11月21日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖っぷちで朽ち果ててもなおもまだ立ち続けるこの木に敬意を払って立ち去る。
1
小持山登頂!
2019年11月21日 11:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山登頂!
1
この道標は90°ズレていると思います。
2019年11月21日 11:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標は90°ズレていると思います。
1
目指す武甲山は南から見ると普通の山です。
2019年11月21日 11:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す武甲山は南から見ると普通の山です。
1
シラジクボから武甲山へ取り付き。
2019年11月21日 11:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボから武甲山へ取り付き。
樹木名は分かりませんが、この木はてっぺんの方が赤くなってました。こういう紅葉の仕方もあるんですね。
2019年11月21日 11:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木名は分かりませんが、この木はてっぺんの方が赤くなってました。こういう紅葉の仕方もあるんですね。
3
武甲山の肩に到着。
2019年11月21日 12:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山の肩に到着。
この山頂のトイレはなんと水洗トイレでした。
2019年11月21日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山頂のトイレはなんと水洗トイレでした。
立派な社殿が立っています。
2019年11月21日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な社殿が立っています。
1
そして武甲山登頂。
2019年11月21日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして武甲山登頂。
1
浅間。
最近噴煙をあげません。
2019年11月21日 12:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間。
最近噴煙をあげません。
1
日光白根(左)と男体(右)。
その麓の街並みは私が住む地域です。
2019年11月21日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根(左)と男体(右)。
その麓の街並みは私が住む地域です。
1
そしてすぐ眼下には秩父の街並み。
2019年11月21日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてすぐ眼下には秩父の街並み。
中央が前橋市。左が高崎市。右が伊勢崎市です。
中央やや左の茶色いビルが群馬県庁。
2019年11月21日 12:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が前橋市。左が高崎市。右が伊勢崎市です。
中央やや左の茶色いビルが群馬県庁。
北アルプス。
この望遠だめだめカメラでさえ撮影できるほどはっきりと見えていました。
2019年11月21日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス。
この望遠だめだめカメラでさえ撮影できるほどはっきりと見えていました。
西側にあるこの小屋の上に30W位のソーラーパネルが載っていました。
何に使われているのか配線をたどったのですがわかりませんでした。
2019年11月21日 12:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側にあるこの小屋の上に30W位のソーラーパネルが載っていました。
何に使われているのか配線をたどったのですがわかりませんでした。
立派な手作り橋でした。
2019年11月21日 13:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な手作り橋でした。
登山道崩落箇所。
2019年11月21日 13:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道崩落箇所。
ここも崩落。
2019年11月21日 13:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも崩落。
水の力って恐ろしい。
2019年11月21日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の力って恐ろしい。
とにかくもうあちこち崩落しまくってます。
川の流れが変わってしまった場所もありそう。
2019年11月21日 13:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかくもうあちこち崩落しまくってます。
川の流れが変わってしまった場所もありそう。
一の鳥居近くも色付き良し👍
2019年11月21日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の鳥居近くも色付き良し👍
2
今朝と反対側から駐車場着。
2019年11月21日 13:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝と反対側から駐車場着。

感想/記録

だいぶ寒くなってきたので自宅から近い低山である埼玉の名峰、武甲山へ行く。
この山の関東平野側の斜面は独特でありその説明は不要なほど。
標高の割には目立つので自宅の庭先からでも肉眼ではっきりと見ることができる。
比較的近所の山でありながらも登ったことがなかったので今回行ってみた。

ピストンでは不満足な予感だったので、周回コースをとる。
手前の山からピークハントしながら武甲山を目指す。
沢沿いの道に始まり、九十九折の斜面に痩せた尾根道。大岩壁の巻道や金色の野原に秋の色を呈した木々たち。
北アルプス北部から東京湾まで見渡せてとにかく飽きない。

少し不満足感を覚えての下山を覚悟していたけど、十分満足のいく山だった。

その身を削りながら日本の高度経済成長支えた偉大な山。
しかもそれはまだ終わっておらず、山行中にもダイナマイトによる破砕音を3回聞いた。
そんな偉大な山に、大いなる敬意を払いたい。

また計画したい。
訪問者数:349人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 紅葉 山行 ピストン 道標 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ