また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2204107 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

大岳山、馬頭刈山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十里木駐車場に駐車。
西東京バスで十里木バス停から白倉バス停に移動。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
1時間1分
合計
5時間53分
S白倉バス停07:0608:18白倉分岐08:2308:51大岳山09:0109:18白倉分岐09:33富士見台09:4010:02葛籠岩10:09小屋ノ沢山10:37茅倉・千足バス停分岐10:41鶴脚山10:4611:03馬頭刈山11:3711:51光明山12:08軍道分岐12:39長岳12:49馬頭刈尾根登山口12:59十里木駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白倉分岐から大岳の間でわずかに残雪があるものの、気にするほどではない。
登山道は明確で、危険な場所もありません。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

十里木駐車場に車を停め、十里木バス停からバス🚌に乗ります。
2020年02月02日 06:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十里木駐車場に車を停め、十里木バス停からバス🚌に乗ります。
白倉バス停の横に大岳山入口がある。コンクリートのスロープと階段で、ちょっと味気ない。。。
2020年02月02日 07:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白倉バス停の横に大岳山入口がある。コンクリートのスロープと階段で、ちょっと味気ない。。。
10分ちょっとで、登山道に入る。
2020年02月02日 07:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ちょっとで、登山道に入る。
白倉分岐で一息入れ、大岳山へ向かう。
2020年02月02日 08:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白倉分岐で一息入れ、大岳山へ向かう。
1
2つ目の分岐を左に上がる。道標がなく、うっかりすると直進してしまいそう。直進は大岳山荘方面。
2020年02月02日 08:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の分岐を左に上がる。道標がなく、うっかりすると直進してしまいそう。直進は大岳山荘方面。
大岳山山頂に到着。2度目だけど、まったく覚えてなかった。
2020年02月02日 08:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山山頂に到着。2度目だけど、まったく覚えてなかった。
3
富士山がクッキリ。
2020年02月02日 08:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がクッキリ。
3
丹沢山地、道志山塊、富士山、御坂山地、大菩薩山塊、御前山、奥秩父山塊を一望する。
2020年02月02日 08:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山地、道志山塊、富士山、御坂山地、大菩薩山塊、御前山、奥秩父山塊を一望する。
1
富士見台。
2020年02月02日 09:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台。
富士見台と言うだけあって、富士山はバッチリ見えた。
2020年02月02日 09:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台と言うだけあって、富士山はバッチリ見えた。
2
これが葛籠岩だと思うけど。。。不確か。
2020年02月02日 10:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが葛籠岩だと思うけど。。。不確か。
1
小屋ノ沢山は地味な山頂で、手作りの山頂標識があった。
2020年02月02日 10:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋ノ沢山は地味な山頂で、手作りの山頂標識があった。
鶴脚山山頂。木立が煩くて展望はあまり良くない。
2020年02月02日 10:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴脚山山頂。木立が煩くて展望はあまり良くない。
馬頭刈山山頂。昼食中に団体さんが来て賑やかになった。
2020年02月02日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭刈山山頂。昼食中に団体さんが来て賑やかになった。
少し下った開けた場所からスカイツリー🗼と新宿ビル群🏙が見えた。
2020年02月02日 11:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下った開けた場所からスカイツリー🗼と新宿ビル群🏙が見えた。
1
豪雪地ではよく見る枝の形だけど。。。
2020年02月02日 11:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪雪地ではよく見る枝の形だけど。。。
1
ここも手作りの山頂標識。
2020年02月02日 11:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも手作りの山頂標識。
2
すぐ下に高明神社跡。
2020年02月02日 11:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ下に高明神社跡。
1
軍道分岐を右へ。
2020年02月02日 12:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍道分岐を右へ。
思わず吊り橋に行き合ってちょっとビックリ😲。
2020年02月02日 12:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず吊り橋に行き合ってちょっとビックリ😲。
1
ここの山頂標識は小屋ノ沢山と同じ人(団体)が作ったみたい。
2020年02月02日 12:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの山頂標識は小屋ノ沢山と同じ人(団体)が作ったみたい。
瀬音の湯の駐車場に降り立った。
2020年02月02日 12:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬音の湯の駐車場に降り立った。
瀬音の湯を通り抜けます。左は足湯。
2020年02月02日 12:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀬音の湯を通り抜けます。左は足湯。
1
十里木駐車場に無事帰ってきた。
2020年02月02日 12:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十里木駐車場に無事帰ってきた。

感想/記録
by ka_zu1

スタートから30分ほどでソフトジャケットを脱ぐと、その後は春を思わせる陽気で、休憩中も半袖+長袖の山シャツで過ごせた。
大岳山は10年前に青梅側から登っているが、夏だったこともあり印象が全然違っていた。
大岳山登山口から富士見台まで、随所で富士山が見られ、見え方の変化を楽しむことができた。
後半は展望はあまり良くないものの、葛籠岩や枝の湾曲した杉、吊り橋など登山道の変化を楽しめる。
馬頭刈山山頂からは大岳山や鍋割山、御岳山などが見られるものの、冬枯れのこの時季だからこそで、葉が生い茂るとほとんど見えないだろうと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:444人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

道標 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ