また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2251147 全員に公開 山滑走 栗駒・早池峰

早池峰山 北面門馬口を経て、アイオン沢から往復。山スキー使用

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇り、頂上部はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道106号線から林道に入ると、すぐに道路上に雪が凍り付いた状態になり、轍も深いので、自分の車では危険を感じて最終人家までは入らず、15分ほど手前の路肩に駐車した。
クロカンタイプの車なら、問題無く最終人家まで入れると思うが、その辺りには適当な駐車場所が無い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間9分
休憩
31分
合計
9時間40分
Sスタート地点06:1007:33門馬コース登山口07:3412:41早池峰山12:47早池峰山頂避難小屋13:0013:04早池峰山13:0614:36門馬コース登山口14:5115:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
スマホGPSアプリの不調で、往路は握沢(門馬)登山口手前からしかログが取れなかった。
駐車した場所から50m歩いただけですぐにスキーが使えたが。最終人家付近は路面が露出していたので一旦スキーを外した。以降は頂上往復の全行程で、スキーを履いたままで行動できた。
林道上には、アイオン沢出合付近まで数日前と思われるスキーのトレースが薄っすら残っていた。
今日は雪が締まっており、林道上では全くラッセルは無く、上部でも深い所で靴が隠れる程度の軽いラッセルだった。
林道を忠実に辿り、アイオン沢出合〜林道終点までは林道を離れて沢沿いに登るショートカットルートを使ったが、林道から離れてすぐの斜面は木々の密度が高く、登りも下りもかなり苦労した。
林道終点からの崩壊地の斜面は、積雪が安定していたので問題無かった。
その後頂上稜線から1522m標高点に向かって伸びる尾根に沿って登るが、雪がクラストして来てクトーを装着した。
更に上部に登るとアイスモンスターだらけとなり、それらの間を縫うように登下降した。頂上のお堂も、避難小屋もアイスモンスターと化しており、元の部分は全く出ていなかった。
頂上稜線は、ガスで覆われ視界が20m程しか無かったので、登りのトレースを探しながら下り、林道に出てからも門馬登山口付近までは手漕ぎをしながら滑り、そこからは再びシールを着けて、駐車場所まで戻った。

装備

備考 いつも通りのスノーシューズの他、アイゼン、ピッケルも持って行ったが、全く使用しなかった。

感想/記録

10年以上憧れていたこのルートを、初めて行く事ができた。
例年なら、この時期はもう出稼ぎに出ているので、なかなかチャンスを得る事が難しいが、今年はコロナと暖冬・少雪により大半の仕事がトンでしまったので、遂に行く事ができた。
ラッセルも少なかったが、稜線に出るとアイスモンスターだらけでホワイトアウトになる事も多かったので、往路のトレースをほぼ忠実に下った。
このルートは積雪状態の良い時に取り付かねば、かなり苦労する事になりそうだ。
帰路の林道も、門馬登山口付近までは手漕ぎしながらなんとか下れたが、そこから駐車場所まではシールを使用した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:195人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ