また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2121453 全員に公開 ハイキング甲信越

網掛山

日程 2019年11月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
昼神温泉駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間25分
休憩
36分
合計
3時間1分
S昼神温泉10:0511:00網掛峠11:0511:23網掛山11:2711:36東展望台12:0313:06昼神温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

昼神温泉から網掛を目指します。恩出橋で阿智川の対岸に渡り、
2019年11月24日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼神温泉から網掛を目指します。恩出橋で阿智川の対岸に渡り、
「ふれあいロード」を歩いて、温泉街を後にします。
2019年11月24日 10:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ふれあいロード」を歩いて、温泉街を後にします。
1
中央道の下をくぐって、カエデ並木が続く道をしばらく進み、
2019年11月24日 10:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央道の下をくぐって、カエデ並木が続く道をしばらく進み、
1
中平集落に差し掛かると小野川関所跡に導かれ、古代東山道・神坂峠越えの道へと進みます。
2019年11月24日 10:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中平集落に差し掛かると小野川関所跡に導かれ、古代東山道・神坂峠越えの道へと進みます。
赤褐色や金茶色の木々を眺めながら進む林道は、
2019年11月24日 10:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤褐色や金茶色の木々を眺めながら進む林道は、
いつの間にか登山道となり、沢沿いを離れてジグザグを切りながら尾根を登っていきます。杉林の合間には色づく木々がちらほら。光を透かしてカエデの黄葉を愛でます。
2019年11月24日 11:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか登山道となり、沢沿いを離れてジグザグを切りながら尾根を登っていきます。杉林の合間には色づく木々がちらほら。光を透かしてカエデの黄葉を愛でます。
1
網掛峠に達します。峠の象徴であった蛇瘤杉を偲ぶものは切り株のみ。ここで右手に折れて急坂を登ります。
2019年11月24日 11:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
網掛峠に達します。峠の象徴であった蛇瘤杉を偲ぶものは切り株のみ。ここで右手に折れて急坂を登ります。
頭上を仰ぎ見ると、青空に映える黄葉が見事な眺め。杉の植林と色づく木々が混じる尾根をしばらく登って、
2019年11月24日 11:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上を仰ぎ見ると、青空に映える黄葉が見事な眺め。杉の植林と色づく木々が混じる尾根をしばらく登って、
1
網掛山の頂上に到着します。三角点が置かれていますが、木々に囲まれて展望は開けません。
2019年11月24日 11:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
網掛山の頂上に到着します。三角点が置かれていますが、木々に囲まれて展望は開けません。
2
カラマツの黄葉を仰ぎ見ながら、幅広のなだらかな尾根を北東報告に進みます。
2019年11月24日 11:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの黄葉を仰ぎ見ながら、幅広のなだらかな尾根を北東報告に進みます。
東展望台に達すると、絶景が待っていました。褐色の山肌に囲まれる昼神温泉街が手に取るようで、彼方には伊那谷を隔てて南アルプスの山並みが屏風のように連なります。
2019年11月24日 11:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東展望台に達すると、絶景が待っていました。褐色の山肌に囲まれる昼神温泉街が手に取るようで、彼方には伊那谷を隔てて南アルプスの山並みが屏風のように連なります。
2
飯田市街の彼方に超然とそびえ立つ白峰三山の白き稜線をズームアップ。展望台のベンチに腰掛けて、大展望を独り占めにしながらのお昼ご飯は贅沢な時間です。
2019年11月24日 11:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯田市街の彼方に超然とそびえ立つ白峰三山の白き稜線をズームアップ。展望台のベンチに腰掛けて、大展望を独り占めにしながらのお昼ご飯は贅沢な時間です。
1
眺めを堪能したら、下山を開始。金茶色や赤褐色に染まる木々を仰ぎ見ながら急坂を下り、
2019年11月24日 12:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めを堪能したら、下山を開始。金茶色や赤褐色に染まる木々を仰ぎ見ながら急坂を下り、
3
絶妙なグラデーションに魅せられます。
2019年11月24日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶妙なグラデーションに魅せられます。
5
中平集落に降り立つと、標識に導かれて大平神社に立ち寄ります。鬱蒼とした杉木立に囲まれた小社は頭蓋骨をご神体とし、別名は頭権現。
2019年11月24日 12:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中平集落に降り立つと、標識に導かれて大平神社に立ち寄ります。鬱蒼とした杉木立に囲まれた小社は頭蓋骨をご神体とし、別名は頭権現。
昼神温泉に戻り着いたら、富士見台高原ロープウェイ山麓駅へに向かい、お花を持ったフェアリーキティにご挨拶。ヘブンスそのはらの秋の営業は本日11/24までとなりますが、
2019年11月24日 13:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼神温泉に戻り着いたら、富士見台高原ロープウェイ山麓駅へに向かい、お花を持ったフェアリーキティにご挨拶。ヘブンスそのはらの秋の営業は本日11/24までとなりますが、
1
すぐそばには、スノーシーズンの出で立ちのキティさんがスタンバイしており、準備に余念がありません。お誕生月だというのにキティさんは働き者です。
2019年11月24日 13:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそばには、スノーシーズンの出で立ちのキティさんがスタンバイしており、準備に余念がありません。お誕生月だというのにキティさんは働き者です。
2

感想/記録

昼神温泉から古代東山道を経て網掛山へ。色づく木々が目に鮮やかで、温泉もあって、ハローキティにも会える。阿智村はいいところです。
訪問者数:277人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ