また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2173712 全員に公開 沢登り 九州・沖縄

与那覇岳

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
21分
合計
4時間46分
Sスタート地点09:2912:10与那覇岳12:3114:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥間川の上流から沢に入り、与那覇岳頂上を目指す。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

車を降りて、大国林道から奥間川の上流へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を降りて、大国林道から奥間川の上流へ向かいます。
林道わきから、沢に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道わきから、沢に入ります。
藪をブッコいで、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪をブッコいで、
壁に取り付いて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁に取り付いて、
1
第一の滝。水が全くありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一の滝。水が全くありません。
2
右側から巻いて上り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側から巻いて上り、
第二の滝。ヒメハブの滝と言われているらしいですが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二の滝。ヒメハブの滝と言われているらしいですが・・・
1
朝日の中を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の中を進みます。
2
テープを見落とさぬように・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープを見落とさぬように・・・
白い花も咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花も咲いてました。
1
最後の滝をよじ登ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の滝をよじ登ると、
水も出てきました。バシャバシャ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水も出てきました。バシャバシャ進みます。
1
昼飯のカップラーメンを食べて、下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼飯のカップラーメンを食べて、下山。
きれいな山道を下り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな山道を下り、
九合目道標わきから、藪をくぐって、無事下山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目道標わきから、藪をくぐって、無事下山です。
与那覇森林公園のトイレで着替え。
わきの桜は
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
与那覇森林公園のトイレで着替え。
わきの桜は
もう、咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、咲いていました。
3

感想/記録

晴れていて、気持ちの良い今年の初登りでした。
虫にも、ハブにも出会わず、水もなかったので、通常の3時間かかるコースタイムが、2時間で頂上に着きました。
時間があったので、首里高の山小屋・ネイチャーへと向かいましたが、道に迷い、断念。次回、リベンジするぞー!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:232人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ