また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 21301 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳・南稜

日程 1998年01月29日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間40分
休憩
1時間10分
合計
10時間50分
S立場川林道1400m付近03:5006:00朝日小屋07:50立場山10:50阿弥陀岳山頂11:2011:50行者小屋手前12:3014:40美濃戸G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1月29日茅野駅(3:12)→林道終点(3:50)→朝日小屋(06:00)→立場山(7:50)→山頂(10:50〜11:20)→行者小屋手前(11:50〜12:30)→美濃戸(14:40)
コース状況/
危険箇所等
午前3時に茅野駅に降りる。近年まれにみるこの冬の1月の大雪。八ヶ岳もまっしろで嬉しい限り。しかし車は進まず、ずいぶん手前でタクシーは帰る。夜明けまでの3時間、黙々と闇夜の林道を歩き、尾根に取り付く。トレースはあるのでスピードを出すが、寝不足のためやる気がしない。帰りたい帰りたいと思いながらも樹林限界で夜明け。ガスっている。しかもこの冬一番の寒気団で、マイナス20度だ。しかし、立場山を越えて樹氷の林の中でガスが一気に晴れ、青空、氷漬けの山々、行く手の南稜が見えると現金にも俄然やる気がわいてくる。

核心のP3は、トラバース後のルンゼは安定した雪が詰まっていて、100m程をノーザイルで通過した。以前名取さんが来た時は全部青氷だったそうだ。P4も難所と言うほどのものでもなく、実にあっけなく山頂に着いた。八ヶ岳で最後に残った未踏のピークだ。しかもいいルートで。樹氷に覆われた壮麗な八ヶ岳連峰をコーヒー飲んでゆっくり眺め、美濃戸へ下山。



写真

ガス晴れる阿弥陀岳拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すガス晴れる阿弥陀岳
阿弥陀岳南稜への稜線拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す阿弥陀岳南稜への稜線
下って行者小屋への谷から見上げる稜線拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す下って行者小屋への谷から見上げる稜線
下って行者小屋への谷から見上げる稜線拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す下って行者小屋への谷から見上げる稜線
下って行者小屋への谷から見上げる稜線拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す下って行者小屋への谷から見上げる稜線
行者小屋の沢から見上げる稜線拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す行者小屋の沢から見上げる稜線

感想/記録

午前3時に茅野駅に降りる。近年まれにみるこの冬の1月の大雪。八ヶ岳もまっしろで嬉しい限り。しかし車は進まず、ずいぶん手前でタクシーは帰る。夜明けまでの3時間、黙々と闇夜の林道を歩き、尾根に取り付く。トレースはあるのでスピードを出すが、寝不足のためやる気がしない。帰りたい帰りたいと思いながらも樹林限界で夜明け。ガスっている。しかもこの冬一番の寒気団で、マイナス20度だ。しかし、立場山を越えて樹氷の林の中でガスが一気に晴れ、青空、氷漬けの山々、行く手の南稜が見えると現金にも俄然やる気がわいてくる。

核心のP3は、トラバース後のルンゼは安定した雪が詰まっていて、100m程をノーザイルで通過した。以前名取さんが来た時は全部青氷だったそうだ。P4も難所と言うほどのものでもなく、実にあっけなく山頂に着いた。八ヶ岳で最後に残った未踏のピークだ。しかもいいルートで。樹氷に覆われた壮麗な八ヶ岳連峰をコーヒー飲んでゆっくり眺め、美濃戸へ下山。
訪問者数:1177人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 林道 ザイル ルンゼ トラバース

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ