また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2170839 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

迷沢山と隣の1,000m峰

日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り のち 雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
札幌からは国道230号を利用し、定山渓の手前、錦トンネルを通り抜けたらすぐの信号を右折し道道1号線へ入ってください。あとは道なりです。
定山渓ダムの上を通り、四峰トンネルを抜け2劼舛腓辰塙圓と右手に上平沢林道のゲートがあります。そのゲート前には2台駐車できますが、周辺には数か所駐車スペースがありますので、空きがない場合はそちらへ止めてください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
35分
合計
4時間18分
S上平沢林道ゲート前07:3107:52上平沢林道南送電線07:5708:50上平沢林道北送電線08:5109:32迷沢山09:5510:191,000m峰10:2310:57上平沢林道北送電線11:29上平沢林道南送電線11:3011:47上平沢林道ゲート前11:4811:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
迷沢山のあとに隣の1,000m峰を往復しています。また下山時の900m付近のジグは真っすぐ下りています。
コース状況/
危険箇所等
迷沢山までは基本的に林道を歩くので、危険個所は全くありません。林道から外れる山頂手前が少し急なくらい。
隣のP1000は登山道はありませんが、迷うことはないでしょう。
その他周辺情報定山渓に複数の温泉ホテルがありますが、1000円以上は覚悟ください。なので、今回もいつもの小金湯温泉「まつの湯」さんです。650円でシャンプー、ボディソープ付きです。ご飯も定山渓に数件あり、食べることは可能です。コンビニもセコマ、ローソン、ファミマあり。

装備

個人装備 アウター(厚) フリース 長袖インナー ズボン 厚手靴下 キネシオロジーテープ グローブ(冬) アウター手袋 予備手袋 雨具(下のみ) バラクラバ 薄手ダウンジャケット ザック 登山靴(冬) ゲイター(厚) スノーシュー ストック ガス コンロ コッヘル パン カップ麺 行動食(チョコ 塩キャラメル 柿ピー エネチャージ系等) 飲料(1リットルペット) サーモス(0.9リットル) シート 地形図 計画書 筆記用具 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 JRO登録証 携帯 高度計付き腕時計 温度計 タオル ホッカイロ カメラ(SDカード) ココヘリ 替Tシャツ 携帯トイレ ティッシュ3つ ウェットティッシュ1つ ツェルト エマージェンシーシート 痛み止め

写真

白井川トンネル手前のゲートが開く(7:00)のを待ってます。20台くらいいるかな?
2020年01月05日 07:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白井川トンネル手前のゲートが開く(7:00)のを待ってます。20台くらいいるかな?
1
駐車場到着。気温は-13℃。この時期はこんなもんでしょう。
2020年01月05日 07:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。気温は-13℃。この時期はこんなもんでしょう。
1
入口ゲートです。「発砲」という言葉が恐ろしい。
2020年01月05日 07:32撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口ゲートです。「発砲」という言葉が恐ろしい。
2
さて行きますか。山頂直下まで林道が続きます。先行スキーのトレースがありがたい。
2020年01月05日 07:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて行きますか。山頂直下まで林道が続きます。先行スキーのトレースがありがたい。
2
青空が出現。
2020年01月05日 07:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が出現。
2
雪で埋まってますが、今季お初スノシューです。
2020年01月05日 07:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で埋まってますが、今季お初スノシューです。
7
かなり進んでからドーピング忘れに気が付く(;'∀')
2020年01月05日 07:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり進んでからドーピング忘れに気が付く(;'∀')
1
結晶が育ってますね。
2020年01月05日 08:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結晶が育ってますね。
2
とにかく雪が少ない。ここで30cmくらいか。
2020年01月05日 08:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく雪が少ない。ここで30cmくらいか。
1
キツネかな。
2020年01月05日 08:15撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネかな。
1
何年後に埋まるでしょうか。
2020年01月05日 08:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何年後に埋まるでしょうか。
4
ユキノコシカケ。きっと座れないでしょう。
2020年01月05日 08:26撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキノコシカケ。きっと座れないでしょう。
4
私にとっては初日の出。
2020年01月05日 08:36撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私にとっては初日の出。
4
朝日が少しだけ身体を温めてくれる。
2020年01月05日 08:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が少しだけ身体を温めてくれる。
1
2つ目の送電線下に来ました。青空で眺望がすばらしい。左から、定山渓天狗岳、1083m峰、白井岳。鉄塔横には股下山も見えてるね。
2020年01月05日 08:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の送電線下に来ました。青空で眺望がすばらしい。左から、定山渓天狗岳、1083m峰、白井岳。鉄塔横には股下山も見えてるね。
3
見上げるとツルアジサイがたくさん!
2020年01月05日 09:05撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるとツルアジサイがたくさん!
2
標高900mを越えました。直線が続きます。あれ?ISOがおかしい。
2020年01月05日 09:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900mを越えました。直線が続きます。あれ?ISOがおかしい。
1
あと少し。それにしても平坦。
2020年01月05日 09:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。それにしても平坦。
3
今日は足長で撮れました(嬉)。
2020年01月05日 09:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は足長で撮れました(嬉)。
9
お、山頂が見えた(中央奥)。
2020年01月05日 09:26撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、山頂が見えた(中央奥)。
2
林道とお別れして山頂へ。
2020年01月05日 09:29撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道とお別れして山頂へ。
1
あっという間に、祝、迷沢山登頂〜!
2020年01月05日 09:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に、祝、迷沢山登頂〜!
12
で、新年のご挨拶ショット。みなさま、本年もよろしくお願いいたします。
2020年01月05日 09:50撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、新年のご挨拶ショット。みなさま、本年もよろしくお願いいたします。
11
札幌方面。迫りくる雪雲。
2020年01月05日 09:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
札幌方面。迫りくる雪雲。
1
手稲山はすでに吹雪模様。
2020年01月05日 09:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手稲山はすでに吹雪模様。
小腹が空いたので、ここで「アンドーナツ」。帰省で2個購入。賞味期限は気にしません。
2020年01月05日 09:44撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小腹が空いたので、ここで「アンドーナツ」。帰省で2個購入。賞味期限は気にしません。
7
さて、隣の1,000m峰目指しますか。
2020年01月05日 09:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、隣の1,000m峰目指しますか。
ここからはノントレース。ラッセルが地味にウレシイ。
2020年01月05日 10:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはノントレース。ラッセルが地味にウレシイ。
3
自分のトレースを見るのが好きです。
2020年01月05日 10:10撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを見るのが好きです。
3
再び青空!
2020年01月05日 10:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び青空!
2
振り返って迷沢山。
2020年01月05日 10:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って迷沢山。
1
で、こちらもあっという間の、祝、1,000m峰登頂〜。
2020年01月05日 10:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、こちらもあっという間の、祝、1,000m峰登頂〜。
4
木々の間からの景色しかありません。
2020年01月05日 10:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間からの景色しかありません。
1
奥に朝里岳の飛行場が見えてきましたね。手前のとんがりピークは1,020m峰。一番手前が股下山。
2020年01月05日 10:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に朝里岳の飛行場が見えてきましたね。手前のとんがりピークは1,020m峰。一番手前が股下山。
3
少し戻ったところから南方には札幌岳が見えました。
2020年01月05日 10:25撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻ったところから南方には札幌岳が見えました。
2
さて下山するか。標高1,000mでもまだ雪が少なく、藪が多いです。
2020年01月05日 10:27撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山するか。標高1,000mでもまだ雪が少なく、藪が多いです。
2
林道に合流。あとは淡々と下るのみ。
2020年01月05日 10:37撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流。あとは淡々と下るのみ。
気温は-10℃。指先がジンジンする。
2020年01月05日 10:39撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は-10℃。指先がジンジンする。
2
下り始めると一気に悪天候に。途中、わっさわっさ降ってきた。
2020年01月05日 11:10撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めると一気に悪天候に。途中、わっさわっさ降ってきた。
遠くにゴールが見えました。
2020年01月05日 11:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにゴールが見えました。
1
無事に下山。お疲れさまでした。
2020年01月05日 11:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山。お疲れさまでした。
2
【番外】
ここでお昼。再び晴れてきて逆光。
2020年01月05日 12:11撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
ここでお昼。再び晴れてきて逆光。
3
【番外】
またまたいつもの「まつの湯」さん。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
またまたいつもの「まつの湯」さん。
5
【番外】
今日はメロン味。美味しいけど個人的には他のがいいなぁ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
今日はメロン味。美味しいけど個人的には他のがいいなぁ。
4
【番外】
今日のセコマ。これ、マジうまい。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
今日のセコマ。これ、マジうまい。
6
【番外】
早く食べてみたい。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
早く食べてみたい。
1

感想/記録
by yo-sha

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

【お山紹介】
今回も札幌近郊で、迷沢山とお隣の名無し1,000m峰。高さは、迷沢山が標高1,005.3m、1,000m峰がそのまま標高1,000mです。
札幌近郊ということもあり大人気。本日だけでも11名とすれ違いました。駐車スペースに余裕があれば多分もっと来てますね。景色のいい山ではありませんが、傾斜が緩くある程度長距離を歩くため、トレーニングにはもってもこい。特に積雪期は人気なのかもしれません。
もう少し積雪があれば色々なルートがとれそうです。ぐるっと回ってみたくなりました。

【地質】
地質図Naviによれば、迷沢山と1,000m峰の山頂付近は第四紀後期更新世の安山岩、玄武岩質安山岩溶岩・火砕岩とあります。古い5万分の1地質図幅では奥手稲山溶岩とあります。奥手稲山と同じ地質のようです。
噴火はないとは思いますが、地質時代としてはかなり新しい火成岩なんですね。

↓地質図Navi
https://gbank.gsj.jp/geonavi/geonavi.php#15,43.05274,141.15996

↓5万分の1地質図幅
https://www.gsj.jp/data/50KGM/JPG/GSJ_MAP_G050_04020_1953_200dpi.jpg

【移動】
移動はとても簡単。国道230号を喜茂別方面へ向かい、定山渓手前、錦トンネルを通り抜けたらすぐの信号を右折し道道1号へ。あとは道なりです。
上平沢林道のゲートを探すのが難しいかもしれませんが、ナビに上平沢川が記載されていると思いますので、それを確認してください。
アクセスにも書きました、駐車はゲート前は2台が限界かと。空きがない場合は周辺の別空きスペースに止めてください。

【山行】
雪が極端に少ない札幌(前日で4cm)。周辺からも少ないの情報に、山に行く気がなかなか起きません。でもスノシュートレをしておきたく、どこかないかと探しまくり、トレに良さげな迷沢山に決定です。

道道の7:00ゲート開錠に合わせ、自宅を6:00前に出発。5分前にゲート前に並ぶも既に20台くらいの車列。「頼むからみんな国際スキー場へ行ってくれ」と願い、3台前の1台だけが林道ゲート前に曲がる。良かったぁ。隣のスペースに車を止めて準備後登山開始です。

登山道はほぼ9割8分が林道歩き。しかもトレースで踏み固められており、道間違いもなく、とても安心山行です。
10分ほど先に出発した山スキー5名を追いかける序盤。だらだらと標高を上げていく。それにしても雪が少なく30僂いいところ。来春の水は大丈夫か?
道中先行者に追いつくもレリーズに時間を要し、抜きつ抜かれつの展開。なんか邪魔になってて申し訳ないな。標高900mからはなるべく距離をとって抜かないようにしました。
二つ目の送電線に来るとやっと景色がお出迎え。定山渓天狗岳から白井岳がクッキリと見え、しばしレリーズモードに。これを見られただけでも今日は満足。
ここを過ぎると傾斜が一気に緩くなり、さらにだらだらに。風も吹き抜けるようになり、気温も-10℃となかなか寒い。アウターのチャックを上げる。
迷沢山のピークが見えるとすぐに林道から離れ山頂目指す。とはいっても直線距離で100mちょっと。あっという間に祝、登頂〜!早速年明け記念写真を「はいチーズ」。3回撮り直したのはナイショです。
青空が見えているうちに登頂できましたが、あっという間にガスがかかり、小雪が舞ってきて長居は不要。帰省で購入してきた地元の「アンドーナツ」をほうばり、次なる1,000m峰を目指す。
ここからはトレースもなく、スネ程度のラッセル開始(それでも積雪は50cm程度か)。往復で1km程度でしたが、再び青空が出現したこともあり「サイコーに気持てぃいい〜」。
最後はGPSで山頂を確認して、祝、1,000m峰登頂〜。景色は厳しいが、木々の間から見える景色にレリーズタイム。満足満足。
あとは来た道を戻って下山です。下山はスノシューの得意技、幼木の間をショートカット。跳ねるように下りるも積雪が少なく2回ほど深く踏み抜き脱出困難に。でも楽しいなぁ。あとは淡々と下って無事の下山となりました。

それにしても雪が降らない。気温は低いので積もっててもおかしくはないんだが。。。昨年も札幌は少なかったがそれ以上に少ない。今年の雪山山行はどうなるんだろうか。そんな心配をしながら、さてさて、次回は何処に〜。
訪問者数:296人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ