また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2158115 全員に公開 雪山ハイキング 東海

塩見岳: 塩見小屋で撤退

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年12月27日(金) 〜 2019年12月29日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候27日 曇り: 28−29日 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間43分
休憩
59分
合計
7時間42分
Sスタート地点07:4709:12夕立神パノラマ公園09:31鳥倉林道ゲート(駐車場)09:5010:39鳥倉林道登山口10:5212:23豊口山のコル12:2613:37ほとけの清水13:4214:40塩川・鳥倉ルート合流点14:5915:29三伏峠小屋
2日目
山行
9時間51分
休憩
1時間12分
合計
11時間3分
三伏峠小屋05:2806:03三伏山06:0907:58本谷山08:0411:15塩見小屋11:5714:37本谷山14:5016:11三伏山16:1616:31三伏峠小屋
3日目
山行
4時間9分
休憩
26分
合計
4時間35分
三伏峠小屋06:3206:46塩川・鳥倉ルート合流点06:5207:24ほとけの清水08:03豊口山のコル08:47鳥倉林道登山口08:5109:26鳥倉林道ゲート(駐車場)09:4109:59夕立神パノラマ公園10:0011:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録
by ytomei

日本山岳会 岐阜支部の冬山山行で南アルプス 塩見岳 3047を目指す。時間が足りずに、塩見小屋 2766で撤退を余儀なくされたが、経験し難い素晴らしい山行だった。12月27日〜29日。メンバーは、CL水谷、SL 鈴木、今峰、松原、東明の5名。

27日: 冬季ゲートより山行を開始したときには天候は回復しておらず、曇と時折みぞれの中、三伏峠までを進む。長い林道歩きと登山道、そして冬山装備の重さが身にしみる。本来であれば、本谷山を超えた地点でテント泊予定であったが、総合的に考えて、三伏峠を初日の幕営場所と決定した。三伏峠までは前日に入っていた広島の登山者のトレースがあり、ありがたく使わせていただいた。

28日: アタックデイ。週中に降った雪のせいで、新雪のラッセルの行程となる。トレースはない。自分の膝くらいが平均で、ときに股まで、吹き溜まりでは腰までのラッセルだった。三伏峠から塩見まではすべての道が雪で埋もれてしまい、自らの力でルートファインディングとラッセルでの道ひらきを行わねばならない。よって、最初から登頂は諦め、主稜線までを目標に変更する。雪山をやらないとわからないが、夏とちがい雪のコンディションで行程が全く変わってしまう。自分たちで道を作りながら、塩見小屋に到着。ここからが楽しい岩稜登攀だが、塩見小屋11時30分到着では、山頂に立っても戻るのが困難と判断し、三伏峠まで戻ることとした。帰りの行程を考慮してのCL, SLの判断は素晴らしい。
三伏峠には多くのテントがはられており、翌日、29日のアタックパーティが数多くいた。トレースがあれば、山頂に立てるだろう。羨ましさはあるものの、道を切り開く楽しみが奪われてしまうので、どちらが良いのかはわからない。自分は途中で帰ってきたとしても、自分の足跡を残しながら、南アルプスの自然や木々の中を歩いた充実感でいっぱいだった。

29日: 下山。上りと違い下りは早い。下りの途中で、登ってくるパーティに数多く出会う。皆から、雪の状態を聞かれる。三伏峠から塩見までの雪の深さを説明しながら、トレースはガッチリつけてきたので、アタックは天候次第ですよ、と話をした。

今回は、登頂はできなかった。では残念かというとそういうわけでもない。逆にトレースのない新雪の峰々を、最高の天気と景色の中、自分たちの力で足跡を仲間とともに刻んだ時間は本当に楽しかった。最近、自分は思う。山には敗退もリベンジもない、だからその言葉を使うのをやめた。そのときに登頂を山や自然から、自分にその頂きに到達するのを許されるかどうかだと思っている。登れないときも多いけど、こんどまた来ればいいと思う。そのときに山が許してくれれば、私達は山頂に立つと思う。

ということで、楽しい山行でした。テント内での会話も楽しく、ご飯も美味かった。景色は最高で、山頂からでなくても素晴らしい眺めを堪能できた。今年の冬は、まだ行くところがいっぱいあるので、そこに行こうと思う。夏に仙塩尾根で塩見岳にこよう。予定は未定だけど。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:225人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 林道 テン 撤退 山行 登攀
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ