また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2214119 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

将棊頭山

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
小黒川スマートICから、小黒川キャンプ場へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
30分
合計
9時間50分
Sスタート地点06:3007:00桂小場07:00野田場08:30横山道分岐09:30白川分岐09:4009:40大樽小屋10:00胸突八丁(信大コース分岐)11:40津嶋神社12:20胸突の頭12:40将棊頭山13:00胸突の頭14:00大樽小屋14:2016:00桂小場16:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から、大樽避難小屋までは、歩きやすい道、胸突き八丁から稜線迄の、激登りは応える、雪が締まっていないのでアイゼンの爪が効きにくい。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え ザック アイゼン ピッケル ビーコン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ

写真

6時20分到着、車は6台止まっていた。
トイレは使えない、小黒川SAを利用。
2020年02月08日 06:25撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時20分到着、車は6台止まっていた。
トイレは使えない、小黒川SAを利用。
道路は、日陰は雪が解けていない。
2020年02月08日 06:46撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路は、日陰は雪が解けていない。
桂木場登山口、計画より30分遅れ。
2020年02月08日 06:55撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木場登山口、計画より30分遅れ。

馬返しに到着、此処までは、馬が登れる勾配歩き安い。権平衛峠の標識がある。昔は、馬で木曽へ資材をはこんだのか?
2020年02月08日 08:51撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す

馬返しに到着、此処までは、馬が登れる勾配歩き安い。権平衛峠の標識がある。昔は、馬で木曽へ資材をはこんだのか?
雪も本格的になってきた。
2020年02月08日 08:58撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も本格的になってきた。
大樽避難小屋、以前冬に此処まで来て、下山したことを思い出す。
2020年02月08日 09:34撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽避難小屋、以前冬に此処まで来て、下山したことを思い出す。
トレースはしっかりある、踏み外すと、しっかり埋まる。
2020年02月07日 10:28撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはしっかりある、踏み外すと、しっかり埋まる。
胸つき八丁、2時間以上此処を登る、天気次第では、稜線迄。
2020年02月08日 10:43撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸つき八丁、2時間以上此処を登る、天気次第では、稜線迄。
木曽駒ヶ岳方向は、雲が掛かっている、小雪もちらつく。
2020年02月07日 11:27撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳方向は、雲が掛かっている、小雪もちらつく。
日差しが、出てきた。木の間から、稜線がきれいに見える。
2020年02月07日 11:38撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しが、出てきた。木の間から、稜線がきれいに見える。
1
稜線に到着、12時30分ザックをデポして将棊頭山に向かう。
2020年02月07日 12:11撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に到着、12時30分ザックをデポして将棊頭山に向かう。
風は、20mは無いけれど激しく、頬が痛い。木曽駒ヶ岳がきれいに見える。
2020年02月07日 12:11撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は、20mは無いけれど激しく、頬が痛い。木曽駒ヶ岳がきれいに見える。
茶臼山方向。
2020年02月07日 12:12撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山方向。
将棊頭山迄は、3つピークを登る、雪がクラストして、ガラスのようで、アイゼンが効きにくい。慎重に登り降り。
2020年02月07日 12:34撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山迄は、3つピークを登る、雪がクラストして、ガラスのようで、アイゼンが効きにくい。慎重に登り降り。
1
登って来た所を振り返る。
2020年02月07日 12:34撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た所を振り返る。
西駒山荘、夏はこの稜線を登らずトレースして、小屋に行く。
2020年02月07日 12:46撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西駒山荘、夏はこの稜線を登らずトレースして、小屋に行く。
1
南アルプス。
2020年02月07日 12:48撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。
2
将棊頭山最後の登り、夏なら木曽駒ヶ岳への通過点の山、存在が薄いけど、冬は全然違う。
2020年02月07日 12:48撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山最後の登り、夏なら木曽駒ヶ岳への通過点の山、存在が薄いけど、冬は全然違う。
3
宝剣岳が一瞬見えた。
2020年02月07日 12:48撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳が一瞬見えた。
2
木曽駒ヶ岳。
2020年02月07日 12:48撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳。
3
御嶽山雲が切れてみえた。乗鞍岳も重なって見える。
2020年02月07日 13:04撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山雲が切れてみえた。乗鞍岳も重なって見える。
2
茶臼山、今度は此処へ登って見たい。
2020年02月07日 13:04撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山、今度は此処へ登って見たい。
甲斐駒ヶ岳
2020年02月07日 13:05撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳
茶臼山のアップ。
2020年02月07日 13:05撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山のアップ。
1
木曽駒ヶ岳
2020年02月07日 13:05撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳
2
甲斐駒ヶ岳
2020年02月07日 16:35撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳
1
南アルプス
2020年02月07日 16:35撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
1
木曽駒ヶ岳
2020年02月08日 12:12撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳
1
大樽避難小屋に戻って来た、遅い昼食を取る。
2020年02月08日 14:26撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽避難小屋に戻って来た、遅い昼食を取る。
桂木場に戻って来ました。
2020年02月08日 15:55撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木場に戻って来ました。
小黒川キャンプ場のゲートに到着。
明日は、八ヶ岳の権現岳に登る。
2020年02月08日 16:16撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小黒川キャンプ場のゲートに到着。
明日は、八ヶ岳の権現岳に登る。

感想/記録

今年は、駒ヶ岳ロープウェイが修理で利用出来ない。冬の木曽駒ヶ岳を間近で見たいと考え、桂木場から将棊頭山を目指した。
桂木場から馬返し迄は、雪は有ったがアイゼン無しでのぼった。
桂木場から2時間30分余り高度を稼いでいない、山の懐の大きさを感じた。
大樽避難小屋、冬に仲間数人で将棊頭山を目指し、此処で敗退したことを思い出す。
此処から稜線への登りは、雪が締まってなく、アイゼンが、効きにくい、ストックにかなり頼ってのぼった。稜線に出ての絶景は疲れが吹っ飛んだ。
将棊頭山の存在感の大きさを感じ、さらにその先の木曽駒ヶ岳の素晴らしさに取り付かれた。
訪問者数:256人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ