また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2239027 全員に公開 雪山ハイキング 日光・那須・筑波

うるう年、鬼怒沼湿原へ (奥鬼怒温泉郷から純白の世界へ)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年02月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
女夫渕温泉駐車場を利用。
一昨日の降雪にもかかわらず、道路はほとんどドライでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間49分
休憩
1時間8分
合計
8時間57分
S女夫渕温泉06:2407:05コザ池の滝07:0607:39八丁の湯07:4007:53加仁湯07:5408:03日光澤温泉08:0908:26丸沼分岐08:2709:10オロオソロシの滝展望台09:1211:00鬼怒沼11:0811:37鬼怒沼巡視小屋11:4012:04鬼怒沼12:0412:59オロオソロシの滝展望台13:0013:12丸沼分岐13:1213:27日光澤温泉13:3013:38加仁湯14:2514:32八丁の湯14:3214:54コザ池の滝14:5415:26女夫渕温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
写真コーナーの各コメントをご覧ください。

オロオソロシの滝展望台までは、トレース多数。雪がとても少ない。
標高1800mより上は雪深い。トレースは減り、新雪に埋もれていきます。
環境に落差があります。
その他周辺情報奥鬼怒温泉郷の各宿には自動販売機あり。
加仁湯温泉は、うどんなどのランチができそうだった。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

半月ぶりのこの登山口。前回は日光澤温泉の近くにあるノシ滝を見に行きましたが、今回はさらに先の鬼怒沼湿原をめざします。
2020年02月29日 06:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月ぶりのこの登山口。前回は日光澤温泉の近くにあるノシ滝を見に行きましたが、今回はさらに先の鬼怒沼湿原をめざします。
雪が激減していて、八丁の湯までは土や根、階段などが露出している状態。日陰は、特に朝、凍結していてゴリゴリと滑りました。
2020年02月29日 06:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が激減していて、八丁の湯までは土や根、階段などが露出している状態。日陰は、特に朝、凍結していてゴリゴリと滑りました。
カツタテノ滝は崩落していました。
2020年02月29日 06:46撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カツタテノ滝は崩落していました。
奥鬼怒温泉郷が近づいてきて、ようやく雪道歩きらしくなってきました。
2020年02月29日 06:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥鬼怒温泉郷が近づいてきて、ようやく雪道歩きらしくなってきました。
八丁の湯。そのまま加仁湯を過ぎて先を急ぎます。
2020年02月29日 07:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁の湯。そのまま加仁湯を過ぎて先を急ぎます。
日光澤温泉。今日も番犬サンボはマイペースに元気そうです。
2020年02月29日 08:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光澤温泉。今日も番犬サンボはマイペースに元気そうです。
3
日光澤温泉の上に出ます。天気予報の時刻どおりに青空がひろがってきました。
2020年02月29日 08:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光澤温泉の上に出ます。天気予報の時刻どおりに青空がひろがってきました。
氷瀑・ノシ滝は、まだなんとか形を保っていました。しかし、すこし小さくなっていて、上部で水が流れています。
2020年02月29日 08:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷瀑・ノシ滝は、まだなんとか形を保っていました。しかし、すこし小さくなっていて、上部で水が流れています。
4
油断からくる滑落に注意しながら、やや細いところを登っていきます。このあたりはトレースがはっきり。降雪でも埋もれきってはいません。
2020年02月29日 08:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油断からくる滑落に注意しながら、やや細いところを登っていきます。このあたりはトレースがはっきり。降雪でも埋もれきってはいません。
展望スポットからオロオソロシの滝が見えるらしいですが、よく分かりませんでした。空がキレイだから、まあいいか。
2020年02月29日 09:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望スポットからオロオソロシの滝が見えるらしいですが、よく分かりませんでした。空がキレイだから、まあいいか。
さて、ここからしばらくは長く急なつづら折りの樹林帯が続きます。
雪が深くなってきて、陽光で重く湿ってきました。ワカンを装着します。
2020年02月29日 09:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここからしばらくは長く急なつづら折りの樹林帯が続きます。
雪が深くなってきて、陽光で重く湿ってきました。ワカンを装着します。
冬らしい針葉樹林。雪塵が枝から落ちて、襟元にはいると悲鳴をあげます。
なお、ピンクテープや赤ペンキの目印はそこそこあるので迷いにくいと思います。
2020年02月29日 09:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬らしい針葉樹林。雪塵が枝から落ちて、襟元にはいると悲鳴をあげます。
なお、ピンクテープや赤ペンキの目印はそこそこあるので迷いにくいと思います。
スノーシューのトレースが轍になっています。そこに一昨日の降雪が乗っています。ありがたいトレースですが、ワカンだと脛あたりまでは沈むので、やはり大変。
2020年02月29日 09:47撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシューのトレースが轍になっています。そこに一昨日の降雪が乗っています。ありがたいトレースですが、ワカンだと脛あたりまでは沈むので、やはり大変。
とても重い雪が、ブーツの上、ワカンの上、そしてストックのスノーバスケットにまで乗り、まとわり付きます。払っても落ちにくく難儀しました。
2020年02月29日 10:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても重い雪が、ブーツの上、ワカンの上、そしてストックのスノーバスケットにまで乗り、まとわり付きます。払っても落ちにくく難儀しました。
標高を上げるごとにトレースは埋もれていきます。もう消えそうになると、一歩一歩が体力を奪っていきます。進まない。遠い。
2020年02月29日 10:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げるごとにトレースは埋もれていきます。もう消えそうになると、一歩一歩が体力を奪っていきます。進まない。遠い。
ノントレースになる標高に達したところで、いきなり視界がひらけました!
2020年02月29日 10:53撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノントレースになる標高に達したところで、いきなり視界がひらけました!
1
鬼怒沼湿原に到着しました。トレースの無い、白い世界。
2020年02月29日 11:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼湿原に到着しました。トレースの無い、白い世界。
4
独り占めするには持て余すほどの広大さ。我が相棒は、『ヤマノススメ』の登山家・雪村あおいだけなので。
2020年02月29日 11:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独り占めするには持て余すほどの広大さ。我が相棒は、『ヤマノススメ』の登山家・雪村あおいだけなので。
4
意を決して、南端から北端へと移動開始。汚れなき雪面に足跡を刻みます。途中、振り返ってトレースを満足そうに眺めました。
2020年02月29日 11:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意を決して、南端から北端へと移動開始。汚れなき雪面に足跡を刻みます。途中、振り返ってトレースを満足そうに眺めました。
3
雲は多いですが、良い天気。むしろ雲が景観に変化を与えてくれています。微風が心地よい。
2020年02月29日 11:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は多いですが、良い天気。むしろ雲が景観に変化を与えてくれています。微風が心地よい。
1
実は、先行するトレースもありました。まずは野ウサギ。
2020年02月29日 11:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は、先行するトレースもありました。まずは野ウサギ。
2
これは、短い歩幅ですが、シカの足跡ですかね。
2020年02月29日 11:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、短い歩幅ですが、シカの足跡ですかね。
4
鬼怒沼山の山頂が見えます。展望は無いらしいです。雪が溶けて、ワタスゲが湿原に咲く頃、またここに来て登頂したいと願います。今回はこのスノーフィールドだけで大満足!
2020年02月29日 11:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼怒沼山の山頂が見えます。展望は無いらしいです。雪が溶けて、ワタスゲが湿原に咲く頃、またここに来て登頂したいと願います。今回はこのスノーフィールドだけで大満足!
3
尾瀬と日光のあいだに位置する鬼怒沼山。北端からは、とうぜん燧ヶ岳など、豪雪の山も眺望できました。
2020年02月29日 11:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬と日光のあいだに位置する鬼怒沼山。北端からは、とうぜん燧ヶ岳など、豪雪の山も眺望できました。
2
北端から南端に戻ります。自らが付けたトレースを再確認。円形劇場を真っ二つに割ったみたい?
2020年02月29日 11:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北端から南端に戻ります。自らが付けたトレースを再確認。円形劇場を真っ二つに割ったみたい?
2
雲が流れ、日光白根山がその勇姿をあらわしました。なんて贅沢な絵。ひいひい言いながら登ってきた甲斐がありました!
2020年02月29日 12:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が流れ、日光白根山がその勇姿をあらわしました。なんて贅沢な絵。ひいひい言いながら登ってきた甲斐がありました!
1
白根山アップ。
2020年02月29日 12:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山アップ。
4
標高2000m以上の円形劇場を囲む、針葉樹の観客たち。
2020年02月29日 12:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2000m以上の円形劇場を囲む、針葉樹の観客たち。
これだけの高層湿原を独占してしまいまして、まことに申し訳ありません。最高か。
2020年02月29日 12:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけの高層湿原を独占してしまいまして、まことに申し訳ありません。最高か。
2月ラストの鬼怒沼湿原、堪能しました。楽園でした。名湯にはいるために下山開始します。
2020年02月29日 12:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月ラストの鬼怒沼湿原、堪能しました。楽園でした。名湯にはいるために下山開始します。
午後の湿雪、ますます重い。冬の森林歩きは好きですが。お、重い。
2020年02月29日 12:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の湿雪、ますます重い。冬の森林歩きは好きですが。お、重い。
下山は、自らのトレースがあるから。そのように甘く見ていましたが、どっしりとまとわり付いてくる雪。なかなか剥がれなくて、疲労困憊。
2020年02月29日 12:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は、自らのトレースがあるから。そのように甘く見ていましたが、どっしりとまとわり付いてくる雪。なかなか剥がれなくて、疲労困憊。
日光澤温泉まで帰還しました。ヘロヘロ。暑いので、観光地価格のアイスコーヒーを買ってしまいました。
2020年02月29日 13:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光澤温泉まで帰還しました。ヘロヘロ。暑いので、観光地価格のアイスコーヒーを買ってしまいました。
この前は日光澤温泉に入ったので、今回は加仁湯温泉の日帰り温泉をあじわうことにしました。午後15:00まで。800円。
2020年02月29日 07:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この前は日光澤温泉に入ったので、今回は加仁湯温泉の日帰り温泉をあじわうことにしました。午後15:00まで。800円。
伝統と名湯。
2020年02月29日 13:51撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝統と名湯。
1
いくつかの浴場があるようですが、混浴の露天風呂が広そうなのでそこに浸かりました。日光澤温泉に近いのに、まったく別の泉質。
2020年02月29日 14:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの浴場があるようですが、混浴の露天風呂が広そうなのでそこに浸かりました。日光澤温泉に近いのに、まったく別の泉質。
湯気を陽射しが照らします。せわしない日帰り登山と日帰り入浴ではありますが、良い時を過ごさせていただきました。
2020年02月29日 14:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯気を陽射しが照らします。せわしない日帰り登山と日帰り入浴ではありますが、良い時を過ごさせていただきました。
帰路、八丁の湯を見上げて。次回、6月頃に鬼怒沼山に行く際は、ここに入ろうか。手白澤温泉まで足を延ばすか。そんな考え事をしながら女夫渕へと帰りました。
2020年02月29日 14:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、八丁の湯を見上げて。次回、6月頃に鬼怒沼山に行く際は、ここに入ろうか。手白澤温泉まで足を延ばすか。そんな考え事をしながら女夫渕へと帰りました。
下山後。川治温泉の「和風らぁめん いかり」でロースらーめん。
好天のもと、雪が豊富なうちに行きたい場所に行けて大勝利でした!
2020年02月29日 17:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後。川治温泉の「和風らぁめん いかり」でロースらーめん。
好天のもと、雪が豊富なうちに行きたい場所に行けて大勝利でした!

感想/記録
by sprout

2月11日に奥鬼怒温泉郷に行ったヤマレコはこちら↓

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2216349.html

この時はまだ「次にこっちに来るのはワタスゲシーズン」とか言っています。

しかし、積雪期の鬼怒沼も楽しいとの情報が。
気持ちが揺らぎ、けっきょく2月のうちに来てしまいました。

雪の少ないこの暖冬ならば、と目論みましたが、なかなか侮り難いハードな行程でした。
それでも雪が豊富なうちに訪れることができて、大成功と言える山行でした。

加仁湯温泉も、趣のある秘湯でした。

次こそは、ほんとうにワタスゲの咲く頃に、再々訪します。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:507人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ