また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2232816 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

東丹沢 表尾根縦走 大倉→塔ノ岳→ヤビツ峠

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月24日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
【神奈中バス時刻表 秦野駅〜ヤビツ峠】
http://www.kanachu.co.jp/sp/diagram/timetable?k=秦野駅&t=0&cs=0000801327-1&nid=00127715#timeTableList

【神奈中バス時刻表 渋沢駅〜大倉】
http://www.kanachu.co.jp/sp/diagram/timetable?k=渋沢駅北口&t=0&cs=0000800350-1&nid=00127899#timeTableList

【丹沢・大山フリーパス】
https://www.odakyu-freepass.jp/tanzawa/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
46分
合計
5時間22分
S大倉バス停07:0407:07大倉山の家07:22観音茶屋07:32雑事場ノ平07:3307:47一本松07:4807:59駒止茶屋08:05堀山08:0608:14堀山の家08:1508:28天神尾根分岐08:48花立山荘08:5309:00花立09:03金冷シ09:0409:16塔ノ岳09:4209:56木ノ又大日10:05新大日茶屋10:13書策新道分岐10:1410:18政次郎ノ頭10:1910:33行者ヶ岳10:3410:49烏尾山荘11:06三ノ塔地蔵菩薩11:0711:10三ノ塔11:1611:27二ノ塔12:05富士見橋12:26ヤビツ峠12:26ヤビツ峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【大倉尾根】
ぬかるみ、積雪無し

【表尾根】
ぬかるみ多し。行者ヶ岳付近に鎖のある岩場あり。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

大倉バス停
2020年02月24日 07:03撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停
富士山みえます
2020年02月24日 08:12撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山みえます
塔ノ岳山頂

大倉から2時間弱で到達
2020年02月24日 09:16撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂

大倉から2時間弱で到達
1
表尾根の山々
2020年02月24日 10:08撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根の山々
私が高校山岳部の時によく訪れた三ノ塔
避難小屋が新しくなっていた
2020年02月24日 11:09撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私が高校山岳部の時によく訪れた三ノ塔
避難小屋が新しくなっていた
気をつける
2020年02月24日 11:24撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気をつける

感想/記録

久しぶりに東丹沢の山へ行ってきた。このあたりの山域は高校山岳部時代に大変世話になった場所だ。新歓登山、新人大会、歩荷山行、沢登り、戸川の山岳スポーツセンターでのクライミングコンペなど、多くの思い出が詰まった場所である。

今回は大倉から大倉尾根を経由して塔ノ岳に登り、表尾根を縦走するといういたって典型的なルートである。しかし、これをトレースするのは高校山岳部の山行以来なので、自分にとってはとても感慨深いものがある。

朝の7時に大倉から登り出す。最初は寒かったので、体温を上げたいと思い、単独行であったのもあって、最初から爆走モードである。トレランの人以外の登山者をどんどん追い抜いていく。この季節の関東の低山にありがちな霜解けの不快なぬかるみもなかったので、かなり速いペースで登ることができた。塔ノ岳山頂には9時過ぎに到着した。大倉から2時間弱で着いてしまった。少し休んでから表尾根の縦走に取り掛かる。表尾根は景色こそ良いが、大倉尾根に比べてぬかるみでグチャグチャだったのは残念だった。アップダウンを繰り返しながら縦走を続け、昼過ぎにヤビツ峠に下山した。

今回は高校山岳部時代以来の塔ノ岳周辺をトレースできてよかった。諸事情により、丹沢やその周辺の山域に来れる機会は少なくなるが、いつかまた、高校山岳部時代の懐かしい思い出の場所へ登りに来たい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:227人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ