また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2138423 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大菩薩嶺(甲州裏街道)

日程 2019年12月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白糸の滝駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
1時間52分
合計
9時間13分
Sスタート地点07:2007:48大菩薩峠赤沢登山口07:4907:57雄滝駐車場08:0708:18大菩薩峠入口08:2710:05フルコンバ10:1911:13大菩薩峠11:1411:30親不知ノ頭11:35賽ノ河原12:0112:21神部岩12:34雷岩12:3512:44大菩薩嶺12:5212:58雷岩12:5913:06神部岩13:21賽ノ河原13:25親不知ノ頭13:2613:35大菩薩峠13:4214:21フルコンバ14:3815:43大菩薩峠入口15:4915:59雄滝駐車場16:0816:15大菩薩峠赤沢登山口16:1616:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
キツイ勾配は無く歩きやすい道
先日の台風で白糸の滝近くの登山口が閉鎖されている。ルート上でも破損した場所(少尾根通過部)があったが気をつけて歩けば特に問題なし

写真

白糸の滝登山口は閉鎖中
先日の台風で一部崩壊しているようです
2019年12月08日 08:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸の滝登山口は閉鎖中
先日の台風で一部崩壊しているようです
1
雄滝登山口からスタート
2019年12月08日 08:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄滝登山口からスタート
1
このルートの利用者が少ないのか落ち葉の堆積が凄い
足が隠れるくらい深い
2019年12月08日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートの利用者が少ないのか落ち葉の堆積が凄い
足が隠れるくらい深い
2
白糸の滝口からの合流地点
2019年12月08日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白糸の滝口からの合流地点
1
ここにも通行止めの標識
2019年12月08日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも通行止めの標識
1
筆字風のフォントが古道感を盛り上げている
2019年12月08日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆字風のフォントが古道感を盛り上げている
1
台風の影響で一部崩壊しているが注意して歩けば問題なし
2019年12月08日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の影響で一部崩壊しているが注意して歩けば問題なし
1
伸び切った霜柱
水晶のようだ
2019年12月08日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伸び切った霜柱
水晶のようだ
1
唯一の木道
下を見るとスリル感あり
2019年12月08日 10:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の木道
下を見るとスリル感あり
2
フルコンバ小屋跡
丁度良い休憩場所だった
2019年12月08日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フルコンバ小屋跡
丁度良い休憩場所だった
1
荷渡し場跡
2019年12月08日 10:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷渡し場跡
1
荷渡し場跡の名残
2019年12月08日 10:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷渡し場跡の名残
1
峠近くに上がると奥多摩の山々が見え始めた
右から三頭山、大岳山、御前山、奥多摩湖、八王子方面(薄っすら筑波山が見えます)
2019年12月08日 11:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠近くに上がると奥多摩の山々が見え始めた
右から三頭山、大岳山、御前山、奥多摩湖、八王子方面(薄っすら筑波山が見えます)
2
峠から西側は南アルプスと甲府盆地の一望
2019年12月08日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から西側は南アルプスと甲府盆地の一望
2
2千メートル標識
2019年12月08日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2千メートル標識
1
大菩薩峠と富士山
2019年12月08日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠と富士山
1
南アルプス
雪化粧した白峰三山が見事
2019年12月08日 12:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
雪化粧した白峰三山が見事
2
薄っ雲がかかった甲府市内
2019年12月08日 12:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っ雲がかかった甲府市内
1
雪と言うより氷で光る富士山
2019年12月08日 12:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と言うより氷で光る富士山
3
大菩薩山頂
2019年12月08日 12:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩山頂
1
峠に戻って下山開始
2019年12月08日 13:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠に戻って下山開始
1
湧き水が氷となった岩に張り付く
2019年12月08日 14:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧き水が氷となった岩に張り付く
1
もう1つの崩壊地
ここも気をつければ通行可能
2019年12月08日 14:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1つの崩壊地
ここも気をつければ通行可能
1
フルコンバ小屋跡付近に公開場所の案内
2019年12月08日 14:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フルコンバ小屋跡付近に公開場所の案内
1
川から持ってきたと思われる丸い石で石垣が作られている
昔の人の苦労のあと
2019年12月08日 15:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川から持ってきたと思われる丸い石で石垣が作られている
昔の人の苦労のあと
1
そしてゴール
2019年12月08日 16:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてゴール
1
撮影機材:

感想/記録

大菩薩には山梨県側からアプローチするのが一般的だが、今回は奥多摩側から甲州裏街道(古道)を使ってアプローチした。
古道だけあって昔を思い起こさせる跡が随所にあった。例えば、急な傾斜はなくほぼ一定で石積で崩壊を防いでいる場所が残っている。荷渡し場跡地などが残っていて丁度良い休憩場所になっていたりする。
しかし、利用者が少ないためか靴が隠れるくらいの落ち葉が堆積している。霜柱などは必ず踏み潰されているのが通常だが10センチ以上に成長したものがアチラコチラに生えている。
利用者が少ないということは、登山者にも合わないため、とても静かな山歩きができた。
また、この日は雲ひとつ無い快晴で、東に奥多摩の山々を始め筑波山まで薄っすら見えた。峠を超えると一列並んだ南アルプスや輝いた富士山もよく見えた。
古道の雰囲気、眺望、すべて良い山歩きだった。
訪問者数:186人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 霜柱 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ