また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2143462 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

浅草岳

日程 2019年12月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴後曇り雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
浅草線も冬期通行止め。冬の除雪最終地点である廃墟大自然館前路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
10分
合計
7時間53分
S冬期除雪終点06:2707:20林道終点07:2111:08嘉平与ポッチ11:0911:34前岳11:3511:46浅草岳11:5212:02前岳12:0312:15嘉平与ポッチ12:1713:50林道終点13:5014:20冬期除雪終点14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等

この時期にしては雪も締まり気味で比較的歩きやすかったように思う。
まだ雪も少なく藪がうるさかったが、藪漕ぎするほどではなかった。当然日に日に状況は変化すると思われる。スキーにはまだかなり積もらないと厳しいかもしれない
その他周辺情報寿和温泉、ここは空いているのでありがたい
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

洞窟風呂前の除雪最終地点。
大して積もってはいない
2019年12月14日 06:27撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟風呂前の除雪最終地点。
大して積もってはいない
道路を少し進んで橋の手前の林道から取り付く。この日はハナからスノーシュー
2019年12月14日 06:39撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を少し進んで橋の手前の林道から取り付く。この日はハナからスノーシュー
2
沢にぶつかる林道最終地点。春先だとまだかなりの積雪があり沢は埋まっているのだが、まだそれほどではなく渡渉を強いられる
2019年12月14日 07:21撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢にぶつかる林道最終地点。春先だとまだかなりの積雪があり沢は埋まっているのだが、まだそれほどではなく渡渉を強いられる
1
渡渉ポイントあたりから一気に高度を上げていく、杉林も抜け急登ゾーンも抜けると尾根に出る。
2019年12月14日 08:30撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉ポイントあたりから一気に高度を上げていく、杉林も抜け急登ゾーンも抜けると尾根に出る。
3
春先だと雪庇が出来ている所。この辺から雪の少なさで藪がうるさくなってくる
2019年12月14日 08:36撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春先だと雪庇が出来ている所。この辺から雪の少なさで藪がうるさくなってくる
2
川内山塊、矢筈岳と青里岳
2019年12月14日 09:12撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川内山塊、矢筈岳と青里岳
2
問答無用の白さ、飯豊連峰
2019年12月14日 09:12撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問答無用の白さ、飯豊連峰
2
木々がまだ高い笑
2019年12月14日 09:49撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々がまだ高い笑
1
嘉平与ボッチを捉える。霧氷に覆われているのもよくわかる
2019年12月14日 10:00撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチを捉える。霧氷に覆われているのもよくわかる
2
藪も少しは減ってきてようやく越後三山お目見え
2019年12月14日 10:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪も少しは減ってきてようやく越後三山お目見え
2
守門岳、浅草側から見るとかなり雄大な山だとよくわかる
2019年12月14日 10:20撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳、浅草側から見るとかなり雄大な山だとよくわかる
3
残雪期はまだ藪も埋まっており、この辺からは嘉平与ボッチのピークをしっかり捉えられるのだが…
2019年12月14日 10:23撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪期はまだ藪も埋まっており、この辺からは嘉平与ボッチのピークをしっかり捉えられるのだが…
2
それにしても凄まじい青空
2019年12月14日 10:29撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても凄まじい青空
2
霧氷パラダイスに突入、積雪の少なさでサクラゾネルートとの合流地点付近を過ぎても藪は続いていた
2019年12月14日 10:41撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷パラダイスに突入、積雪の少なさでサクラゾネルートとの合流地点付近を過ぎても藪は続いていた
3
鬼の稜線側、貉沢カッチや北岳
2019年12月14日 10:49撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼の稜線側、貉沢カッチや北岳
1
ようやく藪も埋まり視界が開け、嘉平与ボッチと前岳が見えてきた
2019年12月14日 11:01撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく藪も埋まり視界が開け、嘉平与ボッチと前岳が見えてきた
2
同行者1名は嘉平与ボッチで待機するとの事で、前岳から浅草ピークを目指す
2019年12月14日 11:21撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行者1名は嘉平与ボッチで待機するとの事で、前岳から浅草ピークを目指す
4
相変わらずの迫力、鬼の岸壁♪毛猛から越後三山までよく見える
2019年12月14日 11:33撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずの迫力、鬼の岸壁♪毛猛から越後三山までよく見える
3
田子倉湖周辺も雪は少ないようだ
2019年12月14日 11:35撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田子倉湖周辺も雪は少ないようだ
2
ピークへと向かうビクトリーロード。ここから一気に風の強さが増してようやくクラストしてくる。
2019年12月14日 11:36撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークへと向かうビクトリーロード。ここから一気に風の強さが増してようやくクラストしてくる。
3
まだ至って普通の山頂看板笑、しかし強風
2019年12月14日 11:48撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ至って普通の山頂看板笑、しかし強風
1
守門の向こう海の方はすでに暗雲が出始めてくる。今日は昼過ぎから急激に天候が悪化する予報。典型的な気象遭難しやすいパターンなので即下山する
2019年12月14日 11:56撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門の向こう海の方はすでに暗雲が出始めてくる。今日は昼過ぎから急激に天候が悪化する予報。典型的な気象遭難しやすいパターンなので即下山する
3
あれだけ見えていた、頸城山塊、刈羽三山もすでに雲の中。しばらくすると一気に雲に覆われたが幸いガスには巻かれずにすんだ。途中から雨が降り出したが無事下山
2019年12月14日 12:17撮影 by F-01K, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれだけ見えていた、頸城山塊、刈羽三山もすでに雲の中。しばらくすると一気に雲に覆われたが幸いガスには巻かれずにすんだ。途中から雨が降り出したが無事下山
1

感想/記録

まだ積雪も少ないであろう12月。守門にしろ浅草にしろレポがほぼ無い時期なので積もりはじめのルートは冬道かムジナ沢ルートからサクラゾネなのか考えたが何度も歩いている冬道を選択。
残雪期には埋まっている沢もまだ埋まってなかったりと春先のようなルート取りは出来ないが、ほぼ冬道の上を歩けたとは思う。ただ先述の通りまだ藪は煩い。
嘉平与ボッチから前岳へと向かう直下がまだ積雪の少なさからナイフリッジのようになっていて緊張を強いられる。先行していた同行者のおかげで難なく渡れたが、積雪の少なさからこのような緊張を強いられる箇所もチラホラ。
予報通りあれだけの快晴が一気に暗雲に包まれた。藪の煩さと同行者より倍沈む自重の重さから来る脚の疲労でペースも上がらずピークを取ったのはギリギリ午前中。冬の浅草はガスに巻かれたり悪天候となるとかなり危険になるのでホントはもっと早く撤退するべきだったのかもしれないが、事なきを得て安堵している
訪問者数:482人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/2/17
投稿数: 1840
2019/12/15 6:37
 The blue sky\(^^)/
おはようございます、たこさん。
私は今、東京に来ています。
昨日の朝、上越新幹線の中から見た越後の山々は青空の中、白く輝いて、それはもう美しくてうっとりでした。
たこさんはその中を歩いていたんですね。
昨日は午前の青空から一変して、夜は嵐になったとか…山の天気は変わりやすく、ましてや積もり始めの積雪、無事に下山できてよかったです。
お疲れ様でした!(((o(* ˙-˙ *)o)))
登録日: 2015/10/5
投稿数: 2
2019/12/15 14:25
 無題
団子屋さん首都遠征お疲れ様です(^^)
午前中に限ればまれに見る快晴で日焼けもしましたよ笑
天候急変も頭に入っていたので、ランチする時間はなくなりましたが麓まで雨に当たることなくおりられました。 日に日に状況が変わるのでこの時期は難しいですね、クリスマスくらいまで雪も降りそうにないようです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ