また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2177491 全員に公開 ハイキング 東海

権平山(飛騨の山:林道終点から山頂までの笹薮が辛かった、下山後は天保林を見学)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道脇に駐車。
天保の大ヒノキの駐車場が利用できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間56分
合計
7時間46分
S駐車地点08:2209:35赤沼田林道分岐10:22林道終点10:3412:08権平山12:4613:42林道終点14:56天保林見学16:0216:08駐車地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道終点から山頂まで1kmも無いですが、笹藪がきつかった。
雪は少ないです。ワカンも用意したけど、積もって無さそうだったので車に置いて登りました。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

社有地につき立入禁止の看板。
山に入る作業道が分岐していたので、そっちのことかとも思いましたが、看板が舗装道の方に立っていたので、この付近の路肩に駐車して歩き始めました。
2020年01月11日 08:23撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
社有地につき立入禁止の看板。
山に入る作業道が分岐していたので、そっちのことかとも思いましたが、看板が舗装道の方に立っていたので、この付近の路肩に駐車して歩き始めました。
先に進むと「天保の大ヒノキ」駐車場の案内があった。
駐車場があるということは、こっちは来ても良かったようだ。
2020年01月11日 08:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進むと「天保の大ヒノキ」駐車場の案内があった。
駐車場があるということは、こっちは来ても良かったようだ。
天保の大ヒノキ駐車場に来ました。
広い駐車場です。権平山に行くには、この駐車場を利用するのが良いです。
2020年01月11日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天保の大ヒノキ駐車場に来ました。
広い駐車場です。権平山に行くには、この駐車場を利用するのが良いです。
天保神社に今日の安全祈願。
2020年01月11日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天保神社に今日の安全祈願。
天保林の案内板。
江戸時代の天保13・14年にヒノキ、サワラが4,079本、植えられたそうです。遊歩道もあるので、帰りの楽しみにします。
2020年01月11日 08:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天保林の案内板。
江戸時代の天保13・14年にヒノキ、サワラが4,079本、植えられたそうです。遊歩道もあるので、帰りの楽しみにします。
駐車場から先は、未舗装道となり、しばらく進むとゲートが現れます。
2020年01月11日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から先は、未舗装道となり、しばらく進むとゲートが現れます。
林道を1時間程進むと赤沼田林道との分岐です。
2020年01月11日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を1時間程進むと赤沼田林道との分岐です。
岩の門のような所を通り、左の林道に進みます。
2020年01月11日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の門のような所を通り、左の林道に進みます。
こっちの林道は、あまり使われていないようです。
道の真ん中にススキが生えてます。
2020年01月11日 09:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの林道は、あまり使われていないようです。
道の真ん中にススキが生えてます。
林道を登って行くと、北アが見え始めてくる。
笠ヶ岳。
2020年01月11日 09:59撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を登って行くと、北アが見え始めてくる。
笠ヶ岳。
林道脇の大きなツララ。
2020年01月11日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の大きなツララ。
大規模に崩落している。
2020年01月11日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大規模に崩落している。
更に登ると白山も見えた。
2020年01月11日 10:19撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登ると白山も見えた。
こっちは、別山。
2020年01月11日 10:19撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは、別山。
笠ヶ岳が良く見えるようになった。
2020年01月11日 10:26撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳が良く見えるようになった。
林道の終点です。
2020年01月11日 10:22撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の終点です。
終点から少し上に見える尾根に、よじ登りました。
2020年01月11日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終点から少し上に見える尾根に、よじ登りました。
尾根に登って船山、位山、川上山の展望。
2020年01月11日 10:47撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登って船山、位山、川上山の展望。
作業道があるかと期待したが、かすかな踏み跡があるだけ。思ったより藪も濃い。
2020年01月11日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道があるかと期待したが、かすかな踏み跡があるだけ。思ったより藪も濃い。
御料三角点というのがありました。
明治時代に、宮内庁御料局が皇室の森林を管理していた時の名残だそうです。
2020年01月11日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御料三角点というのがありました。
明治時代に、宮内庁御料局が皇室の森林を管理していた時の名残だそうです。
この先、更に笹薮が濃い。
雪の付いた笹はやっかいだ。藪漕ぎの時に濡れるので、ここでカッパ上下を装着です。
2020年01月11日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、更に笹薮が濃い。
雪の付いた笹はやっかいだ。藪漕ぎの時に濡れるので、ここでカッパ上下を装着です。
権平山が見えているけど、冷たくて濃い笹藪漕ぎが嫌になってきた。
2020年01月11日 11:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権平山が見えているけど、冷たくて濃い笹藪漕ぎが嫌になってきた。
でも、振り返ると北アの山々が見え、励みになる。
2020年01月11日 11:21撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、振り返ると北アの山々が見え、励みになる。
右手を見ると白山の展望です。
2020年01月11日 11:45撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手を見ると白山の展望です。
北アの上空に雲が出て来た。
お願い、もうちょっと晴れてて。
2020年01月11日 11:57撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アの上空に雲が出て来た。
お願い、もうちょっと晴れてて。
山頂部に到着、周辺には大岩が多いです。
笹薮も無くなり、歩きやすくなる。
2020年01月11日 12:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部に到着、周辺には大岩が多いです。
笹薮も無くなり、歩きやすくなる。
権平山の三等三角点に到着。
2020年01月11日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権平山の三等三角点に到着。
北側が開けていたので、そちらに移動。
白山方面の展望が素晴らしい。
2020年01月11日 12:18撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側が開けていたので、そちらに移動。
白山方面の展望が素晴らしい。
白山方面の展望全景。
能郷白山、姥ケ岳、鷲ケ岳、大日ケ岳、白山連峰、川上岳と展望が広がる。
2020年01月11日 12:18撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山方面の展望全景。
能郷白山、姥ケ岳、鷲ケ岳、大日ケ岳、白山連峰、川上岳と展望が広がる。
能郷白山、姥ケ岳方面。
2020年01月11日 12:18撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山、姥ケ岳方面。
能郷白山。
2020年01月11日 12:19撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山。
鷲ケ岳と大日ケ岳。
2020年01月11日 12:19撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲ケ岳と大日ケ岳。
別山と三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰。
2020年01月11日 12:20撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山と三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰。
別山の左に、三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰、銚子ケ峰、丸山、願教寺山、芦倉山。
2020年01月11日 12:46撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山の左に、三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰、銚子ケ峰、丸山、願教寺山、芦倉山。
白山と別山。
2020年01月11日 12:20撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山と別山。
1
尾根続きの1650mピーク。
作業道があれば、ここまで行きたいと思っていたけど、藪がひどくてダメでした。
2020年01月11日 12:25撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根続きの1650mピーク。
作業道があれば、ここまで行きたいと思っていたけど、藪がひどくてダメでした。
山頂には、何か丸い模様の付いた三角点風の石もあった。
これも御料局時代のものなのか?
さて、そろそろ下ります。
2020年01月11日 12:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には、何か丸い模様の付いた三角点風の石もあった。
これも御料局時代のものなのか?
さて、そろそろ下ります。
山頂からは北ア方面が見えなかったので、少し下った所から展望を楽しみます。さっき出ていた雲も晴れて青空です。
乗鞍岳。
2020年01月11日 12:58撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは北ア方面が見えなかったので、少し下った所から展望を楽しみます。さっき出ていた雲も晴れて青空です。
乗鞍岳。
1
乗鞍岳、穂高岳、槍ヶ岳。
2020年01月11日 13:02撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳、穂高岳、槍ヶ岳。
1
笠ヶ岳。
ここからの展望は、笠ヶ岳が一番カッコいい。
2020年01月11日 13:03撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。
ここからの展望は、笠ヶ岳が一番カッコいい。
1
笠ヶ岳、槍ヶ岳、穂高岳。
2020年01月11日 13:03撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、槍ヶ岳、穂高岳。
1
槍ヶ岳、奥穂高岳、前穂高岳。
2020年01月11日 13:10撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、奥穂高岳、前穂高岳。
1
黒部五郎岳と北ノ俣岳。
北ノ俣岳の後ろに薬師岳。
2020年01月11日 13:16撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳と北ノ俣岳。
北ノ俣岳の後ろに薬師岳。
大日岳と鍬崎山。
2020年01月11日 13:05撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳と鍬崎山。
乗鞍岳から大日岳までの大展望。
2020年01月11日 13:09撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳から大日岳までの大展望。
また雲が出て来て縞々模様となった笠ヶ岳。
2020年01月11日 13:10撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雲が出て来て縞々模様となった笠ヶ岳。
鍬崎山(富山)、手前にあるのも桑崎山(岐阜)です。
同じ名前の山が重なって見える、なかなか面白いポイントですね。
2020年01月11日 13:16撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬崎山(富山)、手前にあるのも桑崎山(岐阜)です。
同じ名前の山が重なって見える、なかなか面白いポイントですね。
途中で林道に向かってテープがあった。
ここから林道に下れるのでしょうか?
確かめてみたかったけど、もう一つ確かめたいことがあったので、ここは元の尾根を戻ります。
2020年01月11日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で林道に向かってテープがあった。
ここから林道に下れるのでしょうか?
確かめてみたかったけど、もう一つ確かめたいことがあったので、ここは元の尾根を戻ります。
林道終点に戻って来ました。
林道終点からは、さらに山道が続いています。
確かめたかったのは、この先で御嶽山が見える場所がないか、ということです。
2020年01月11日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点に戻って来ました。
林道終点からは、さらに山道が続いています。
確かめたかったのは、この先で御嶽山が見える場所がないか、ということです。
御嶽山は、権現山への尾根の往復ではチラ見えです。
せっかく近くまで来ているので、しっかり見ておきたいところです。立派な山道を探索開始です。
2020年01月11日 13:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山は、権現山への尾根の往復ではチラ見えです。
せっかく近くまで来ているので、しっかり見ておきたいところです。立派な山道を探索開始です。
やったー!見つけた。御嶽山が丸見えの場所です。
2020年01月11日 13:59撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー!見つけた。御嶽山が丸見えの場所です。
1
御嶽山と乗鞍岳。
2020年01月11日 13:59撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と乗鞍岳。
御嶽山頂上。
2020年01月11日 14:01撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山頂上。
雄大な眺め。
2020年01月11日 14:05撮影 by E-PM2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な眺め。
御嶽山と小秀山。
2020年01月11日 13:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と小秀山。
御嶽山を眺めた所です。
ちょうど開けた所に岩場があり、絶好の展望台です。
2020年01月11日 14:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山を眺めた所です。
ちょうど開けた所に岩場があり、絶好の展望台です。
山道は先へと続いていたので歩いてみました。
1287m地点です。
2020年01月11日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道は先へと続いていたので歩いてみました。
1287m地点です。
良い道がさらに続いている。
登って来た林道の898.4m三角点辺りに続いてそうなので、下りてみることにした。ダメなら日暮れまでに林道終点に登り返せば、迷うことなく帰れます。
2020年01月11日 14:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い道がさらに続いている。
登って来た林道の898.4m三角点辺りに続いてそうなので、下りてみることにした。ダメなら日暮れまでに林道終点に登り返せば、迷うことなく帰れます。
中部森林管理局の境界見出し標沿いに道があるようです。
2020年01月11日 14:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中部森林管理局の境界見出し標沿いに道があるようです。
898.4m三角点の尾根より東の尾根に下りて来ましたが、だいたい予想どおりです。最後は、山肌が崩れていたので慎重に林道に下り立ちました。
2020年01月11日 14:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
898.4m三角点の尾根より東の尾根に下りて来ましたが、だいたい予想どおりです。最後は、山肌が崩れていたので慎重に林道に下り立ちました。
荒れた林道を下りますが、直ぐに行きに歩いた林道に合流するはずです。
2020年01月11日 14:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れた林道を下りますが、直ぐに行きに歩いた林道に合流するはずです。
行きの林道に合流です。ゲートのあった付近です。
2020年01月11日 14:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きの林道に合流です。ゲートのあった付近です。
最後は、天保林の見学です。
2020年01月11日 14:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は、天保林の見学です。
遊歩道を歩きます。
2020年01月11日 14:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道を歩きます。
一度林道に出た後、沢を渡り、天保の大ヒノキを見に行きます。
2020年01月11日 15:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度林道に出た後、沢を渡り、天保の大ヒノキを見に行きます。
鳥の羽が散らばっていた。食べられたのでしょうか。
近くにヤマドリの亡骸がありました。
2020年01月11日 15:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥の羽が散らばっていた。食べられたのでしょうか。
近くにヤマドリの亡骸がありました。
天保林の案内図です。
2020年01月11日 15:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天保林の案内図です。
案内図の所から河原を歩いて甚四郎滝を見に行きました。
大きな滝と小さな滝の組み合わせが美しい。
2020年01月11日 15:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内図の所から河原を歩いて甚四郎滝を見に行きました。
大きな滝と小さな滝の組み合わせが美しい。
遊歩道に戻ると滝の展望地の案内があったので、もう一度、滝を見に行きます。
2020年01月11日 15:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道に戻ると滝の展望地の案内があったので、もう一度、滝を見に行きます。
少し上から眺めた甚四郎滝です。
河原から見た方が良いですね。
2020年01月11日 15:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上から眺めた甚四郎滝です。
河原から見た方が良いですね。
最初の巨木。カツラです。
樹高37m、幹回り4.6m。
2020年01月11日 15:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の巨木。カツラです。
樹高37m、幹回り4.6m。
メインの天保の大ヒノキに来ました。
林野庁の森の巨人たち100選にも選ばれているようです。
2020年01月11日 15:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインの天保の大ヒノキに来ました。
林野庁の森の巨人たち100選にも選ばれているようです。
天保の大ヒノキです。
樹高36m、幹回り3.5m。
幹が細いので、日本を代表する巨木という感じではなかったです。
2020年01月11日 15:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天保の大ヒノキです。
樹高36m、幹回り3.5m。
幹が細いので、日本を代表する巨木という感じではなかったです。
モフモフ系の苔があった。
2020年01月11日 15:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフ系の苔があった。
大イヌザクラ。
樹高36m、幹回り3.5m。
2020年01月11日 15:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大イヌザクラ。
樹高36m、幹回り3.5m。
大スギ。
高さ40m、直径2mにもなるといった一般的な紹介だけで、この木のデータは無しでした。
2020年01月11日 15:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大スギ。
高さ40m、直径2mにもなるといった一般的な紹介だけで、この木のデータは無しでした。
大ケヤキ。
左:樹高36m、幹回り2.3m。
右:樹高34m、幹回り2.2m。
2020年01月11日 15:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ケヤキ。
左:樹高36m、幹回り2.3m。
右:樹高34m、幹回り2.2m。
苔パート◆
さっきより小ぶりですが、モフモフ度は負けてません。
2020年01月11日 15:58撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔パート◆
さっきより小ぶりですが、モフモフ度は負けてません。

感想/記録
by makomo

飛騨の権平山を登りに行きました。
山頂の近くまで林道が付いているので作業道があると期待していたのですが、薄い踏み跡しかありませんでした。一応、笹を刈った跡はあるのですが、伸びてしまって、きつい藪漕ぎでした。
山頂からは白山の展望、山頂を少し下った所からは北アの展望が楽しめます。御嶽山は見えなかったので、林道終点から北東に続く山道を進んでみたところ、大展望を楽しめる場所が見つかりました。
林道終点からの山道は、しっかりした道で、下山に使えそうだったので、そのまま下りてみました。変な方向に進んでいても林道終点に戻れば安全に帰ることができるので安心して挑戦できます。GPSで確認しながら下って行くと、だいたい予想した所に出られたので計画外の面白い山歩きが楽しめました。林道往復ではちょと退屈ですからね。
最後は天保林の遊歩道を散策して帰りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:121人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ