また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2212921 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

【丹沢】久々の表尾根でヘロヘロ編 大倉〜塔ノ岳〜烏尾尾根〜大倉

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間29分
休憩
1時間21分
合計
7時間50分
S大倉バス停08:3308:37大倉山の家08:3808:53観音茶屋09:08雑事場ノ平09:15見晴茶屋09:30一本松09:45駒止茶屋09:5009:58堀山10:04堀山の家10:0710:26天神尾根分岐10:55花立山荘11:05花立11:10金冷シ11:27塔ノ岳12:1312:37木ノ又大日12:41木ノ又小屋12:4212:51新大日茶屋12:5313:04書策新道分岐13:1313:18政次郎ノ頭13:35行者ヶ岳13:3813:57烏尾山14:0414:05烏尾山荘14:54烏尾尾根 730m地点15:15新茅山荘15:1815:55竜神の泉15:5616:23大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

大倉からスタートして、おや? 丹沢クリステルさんがいませんね(´・ω・`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉からスタートして、おや? 丹沢クリステルさんがいませんね(´・ω・`)
尾根に向かって上ります。気温が高いのか、早くも汗が噴き出します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に向かって上ります。気温が高いのか、早くも汗が噴き出します
2
観音茶屋を通過して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音茶屋を通過して
大倉尾根上に到着しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根上に到着しました
1
見晴らし茶屋を過ぎると、急坂が始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし茶屋を過ぎると、急坂が始まります
1
息を切らして木の階段で急坂を登って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息を切らして木の階段で急坂を登って行きます
1
本日進む予定の表尾根方面も見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日進む予定の表尾根方面も見えてきました
1
さらに傾斜がキツクなります(>_<)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに傾斜がキツクなります(>_<)
1
富士山がキレイに見えてきましたね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がキレイに見えてきましたね
1
この木の階段を越えるともうすぐ立花山荘…ですが急傾斜なのでシンドイです(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木の階段を越えるともうすぐ立花山荘…ですが急傾斜なのでシンドイです(T_T)
2
高度が上がった分、景色はよくなってきますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がった分、景色はよくなってきますが
1
立花山荘でちょい休憩。スタートからここまで2時間半弱。今思うにちょっとハイペース過ぎたのかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立花山荘でちょい休憩。スタートからここまで2時間半弱。今思うにちょっとハイペース過ぎたのかも
2
立花山の向かって登り込んで行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立花山の向かって登り込んで行きます
立花山山頂から今日も主脈方面が見えてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立花山山頂から今日も主脈方面が見えてます
ここはアタシがキライな箇所。下り細い尾根道。この時期は凍っていることが多いのですが、この日は大丈夫でよかった(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはアタシがキライな箇所。下り細い尾根道。この時期は凍っていることが多いのですが、この日は大丈夫でよかった(^^;)
1
そして塔ノ岳に到着。なんと3時間を切る自己ベストタイム…今思うにちょっとハイペース過ぎたのかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして塔ノ岳に到着。なんと3時間を切る自己ベストタイム…今思うにちょっとハイペース過ぎたのかも
3
天気がいいので眺望良好。主脈方面とその奥には奥秩父の面々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいいので眺望良好。主脈方面とその奥には奥秩父の面々
1
西丹沢と奥には八ヶ岳が見えてますかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢と奥には八ヶ岳が見えてますかね?
1
南アルプス方面と富士山と
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面と富士山と
伊豆方面も見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆方面も見えています
これから向かう表尾根方面。道に雪がある?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう表尾根方面。道に雪がある?
塔ノ岳山頂で休憩後に表尾根を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂で休憩後に表尾根を進みます
1
こういう乾いた箇所もあるのですが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう乾いた箇所もあるのですが…
1
チェーンスパイクを履くほどではないけど雪があるという中途半端な路面状況が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクを履くほどではないけど雪があるという中途半端な路面状況が続きます
1
それでもヨレヨレと木ノ又小屋を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでもヨレヨレと木ノ又小屋を通過
1
新大日までのアップダウンもけっこうキツい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日までのアップダウンもけっこうキツい
1
新大日到着。ぬかるんでグチャグチャ。この先はこういう感じの路面が多くなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日到着。ぬかるんでグチャグチャ。この先はこういう感じの路面が多くなります
1
行く手を見ます…三ノ塔までピークがいくつもあるなぁ( ̄д ̄;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手を見ます…三ノ塔までピークがいくつもあるなぁ( ̄д ̄;)
1
書策小屋跡を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋跡を通過
1
ここにきてこの下り…ビリビリにシビレる光景です(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにきてこの下り…ビリビリにシビレる光景です(T_T)
2
写真じゃ伝わりにくいですが、道幅が細いのにそれがちょっと崩れてまして…ちょっとビビリました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真じゃ伝わりにくいですが、道幅が細いのにそれがちょっと崩れてまして…ちょっとビビリました
2
行者ヶ岳までいくつかハシゴや鎖場を登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳までいくつかハシゴや鎖場を登ります
2
行者ヶ岳の山頂を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳の山頂を通過
1
果たして三ノ塔まで行けるか? 怪しくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果たして三ノ塔まで行けるか? 怪しくなってきました
1
また泥濘( ̄д ̄;) これで気持ちが切れた…と思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また泥濘( ̄д ̄;) これで気持ちが切れた…と思う
1
烏尾山まではなんとか到着。もうすっかりヘロヘロです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山まではなんとか到着。もうすっかりヘロヘロです
1
三ノ塔。ずいぶん遠くに感じます。これじゃたどり着くのは無理諦めましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔。ずいぶん遠くに感じます。これじゃたどり着くのは無理諦めましょう
1
本日巡ってきた稜線。まぁよく歩いたこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日巡ってきた稜線。まぁよく歩いたこと
1
烏尾尾根から下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾尾根から下ります
1
植林の中の急坂を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中の急坂を下ります
1
こういう傾斜がゆるやかな箇所ああって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう傾斜がゆるやかな箇所ああって
1
一本桜と書かれた場所のベンチで休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本桜と書かれた場所のベンチで休憩
2
この先はかなりの急傾斜です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はかなりの急傾斜です
1
最後の最後の石段を振り返って。これがキビシカッタ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後の石段を振り返って。これがキビシカッタ
1
ってなわけで林道まで下ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ってなわけで林道まで下ってきました
1
林道を延々と歩いて竜神の泉を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を延々と歩いて竜神の泉を通過
1
ヘロヘロで大倉たどり着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロで大倉たどり着きました
2

感想/記録

えーと、丹沢に行ってきました。

何やら今シーズン最強寒波が到来中とのことだったので、防寒装備として、ベースにアンダーアーマーのヒートギア・ロングスリーブに長袖山シャツ、ミドルにはソフトシェルにアウターといういつもの2月の丹沢にしては厚着で挑みました。
しかし、案に反して気温はさほど低くなく…というか厚着のせいで暑いこと暑いこと。すっかり汗だくになりました。

で、大倉尾根で塔ノ岳に向かいましたが、自分でもちょっと速すぎかな〜と思えるくらいのペースで登ったため、塔ノ岳山頂までのタイムはなんと3時間を切ってました。自己最速です(;゜д゜)
ただ、これがへたれハイカーのアタイにはオーバーペースだったようで…。

天気がよかったので塔ノ岳山頂からの眺望は良好。
丹沢山や蛭ヶ岳などの主脈方面や檜洞丸や大室山などの西丹沢。奥秩父方面や、雪を被った南アルプスもキレイに見えましたね。

昼食後は表尾根を進みます。
予定では三ノ塔まで行き、三ノ塔尾根で大倉まで下るつもりでした。
しかし、塔ノ岳までのオーバーペースがコタエタらしく、なんか調子がよくありません…というか如実にヘロってます。
さらに路面コンディションがよくありません。雪がところどころにあるのですが、チェーンスパイクを履くほどでなく、また泥濘地帯になっているところも多々あり、歩きにくいったらありません。これがへたれハイカーのアタシの少ない体力をバサバサと削っていき…すっかりヘロヘロになってしまいましたorz
計画では14時までに三ノ塔到着予定だったのですが、その手前の烏尾山にたどり着くのでもういっぱいっぱい。
これでは明るいうちに大倉に戻れないだろうと、すごすごと烏尾尾根で下山した次第。

以前、大倉から三ノ塔尾根〜塔ノ岳〜大倉尾根と周回しようとして、腸脛靱帯炎を発症したためやはり烏尾尾根から下山したことがありました。今回はその逆ルートでリベンジしたかったのですが…うまくはいかないものですね(*´Д`*)


訪問者数:77人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ