また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2242199 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

十石山〜今回も出会いアリ〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間2分
休憩
37分
合計
7時間39分
Sスタート地点03:1103:37十石山登山口03:3903:54スーパー林道方面道標05:28湯沢ノ平07:01十石東尾根08:01十石山08:0408:14十石峠避難小屋08:2608:45十石東尾根09:0209:57湯沢ノ平10:21十石山方面分岐10:38十石山登山口10:4110:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 チェストバッグ 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル(雨具兼) タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 バラクラバ ブーツ ヘルメット ゴーグル ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ガムテープ 常備薬 保険証 携帯 サングラス 非常食 行動食 保温ボトル ツェルト ウィペット ナイフ カメラ スキー シール SJCAM4000:通称パチプロ トランシーバー(VX-6) ドンジョイ

写真

今日も早出。
2020年03月01日 03:15撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も早出。
早々にクトー
2020年03月01日 03:28撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々にクトー
これは…帰りは雪切れ確定だな。
2020年03月01日 03:46撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは…帰りは雪切れ確定だな。
みぎ〜。
2020年03月01日 03:52撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みぎ〜。
夜が明けた。
2020年03月01日 06:11撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けた。
彩り。
2020年03月01日 06:24撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彩り。
4
アサー!
2020年03月01日 06:29撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサー!
1
ここらの雪は、今のところ軽い。
2020年03月01日 06:35撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらの雪は、今のところ軽い。
1
振り返れば絶景。
2020年03月01日 07:19撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば絶景。
6
今回の勉強のテーマは、山頂直下の斜面の登り方。
2020年03月01日 07:37撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の勉強のテーマは、山頂直下の斜面の登り方。
1
アイスの固さを確かめたら、そんなに固くない。
エッジグリップする。
2020年03月01日 07:41撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスの固さを確かめたら、そんなに固くない。
エッジグリップする。
で、まぁ山頂なんですが。
今日も吹き荒れてるんですな。
2020年03月01日 08:03撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、まぁ山頂なんですが。
今日も吹き荒れてるんですな。
2
この時間帯だけ、予報が強風ってわかってたけど。
2020年03月01日 08:03撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間帯だけ、予報が強風ってわかってたけど。
4
小屋まで退避してシールオフ。
2020年03月01日 08:12撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まで退避してシールオフ。
ファーストトラック頂きました。
シュプールが寝てるのは、ご愛敬。
2020年03月01日 08:32撮影 by KYV46, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ファーストトラック頂きました。
シュプールが寝てるのは、ご愛敬。
4
光に向かって進め〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光に向かって進め〜!
4
樹林帯に入ったので休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ったので休憩。
座れる所が無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座れる所が無かった。
少し下ったあたりから。
良さげに見えるが、重雪で疲れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ったあたりから。
良さげに見えるが、重雪で疲れる。

感想/記録

コロナの影響は多方面に波及している。
今日は自治会総会が中止になってしまった。
残念だ、あぁ実に残念だ。
仕方がない、コロナの影響が少しでも低くなるように、健康な身体を作る為、適度な運動をしよう、人が多い場所はいけないから山奥がいいな…。

と、いうワケで今週も山だ。
コロナだよ、コ ロ ナ。
人混みを避けて、体力作りだ。
マスクが品薄だから、バラクラバで代用しよう。

これくらいで止めとかんと、不謹慎だと叱られるか?
さて、先週、爆風にビビって事前敗退した十石山を仕切り直しだ。
夕方に他用があるから、早出で早帰着を狙おう。
とはいえ3時は早過ぎだったかな?
寒く無かったからヨシとしよう。
黙々と登って難しさも無かったのであっさりと山頂直下の斜面取り付きだ。
先週は四ッ岳山頂直下斜面を大して考えもせずに突っ込んで苦労したから、今回は良く考えてルート取りや登るスタイルを考えよう。
樹林帯の端から山頂を眺めると、左手に樹林が先まで伸びているし、吹き溜まりが多めにありそうに見える。
小屋に先に上がりたい気もあったが、オープンバーンを踏みたくない思いもあるし。
結果、難なく登頂。
但し頂上に乗越したら正面から激風。
まったく今週もかよ…。
写真を撮ったら、
さっさと小屋まで退避だ。
シールオフしてとっととズラかろう。
で、お約束のポカだ。
ウェアラブルカメラのセットを忘れて数メートル進んじまった。
小屋陰にカニで戻ってカメラセット。
これだけでも10分余分に掛かった。
斜面の光り方を凝視して、アイスを徹底的に避けるが、避けきれず一回踏んだらズレるズレる…。もう少し固かったら抜ける所だった。
樹林帯まで来れば風の影響無し、少し休んでから帰路を急ごう。
細尾根なので、尾根脇をあっちいったり、こっちいったり。
尾根芯から離れすぎると尾根復帰出来なくなるから気を使う。
ある程度下ったら、後続の登山者さんたちとスライド。
その内の一組の方々と少し話す中で「どちらから?」と尋ねられた。
お答えをしたら「(私の本名)さん?」と。
え?何で私の事知ってるの?と唖然としてたら「T中ですよ!先日JUNDrさんたちと一緒に滑ったじゃない。」と。
何と今日も出会いだ。
飛騨の重鎮のT中さんとの再会であった。
暫しお話しをさせて頂き先に進む。
っと、進まないじゃない登り返しだ。
片方シールでケリンチョしてたら、もう一方スライド。
私の短板が気になったらしい。
ヤマレコ見に来てくれるとの事なので、下に板の紹介を貼っておこう。
他、質問も何なりと。
https://www.yamareco.com/modules/diary/153917-detail-203403
標高下げれば、どんどん雪が重くなってきて、脚に負担が掛かる。
いい加減キツいな、と思い始めたら雪切れポイント。
数メートル板外したけど再度滑走。
程無く登山口まで到着〜。
早出の甲斐あって午前帰着でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:366人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

乗越
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ