また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176457 全員に公開 雪山ハイキング 赤城・榛名・荒船

赤城山【鈴ヶ岳】

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口周辺の路肩に駐車
キャンプ場の少し下辺りから積雪があり、圧雪バーンになっていました。坂道+カーブが多いので、登山口までのドライブが一番危険でした。もちろんノーマルタイヤ不可です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
17分
合計
3時間37分
S鈴ヶ岳南回り登山口12:4012:45展望の丘12:4814:20大ダオ14:2414:50鈴ヶ岳15:0015:16大ダオ15:1716:16鈴ヶ岳南回り登山口16:1616:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口を起点に時計回り周回。

北回り〜大ダオ、鈴ヶ岳はトレースありました。
大ダオ〜南回りはノートレースでしたがテープがあったので迷わず歩けました。

積雪は膝下くらいなので、要スパッツです。お守りスパイクは出番なしでした。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

登山口 スタート
駐車地が無く、切り返ししようとしたらタイヤが雪にハマり焦りました。
結局抜け出して、少し下の幅広ゾーンに路駐です。
2020年01月11日 12:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口 スタート
駐車地が無く、切り返ししようとしたらタイヤが雪にハマり焦りました。
結局抜け出して、少し下の幅広ゾーンに路駐です。
5
展望の丘
本日目指す鈴ヶ岳が見えました。登っていると感じませんが、なかなかの急登っぷりです。
2020年01月11日 12:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の丘
本日目指す鈴ヶ岳が見えました。登っていると感じませんが、なかなかの急登っぷりです。
5
展望の丘 三角点
ここは分岐になっているようなので、いつか違う方面へ歩いてみたいです。
2020年01月11日 12:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の丘 三角点
ここは分岐になっているようなので、いつか違う方面へ歩いてみたいです。
4
関東ふれあいの道と並行している林道の分岐
関東ふれあいの道はいつか歩くこともあるかもしれないので、今回は林道を進みました。
2020年01月11日 12:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道と並行している林道の分岐
関東ふれあいの道はいつか歩くこともあるかもしれないので、今回は林道を進みました。
1
御殿山の取り付きを探していると、怪しい穴が…
熊がいるかもしれないので、この時期は近づかない方が良いかと…
2020年01月11日 13:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山の取り付きを探していると、怪しい穴が…
熊がいるかもしれないので、この時期は近づかない方が良いかと…
3
御殿山の尾根
思ったより急なので雪付きの時期は無理だな…時間無いし。
と早々に諦めました。
2020年01月11日 13:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山の尾根
思ったより急なので雪付きの時期は無理だな…時間無いし。
と早々に諦めました。
1
ここを歩くの初めてですが、気になる分岐がたくさんあります。
2020年01月11日 13:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを歩くの初めてですが、気になる分岐がたくさんあります。
3
鈴ヶ岳登山口
ここまでも雪が結構あったので、思ったより苦戦しました。ここから先は反対方向からのトレースがありましたが、歩幅が合わずなかなかの試練でした。
道迷いの心配が無いだけでも、ずいぶんありがたいですが…
2020年01月11日 13:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳登山口
ここまでも雪が結構あったので、思ったより苦戦しました。ここから先は反対方向からのトレースがありましたが、歩幅が合わずなかなかの試練でした。
道迷いの心配が無いだけでも、ずいぶんありがたいですが…
3
少し歩くとナラの大木などがあり幻想的な雰囲気です。
2020年01月11日 13:44撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くとナラの大木などがあり幻想的な雰囲気です。
2
大ダオに到着です。
2020年01月11日 14:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダオに到着です。
1
心配していた岩場は雪がついていないので、ノーマルのまま進みました。
2020年01月11日 14:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた岩場は雪がついていないので、ノーマルのまま進みました。
6
ご覧の通りです。
2020年01月11日 14:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご覧の通りです。
2
荒山 鍋割山
霞んでいますが、午前中はガスっていたようなので大満足です。
2020年01月11日 14:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒山 鍋割山
霞んでいますが、午前中はガスっていたようなので大満足です。
7
一心誠明霊神
昭和
こちらは御嶽教に関わる石碑のようです。
2020年01月11日 14:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一心誠明霊神
昭和
こちらは御嶽教に関わる石碑のようです。
4
覚明霊神 明治十五年八月
近世御嶽信仰の祖である覚明行者を祀った石碑です。
2020年01月11日 14:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覚明霊神 明治十五年八月
近世御嶽信仰の祖である覚明行者を祀った石碑です。
4
長崎神社
2020年01月11日 14:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長崎神社
4
鈴嶽山神社 赤城山大神 愛宕山大神
鈴嶽山神社の裏には明治十五年八月吉日とありました。途中にある御嶽教と関わりがあるものと考えています。
2020年01月11日 14:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴嶽山神社 赤城山大神 愛宕山大神
鈴嶽山神社の裏には明治十五年八月吉日とありました。途中にある御嶽教と関わりがあるものと考えています。
9
山頂 石祠
2020年01月11日 14:53撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂 石祠
5
御神
当初は上半分が無くなったとのかなと思いましたが、裏には明治十四年としっかりあるので、完存しているかと思います。
2020年01月11日 14:54撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神
当初は上半分が無くなったとのかなと思いましたが、裏には明治十四年としっかりあるので、完存しているかと思います。
2
そして一番奥にある石碑
部分的に、御嶽 前橋教などが読めました。前橋の御嶽講の石碑と解釈できそうです。
2020年01月11日 14:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして一番奥にある石碑
部分的に、御嶽 前橋教などが読めました。前橋の御嶽講の石碑と解釈できそうです。
4
鈴ヶ岳山頂
三角点 山名板もありました。
2020年01月11日 14:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳山頂
三角点 山名板もありました。
8
山頂の展望 黒檜山と大沼
葉っぱの無い冬はよく見えるのですね。
地蔵岳も見えましたが、枝が入りすぎるので割愛です。
2020年01月11日 15:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の展望 黒檜山と大沼
葉っぱの無い冬はよく見えるのですね。
地蔵岳も見えましたが、枝が入りすぎるので割愛です。
4
二度目の大ダオ
鈴ヶ岳中腹に重箱岩という奇岩があるようなのですが、時間もないし、雪が危険なので探索できず。
2020年01月11日 15:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目の大ダオ
鈴ヶ岳中腹に重箱岩という奇岩があるようなのですが、時間もないし、雪が危険なので探索できず。
2
日当たりの良いところは雪が溶けています。
2020年01月11日 15:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりの良いところは雪が溶けています。
1
谷や陰になるところは雪原です。
夏道の道形がなんとなくわかるのと、テープがあるので迷わずに歩けます。
2020年01月11日 15:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷や陰になるところは雪原です。
夏道の道形がなんとなくわかるのと、テープがあるので迷わずに歩けます。
1
ケルンなどもあります。
2020年01月11日 15:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンなどもあります。
1
大山獄?
明治三十五年とありました。
2020年01月11日 15:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山獄?
明治三十五年とありました。
3
清滝不動明王
明治廾貳歳(22年)五月吉祥日 勝保沢村 願主 角田清次郎 六女□?と読めました。
2020年01月11日 15:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝不動明王
明治廾貳歳(22年)五月吉祥日 勝保沢村 願主 角田清次郎 六女□?と読めました。
3
下の岩間から水が湧き出ています。
2020年01月11日 15:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の岩間から水が湧き出ています。
1
清滝不動明王周辺の沢だけがしっかり水が流れていました。この辺りは鈴ヶ岳の湧水地点のようで、水辺の祭祀に関わる聖地と考察してみました。
2020年01月11日 15:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝不動明王周辺の沢だけがしっかり水が流れていました。この辺りは鈴ヶ岳の湧水地点のようで、水辺の祭祀に関わる聖地と考察してみました。
2
そのあとも雪道を歩きます。動物の足跡しかない静寂の山中です。
2020年01月11日 15:54撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのあとも雪道を歩きます。動物の足跡しかない静寂の山中です。
1
途中にある岩場を歩くと、
2020年01月11日 16:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある岩場を歩くと、
1
岩穴が多くありました。
火山特有の地質現象なのか、榛名山や浅間山にも同様の穴がありますね。
2020年01月11日 16:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩穴が多くありました。
火山特有の地質現象なのか、榛名山や浅間山にも同様の穴がありますね。
4
登山口近くの林業エリアには材木の谷がありました。
ここまでびっしり敷き詰められていると壮観です。
背後の鈴ヶ岳を振りかえって、ゴールです。
2020年01月11日 16:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くの林業エリアには材木の谷がありました。
ここまでびっしり敷き詰められていると壮観です。
背後の鈴ヶ岳を振りかえって、ゴールです。
6

感想/記録

年末年始の山行では赤城山に行けなかったのが心残りだったので、鈴ヶ岳へ登ることにしました。

着いてみると思っていたよりも雪があり、慣れない雪道に苦戦しましたが、無事に登頂することができ良かったです。雪を纏った黄昏時の森はなんとも幻想的で、ゆったりとした時間を楽しむことができました。

計画では御殿山と鈴ヶ岳中腹にある重箱岩を探索する予定でしたが、雪と時間の都合で断念しました。雪溶けを待ってから再訪したいと考えています。

赤城山の西面は今回初めて歩きましたが、気になるマイナーピークや名所などがいくつかあるので、今後も歩いてみたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:771人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ