また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2181755 全員に公開 沢登り 丹沢

水無川水系 源次郎沢 沢登り講習

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢
・昨年の台風の影響で特に北側がえぐれてしまい駐車台数は詰めても12台程度。
 戸川林道(秦野市道52号線)も以前よりやや流水溝ができて車高に低い車は
 お腹する可能性があります。
・登山計画書は戸川林道下部の滝沢園入口の登山届ポストへ(秦野警察管轄)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■源次郎沢
  沢をかじり出したら誰でも知っている水無川の人気沢です。
  この沢は滝登りが中心となるため、クライミングができない、またはビレイの
  仕組みがわからない方同士はNG。
  10m級の滝は概ね3つあり、高巻きは主に左側となりますが、狭いザレの
  トラバースもあり、そこで足を滑らせれば致命傷になるので、高巻き=安全
  とは思わないようになさってください。
  使用ロープは40m以上が望ましいです。
  各滝には秦野市遭難対策協議会で設置したフォールナンバー標識がありますが
  F5−2条10mだけ昨年の台風で標識が流失してしまいました。
  涸れ棚を越え上流部に行くと数年前の大倒木が沢を埋めており、抜けるのは
  ジャングルジムとなってしまうので、倒木の根っこ辺りから右手に向かう
  鹿道を追ってほぼ同高度でトラバースすれば、やがて源次郎尾根の草原状に
  出ます。上に続く踏み跡を追えば花立山荘の少し上で大倉尾根へ、下降すれば
  下の草原(仮称)を通過し植林帯に入って下部で(今は廃道となった)書策新道
  の踏み跡に合流し戸沢へ戻れます。(植林径路はありますが要読図)

  遡行グレード 1級上(滝直登の場合)

  滝のフォールナンバー標識の番号は古い書籍ですと現状と異なりますので
  拙著『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)を参考にされてください。
  標識設置も我々遭難対策協議会が行っています。
  (これは遭難事故を起こしたときの連絡用標識ですのでご了承ください)

■沢登り講習、クライミング、読図講習など
 マウントファーム登山学校(JMIA認定)
 http://mt-farm.info/

過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

源次郎沢に入る。
冬は水も少なくなるのである意味遡行適期。
2020年01月11日 09:10撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎沢に入る。
冬は水も少なくなるのである意味遡行適期。
F3標識は左にあるのだかが半没していた
2020年01月11日 09:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3標識は左にあるのだかが半没していた
左を登った方が吉
2020年01月11日 09:40撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を登った方が吉
さらに左側を巻く踏み跡はスラブ上の落ち葉でちょっとズルズルだ
2020年01月11日 09:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに左側を巻く踏み跡はスラブ上の落ち葉でちょっとズルズルだ
突き当りで沢は右(北側)へ曲がる
2020年01月11日 09:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当りで沢は右(北側)へ曲がる
ここに設置したF5標識は消失していた。
おそらく台風の影響であろう。
2020年01月11日 10:05撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに設置したF5標識は消失していた。
おそらく台風の影響であろう。
受講者さんF5登ってくる
ちょっとだけ足を濡らした
2020年01月11日 10:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
受講者さんF5登ってくる
ちょっとだけ足を濡らした
左俣を分けるとすぐにF6−10m
2020年01月11日 10:38撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣を分けるとすぐにF6−10m
左壁を登れるが、今日は左側を高巻いてみる
2020年01月11日 10:40撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左壁を登れるが、今日は左側を高巻いてみる
落ち口へ向かうところが狭いので絶対に滑落は許されない。
落ち口手前にアンカーもある。
2020年01月11日 10:42撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口へ向かうところが狭いので絶対に滑落は許されない。
落ち口手前にアンカーもある。
F7−2m
左の岩がちょっと邪魔
2020年01月11日 11:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F7−2m
左の岩がちょっと邪魔
F8 標識はあるが今は2mほどの簡単な棚になってしまった
2020年01月11日 11:17撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8 標識はあるが今は2mほどの簡単な棚になってしまった
沢が右(北)に曲がるとF9−チムニー状8m
ステミングで登って落ち口下で右壁を登る
2020年01月11日 11:44撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が右(北)に曲がるとF9−チムニー状8m
ステミングで登って落ち口下で右壁を登る
すぐにチムニー状6m
2020年01月11日 11:46撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにチムニー状6m
最後の核心であるF10−10m
左壁に長く垂れた残置スリングがあって簡単そうに見えるが
見た目よりハイステップとなり落ち口の木も崩れたので嫌らしい。 正統なら右壁を少しジグザグしながらクライミングする。 高巻きは左側を行く。
2020年01月11日 11:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の核心であるF10−10m
左壁に長く垂れた残置スリングがあって簡単そうに見えるが
見た目よりハイステップとなり落ち口の木も崩れたので嫌らしい。 正統なら右壁を少しジグザグしながらクライミングする。 高巻きは左側を行く。
F10登ってくる受講者さん
2020年01月11日 12:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F10登ってくる受講者さん
その後4〜5つほど小さな涸れ棚が連続する
2020年01月11日 12:31撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後4〜5つほど小さな涸れ棚が連続する
沢を埋め尽くす大倒木。
数年前の大雨で崩れたもの。
これはジャングルジムになるので・・・
2020年01月11日 12:35撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を埋め尽くす大倒木。
数年前の大雨で崩れたもの。
これはジャングルジムになるので・・・
右手に何となく伸びる鹿道をトラバースして
2020年01月11日 12:35撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に何となく伸びる鹿道をトラバースして
源次郎尾根中の草原(仮称)下部に出る
2020年01月11日 12:52撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根中の草原(仮称)下部に出る
今日は(も)源次郎尾根を下る
2020年01月11日 13:00撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は(も)源次郎尾根を下る
下の草原(仮称)
2020年01月11日 13:10撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の草原(仮称)
すぐに植林帯に入るので植林作業径路を使わせていただく
2020年01月11日 13:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに植林帯に入るので植林作業径路を使わせていただく
書策新道に合流する
2020年01月11日 13:57撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道に合流する
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:153人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ