また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2181106 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

青部駅→無双連山→高山→智者山→千頭駅→青部駅

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月13日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
42分
合計
7時間4分
Sスタート地点07:2909:08無双連山P109:1609:17犬戻し09:22無双連山P309:28無双連山 電波反射板09:33無双連山P5 (三角点峰)09:39無双連山P409:41無双連山P309:4209:43無双連山P209:45犬戻し09:4610:20高山10:2711:33八草辻11:3411:44智者山林道登り口11:4612:17智者山12:3613:34智者の丘公園13:3513:49川根大橋付近広場13:5114:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
その他周辺情報千頭駅から徒歩10分ほどのところに千頭の湯あり。大人500円。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

大井川鉄道の青部駅(無人駅)に駐車して、そこからスタート。なんともレトロチックな無人駅。ここから林道に行くまでに住宅街を行ったり来たり、ヤマレコの軌跡を辿りながらなんとか林道までたどり着くことができました。
2020年01月13日 07:29撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大井川鉄道の青部駅(無人駅)に駐車して、そこからスタート。なんともレトロチックな無人駅。ここから林道に行くまでに住宅街を行ったり来たり、ヤマレコの軌跡を辿りながらなんとか林道までたどり着くことができました。
1
ようやく林道へ。ここからずーーーーっと林道が続きます。この山行でほぼ80〜90%は林道歩きでした。道に迷う心配が少ないのでありがたいのだけれど、単調すぎて飽きてしまう欠点がある。
2020年01月13日 07:38撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく林道へ。ここからずーーーーっと林道が続きます。この山行でほぼ80〜90%は林道歩きでした。道に迷う心配が少ないのでありがたいのだけれど、単調すぎて飽きてしまう欠点がある。
歩きはじめて約1時間30分。ようやく無双連山(みそれやま)の登り口に到着しました。どうやら昔ここら一体はお城が築かれていたようで、このようにお城の跡地の説明案内板がいくつか見られました。
2020年01月13日 09:01撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きはじめて約1時間30分。ようやく無双連山(みそれやま)の登り口に到着しました。どうやら昔ここら一体はお城が築かれていたようで、このようにお城の跡地の説明案内板がいくつか見られました。
1
無双連山への途中で見えた南アルプス深南部の山々。午前中はまだ雲が山頂付近にかかっており、イマイチ景色は良くありませんでしたが、先日登ってきた大札山や蕎麦粒山方面が良く見えました。
2020年01月13日 09:27撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双連山への途中で見えた南アルプス深南部の山々。午前中はまだ雲が山頂付近にかかっており、イマイチ景色は良くありませんでしたが、先日登ってきた大札山や蕎麦粒山方面が良く見えました。
1
無双連山(むそれやま)山頂に到着。最初、むそうれんざん、と読むのかと思ったけどどうやら、むそれやま、が正解らしい。ここまで来るのにいくつかの城跡地の看板がありました。この山全体が城を成していたようです。昔の人は凄いと思いました。
2020年01月13日 09:31撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双連山(むそれやま)山頂に到着。最初、むそうれんざん、と読むのかと思ったけどどうやら、むそれやま、が正解らしい。ここまで来るのにいくつかの城跡地の看板がありました。この山全体が城を成していたようです。昔の人は凄いと思いました。
無双連山を後にして、これから高山へ向かう。その途中にだんだん曇りが晴れてきた南アルプス深南部の山々が見えてきました。大無間山や黒法師岳がくっきりと見えました。
2020年01月13日 09:52撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双連山を後にして、これから高山へ向かう。その途中にだんだん曇りが晴れてきた南アルプス深南部の山々が見えてきました。大無間山や黒法師岳がくっきりと見えました。
1
またまた林道歩きとなります。うーん、先週の山犬段からの林道歩きから続けて長距離の林道歩きとなり、少々うんざり気味。ところどころに人工物もあり、なんだか山に登ってる気分になれない、、、。
2020年01月13日 09:56撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた林道歩きとなります。うーん、先週の山犬段からの林道歩きから続けて長距離の林道歩きとなり、少々うんざり気味。ところどころに人工物もあり、なんだか山に登ってる気分になれない、、、。
で、高山に到着。山頂からは景色がなく、残念な感じ。でもポカポカ陽気で少しここで休憩。なんならここでお昼寝したい気分だったが先は長いので出発する。
2020年01月13日 10:27撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、高山に到着。山頂からは景色がなく、残念な感じ。でもポカポカ陽気で少しここで休憩。なんならここでお昼寝したい気分だったが先は長いので出発する。
林道歩きから一度国道362号線を渡ります。さすが国道、林道と違い車の往来が結構ありました(当たり前か)。林道はときどき林道工事関係者や地元のおじさんの軽トラが通り過ぎるだけでした。
2020年01月13日 10:58撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きから一度国道362号線を渡ります。さすが国道、林道と違い車の往来が結構ありました(当たり前か)。林道はときどき林道工事関係者や地元のおじさんの軽トラが通り過ぎるだけでした。
途中、民家を通り過ぎます。番犬くんがお出迎え。「ワォーン!!」と勢いよく吠えられます。何も悪いことしないよぉー。この写真の右側の林道を歩いていきます。間違えて最初左側を行ってしまったら、別の番犬くんに吠えられてしまいました。
2020年01月13日 11:03撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、民家を通り過ぎます。番犬くんがお出迎え。「ワォーン!!」と勢いよく吠えられます。何も悪いことしないよぉー。この写真の右側の林道を歩いていきます。間違えて最初左側を行ってしまったら、別の番犬くんに吠えられてしまいました。
しばらく歩くと馬込という地点に到着。!!すると富士山がキレイに見えるポイントでした。うれしい。安部奥の山々もくっきりよく見えました。
2020年01月13日 11:33撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと馬込という地点に到着。!!すると富士山がキレイに見えるポイントでした。うれしい。安部奥の山々もくっきりよく見えました。
最後の目的地である智者山への登山口に到着しました。ここで少し休憩し、最後の登りの準備を整える。いきなりの急登となります。標高差約200mのひとふんばりです。
2020年01月13日 11:54撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の目的地である智者山への登山口に到着しました。ここで少し休憩し、最後の登りの準備を整える。いきなりの急登となります。標高差約200mのひとふんばりです。
登り始めて約20分ほどで智者山山頂に到着しました。去年の暮れに来て以来です。山頂には自分以外誰もいません。ここでいつもの自分へのご褒美。今日はヤマザキ製パンのミニスナックゴールド。デニッシュパンにシュガークリームのトッピング。これ1つで500kcalくらいあるけど、山登りにとってはありがたい(?)。
2020年01月13日 12:19撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて約20分ほどで智者山山頂に到着しました。去年の暮れに来て以来です。山頂には自分以外誰もいません。ここでいつもの自分へのご褒美。今日はヤマザキ製パンのミニスナックゴールド。デニッシュパンにシュガークリームのトッピング。これ1つで500kcalくらいあるけど、山登りにとってはありがたい(?)。
智者山山頂からの景色。これまで歩いてきた無双連山方面が良く見えました。よく歩いてきたなぁ。よーくみると奥に光って見えるのはおそらく太平洋。日本は案外小さく見える(?)
2020年01月13日 12:17撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
智者山山頂からの景色。これまで歩いてきた無双連山方面が良く見えました。よく歩いてきたなぁ。よーくみると奥に光って見えるのはおそらく太平洋。日本は案外小さく見える(?)
下山して智者山憩いの広場に到着しました。ここから千頭の町並みが良く見えました。遠くに見える千頭駅からは白い煙が見えました。そして「ポォー!!」という音。SLが停まっているのでしょうか?遠くまでその汽笛がよく聞こえました。
2020年01月13日 13:36撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山して智者山憩いの広場に到着しました。ここから千頭の町並みが良く見えました。遠くに見える千頭駅からは白い煙が見えました。そして「ポォー!!」という音。SLが停まっているのでしょうか?遠くまでその汽笛がよく聞こえました。
2
千頭駅に行く途中にある千頭温泉。大人500円で入浴可能。うーん、入っていきたいけど、また今度にするか。
2020年01月13日 13:46撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭駅に行く途中にある千頭温泉。大人500円で入浴可能。うーん、入っていきたいけど、また今度にするか。
1
今となっては貴重な小便小僧がありました。冬バージョンでニット帽とセーターを着てました。残念ながら小便はしておりませんでした。
2020年01月13日 13:51撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今となっては貴重な小便小僧がありました。冬バージョンでニット帽とセーターを着てました。残念ながら小便はしておりませんでした。
ゴール地点の千頭駅に到着。中にお土産屋さんや自動販売機などがあります。この周辺にも食事処やお土産やさんなどいくつかありました。
2020年01月13日 13:55撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール地点の千頭駅に到着。中にお土産屋さんや自動販売機などがあります。この周辺にも食事処やお土産やさんなどいくつかありました。
1
やはり居ました。汽笛の正体はC108の機関車でした。時折響かせる汽笛が遠くの山に居てもその存在感を知らせてくれました。数年前に乗ったのを思い出しました。
2020年01月13日 13:58撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり居ました。汽笛の正体はC108の機関車でした。時折響かせる汽笛が遠くの山に居てもその存在感を知らせてくれました。数年前に乗ったのを思い出しました。
1
千頭駅から電車で青部駅まで来ても良かったけど、時間もあったので、千頭駅から歩いて青部駅まで来ちゃいました。約30分くらいの徒歩でした。自分以外にも登山者らしき(?)車が1台ありました。
2020年01月13日 14:33撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭駅から電車で青部駅まで来ても良かったけど、時間もあったので、千頭駅から歩いて青部駅まで来ちゃいました。約30分くらいの徒歩でした。自分以外にも登山者らしき(?)車が1台ありました。

感想/記録

静岡百山のひとつである無双連山(むそれやま)に行ってきました。最初、むそうれんざん、と読むのかと思いましたが、むそれやまが正解のようです。無双連山だけではもったいないので、先日登った智者山までつなげてみようと思い今回の山行となりました。
しかしいざ行ってみると山行ルート中、80%以上は林道歩きで、なんとも単調な山歩きとなりました。林道歩きは道迷いなどしないから安心なのですが、単調すぎてすこし飽きてしまうくらいでした。途中に人工物があったり、国道を横切ったりと、、、。
それでも林道の合間から南アルプス深南部の山々が見えたり、富士山がキレイに見えたりと、なかなかどうして、着た甲斐がある山登りでした。
無双連山は昔、城が築かれていたようで、山一帯が城を成しており、昔の人のすごさを伺いしることができる山でした。山頂に行くまでに「〜跡」のような看板や築城の歴史を記す看板などがあり、歴史を学ぶことができる山でした。
高山は林道からすこし脇にそれた山頂でしたが、山頂からの景色はなく、だだっ広い山頂の山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:597人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 道迷い 山行 クリ 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ