また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2182716 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 関東

峰山・石砂山・鉢岡山・日蓮金剛山《藤野15名山》

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
上野原駅からタクシー奥牧野バス停下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
55分
合計
6時間44分
S奥牧野バス停08:1908:55飯綱神社09:19大鐘分岐09:2409:40峰山09:4910:02綱子分岐10:12峰山分岐10:24菅井下10:2511:00尾崎原山11:1611:37伏馬田入口バス停分岐12:00石砂山西峰12:0112:09石砂山12:1312:38佐野川橋13:15南尾根取付13:31鉢岡山13:3513:44展望台13:50新和田集落14:01峯山14:0314:05八坂山14:0614:08峯山14:1214:18日連金剛山14:2614:42日連金剛山登山口15:03藤野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鉢岡山は一部藪あり
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

飯綱神社の祠
2020年01月11日 08:54撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯綱神社の祠
峰山山頂付近にある雨神・大龍王・風神の石碑
2020年01月11日 09:39撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰山山頂付近にある雨神・大龍王・風神の石碑
峰山(570m)山頂の古峯神社
2020年01月11日 09:40撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰山(570m)山頂の古峯神社
石老山(702m)と石砂山(578m)
峰山山頂より
2020年01月11日 09:41撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石老山(702m)と石砂山(578m)
峰山山頂より
道志山塊の入道丸(714m)、鳥井立(1,048m)を望む
2020年01月11日 10:09撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志山塊の入道丸(714m)、鳥井立(1,048m)を望む
菅井集落の庚申塔、十三夜の石碑
2020年01月11日 10:23撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅井集落の庚申塔、十三夜の石碑
菅井集落から峰山(570m)の姿が良い
2020年01月11日 10:25撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅井集落から峰山(570m)の姿が良い
菅井集落の経塚
他から移設されたもの
2020年01月11日 10:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅井集落の経塚
他から移設されたもの
尾崎城址への分岐
2020年01月11日 10:35撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾崎城址への分岐
尾崎原山(おざきっぱらやま536m)山頂
尾崎城の主郭、伏馬田城とも呼ばれる
2020年01月11日 11:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾崎原山(おざきっぱらやま536m)山頂
尾崎城の主郭、伏馬田城とも呼ばれる
送電鉄塔から石砂山西峰(572m)、石砂山(578m)を望む
2020年01月11日 11:40撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔から石砂山西峰(572m)、石砂山(578m)を望む
送電鉄塔から峰山(570m)を望む
2020年01月11日 11:40撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔から峰山(570m)を望む
石砂山西峰(572m)山頂
2020年01月11日 12:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石砂山西峰(572m)山頂
石砂山(いしざれやま578m)山頂
2020年01月11日 12:09撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石砂山(いしざれやま578m)山頂
佐野川を渡り篠原集落に下りる
2020年01月11日 12:39撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐野川を渡り篠原集落に下りる
篠原集落より鉢岡山(460m)が美しい
2020年01月11日 12:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篠原集落より鉢岡山(460m)が美しい
鉢岡山(460m)山頂
2020年01月11日 13:31撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢岡山(460m)山頂
鉢岡山北稜線から峰山、ムギロチ、大室山(1,588m)、加入道山を望む
2020年01月11日 13:38撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢岡山北稜線から峰山、ムギロチ、大室山(1,588m)、加入道山を望む
景信山(727m)、城山(670m)
鉢岡山北稜線より
2020年01月11日 13:42撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景信山(727m)、城山(670m)
鉢岡山北稜線より
新和田集落より鉢岡山(460m)を望む
2020年01月11日 13:51撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新和田集落より鉢岡山(460m)を望む
日蓮アルプス最高峰
峯山(423m)山頂
2020年01月11日 14:02撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蓮アルプス最高峰
峯山(423m)山頂
日蓮アルプス八坂山(420m)山頂
2020年01月11日 14:05撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蓮アルプス八坂山(420m)山頂
日蓮アルプス金剛山(420m)山頂の金剛山神社
2020年01月11日 14:17撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蓮アルプス金剛山(420m)山頂の金剛山神社
日蓮大橋と八坂山(420m)、金剛山(420m)
2020年01月11日 14:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蓮大橋と八坂山(420m)、金剛山(420m)
中央線藤野駅で縦走終了
2020年01月11日 15:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央線藤野駅で縦走終了

感想/記録

 京王線の人身事故で同行者の到着が遅れ30分遅れてのスタートとなった。奥牧野バス停までタクシーに乗り、舟久保の尾根の取付きまで車道を歩いた。畑への道のような処から取り付いたがすぐに道はなくなり、這い登っていると左側から踏み跡が現れた。どうやら登山道入口は別にあるようだった。
 尾根の先端部に到ると何の用途か民家のような建物があった。谷の源頭のピークからは展望が得られ雲に頭を隠した北丹沢の大室山(1,588m)が見えた。北東に少し行くと飯綱神社が鎮座していた。源頭ピークに戻り稜線を進んでP414に達した南東方向に進路を変え大鐘への分岐に飛び出した。更に明瞭な道となって峰山(570m)に到った。古峯神社があり、檜洞丸(1600m)、大室山(1588m)、加入道山(1418m)など北丹沢の山々が望めた。
 南尾根は丸太風のコンクリート階段がしつこく続き、階段が終わったところで小舟への下山路が左に分岐した。西側の綱子への下山路等道標がしっかりしていた。送電鉄塔に達すると展望が開け笹尾根の景信山(727m)、城山(670m)等が望めた。菅井集落に下り立ち東に向かうと郷土の歴史を伝える案内板が至るところにある。今から向かう尾崎城の遺構に纏わるものらしい。
 P376地点の椚戸(くぬぎと)跡は大手に当たる場所なのか? 庭の手入れの行き届いた民家の横を通り登山道にを進んで行くと大沢の渡渉部で中央部にトラスを組んだ鉄橋が沢に渡され面白い。縦走路から分岐し稜線を辿ると尾崎城の城廓エリアとなった。嘗ては堀切や縦堀もあったようだが、今では一寸急なただの山となってしまっていた。尾崎原山(おざきっぱらやま536m)山頂は尾崎城の主郭で伏馬田城(ふすまだじょう)の標識があった。菅井集落では「尾崎城」の案内だったが「伏馬田城」の方が一般的なようだ。尾崎掃部助が築城し城主であったことから尾崎城と呼ばれているようだ。天正18年武田勢が攻め込み激戦となり落城したという。
 昼食休憩を取って縦走路分岐に戻り石砂山方面の縦走路に踏み出した。途中女性6人のグループとすれ違った。稜線の北側は相模湖CCのコースが広がっていた。東海自然歩道が伏馬田から稜線に上がって来て指導標が更にしっかりした。200m程行くと送電鉄塔に達し、双耳峰の石砂山や峰山(570m)を望むことができた。北上を続け石砂山の鞍部に乗り上がり少し遅れてきた同行者を待って西峰立寄りを提案するが却下され、独りで西峰(572m)に取り付いた。展望はなかったが山頂標識は掲げられていた。急いで鞍部に戻り同行者の後を追い掛け急坂を登り切って石砂山(いしざれやま578)mに到着すると熱い飲み物を飲んで寛いでいた。この山も今回のテーマである藤野15名山の山で双耳峰の姿は美しい。
 北北東へと稜線を辿り篠原(しのばら)の集落に下り立った。佐野川橋を渡り長い車道歩きが始まった。篠原川右岸の道から橋を渡って山間部に入り峠に達した頃右手に鉢岡山への踏み跡らしきものが始まった。藪を漕いでいると比較的踏まれている道に出て鉢岡山(460m)山頂に到った。山頂には防災無線の電波塔があり、東側に明瞭な道があったがコンパスの示す方向には僅かに草の隙間があるだけだった。軈て地形図に描かれた道が現れ藪から逃れた。2m弱の広さの道になると何と稜線から転落している車があった。一体どうして此処まで来たのか?
 新和田集落に下り立つと1台の車が置かれていた。脇を通り私有地を避け稜線に取付き踏み跡を辿ると杉峠からの縦走路に合流し明瞭な道となった。日蓮(ひづれ)アルプスの山域でまずは最高峰の峰山(423m)に登る。西側から巻き込んでピークに到るが先の方の広場に山頂標識があった。展望は素晴らしく笹尾根の山々や三頭山(1,531m)が望めた。北100mの所に八坂山(420m)があり足を伸ばしたが展望は今一だった。
峰山に戻り、本当のピークにも立ち寄って西南西に進み日蓮アルプスの主峰金剛山に到った。金剛山神社があり展望も良かった。ベンチとテーブルがあり3人の女性が休憩中、「なにで来た」と驚きの声が上がり誰だと思ったら石砂山で出会った男女5人グループの一部の人達だった。登山口から夫々ピストンで登ったそうで、我々が縦走して来たことに驚いたようだ。新和田集落に置かれていた車は彼女達のものだった。
 日蓮大橋に向けて北の尾根を下ったが、落ち葉に埋まる急坂で慎重さを要する。登山口に到ると金剛山神社の鳥居があった。通行量の多い県道歩きとなり日蓮大橋を渡り振り返ると日蓮アルプスが望めた。中央線の藤野駅に達し縦走を終えた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:697人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ