また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2251892 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 休暇村〜 好天無風の山頂を楽しむ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候快晴、無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
休暇村 乗鞍高原
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4:30 自宅出発 -1℃
5:45 乗鞍高原第7駐車場到着 -9℃

6:19 乗鞍高原第7駐車場出発
10:20 肩ノ小屋到着

10:26 肩ノ小屋出発
11:25 乗鞍岳山頂到着

12:00 乗鞍岳山頂出発
12:42 肩ノ小屋到着

13:00 肩ノ小屋出発
14:58 乗鞍高原第7駐車場到着

平面距離  14km
沿面距離  14.4km
記録時間 08:40:11

最低高度 1,586m
最高高度 3,028m

累計高度(+) 1,470m
累計高度(-) 1,477m

平均速度 1.7km/h
最高速度 11km/h
コース状況/
危険箇所等
圧雪されたスキー場ではアイゼンでもほぼ沈まないが、コースを外れると股下まで埋まってしまう
肩の小屋までの登りはスノーシュー使用
肩の小屋から上はアイゼン&ピッケル使用
風がないため危険に感じる箇所はほぼなかった

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール

写真

休暇村駐車場西からゲレンデに登る
初めてのスノーシュー
2020年03月07日 06:18撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休暇村駐車場西からゲレンデに登る
初めてのスノーシュー
快調にスキーで進むリーダー
2020年03月07日 06:36撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快調にスキーで進むリーダー
山頂が輝いている
少し遅れてスノーシュー隊
2020年03月07日 06:44撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が輝いている
少し遅れてスノーシュー隊
三本滝レストハウス
2020年03月07日 06:50撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本滝レストハウス
さあこれから急斜面を登ります
2020年03月07日 06:52撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあこれから急斜面を登ります
登りました
2020年03月07日 07:03撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りました
リーダーの案内でここから一旦左に折れて正面の急斜面を避けて登る
2020年03月07日 07:03撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダーの案内でここから一旦左に折れて正面の急斜面を避けて登る
登って来た斜面を再度見下ろす
2020年03月07日 07:04撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た斜面を再度見下ろす
山頂を見ながら登る
急斜面を迂回しているので楽
2020年03月07日 07:08撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を見ながら登る
急斜面を迂回しているので楽
スキー場最上部
2020年03月07日 07:20撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場最上部
お腹が鳴り出したので、ここで羊羹とエナジーゼリーを補給
2020年03月07日 08:51撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹が鳴り出したので、ここで羊羹とエナジーゼリーを補給
1
正面が肩ノ小屋口トイレ
左上に肩ノ小屋が見えている
2020年03月07日 09:17撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が肩ノ小屋口トイレ
左上に肩ノ小屋が見えている
肩ノ小屋口トイレが見えているけれどなかなか到着しない
2020年03月07日 09:21撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋口トイレが見えているけれどなかなか到着しない
肩ノ小屋口トイレに到着
ずっと下から見えていたので、ここまで来たら休憩したいと思っていたが、さらなる登りが続くので先に進む
2020年03月07日 09:34撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋口トイレに到着
ずっと下から見えていたので、ここまで来たら休憩したいと思っていたが、さらなる登りが続くので先に進む
ようやく肩ノ小屋
ここまでの緩い登りが地味ーにきつかった
2020年03月07日 10:05撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく肩ノ小屋
ここまでの緩い登りが地味ーにきつかった
1
大気中の酸素濃度調査中と思われるお二人
3000m近くまで登るとさすがに空気が薄い
2020年03月07日 11:12撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大気中の酸素濃度調査中と思われるお二人
3000m近くまで登るとさすがに空気が薄い
1
朝日岳山頂に到着
2020年03月07日 11:14撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂に到着
蚕玉岳に到着
エビの尻尾もわずかだ
2020年03月07日 11:15撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蚕玉岳に到着
エビの尻尾もわずかだ
リーダーは待ちくたびれた様子?
2020年03月07日 11:18撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダーは待ちくたびれた様子?
1
もうすぐ到着しますよ
2020年03月07日 11:19撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ到着しますよ
ようやく剣ヶ峰山頂に到着しました
2020年03月07日 11:28撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく剣ヶ峰山頂に到着しました
大日岳と奥に御嶽山
2020年03月07日 11:32撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳と奥に御嶽山
乗鞍本宮
2020年03月07日 11:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍本宮
1
乗鞍観測所
2020年03月07日 11:53撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍観測所
肩ノ小屋と乗鞍観測所
2020年03月07日 11:53撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋と乗鞍観測所
奥は常念岳
鼻がずいぶんと長く見える
2020年03月07日 11:53撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は常念岳
鼻がずいぶんと長く見える
下山開始
2020年03月07日 11:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始
結構な傾斜を下って来ました
2020年03月07日 12:21撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な傾斜を下って来ました
リーダーを残して一足先にアイゼン隊は出発
2020年03月07日 13:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダーを残して一足先にアイゼン隊は出発
肩ノ小屋を振り返る
2020年03月07日 13:02撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋を振り返る
ダケカンバが少し赤い
2020年03月07日 13:31撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバが少し赤い
こっちの方が赤みがわかる
2020年03月07日 13:32撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの方が赤みがわかる
ズブズブしながら下ります
2020年03月07日 13:37撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズブズブしながら下ります
帰宅途中に見えた乗鞍岳
昼にはあの山頂にいたのか
2020年03月07日 16:33撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅途中に見えた乗鞍岳
昼にはあの山頂にいたのか
1

感想/記録

3月1日、飛騨の山友さんから前掛山の山行報告とともに2週間前の乗鞍岳山行のリベンジへのお誘いがあった。
2週間前の乗鞍岳は風速30m/sを超すような暴風が吹き荒れて、肩ノ小屋から少し登った所で撤退を余儀なくされていた。
拝見させていただいた写真でも暴風による地吹雪がいかに激しい物か一目でわかった。

今回ここまでの風がなくてもそれなりの装備が必要だと考え、山友さんからいろいろと教えていただきながら準備をした。
まずはピッケル。今まで雪のある山をいくつか歩いているが、ピッケルを必要とするような急斜面のトラバースが必要な山にはそもそも自分の技量では近付くことも無理だと考えていた。
そしてゴーグル。少し風が強い時に地吹雪で顔が痛いことはあったし、強風でなくともゴーグルをされて登っている方を見かけたこともあったが、あまり必要性を感じていなかった。
しかし乗鞍岳の地吹雪写真を見ると必要性が良くわかる。
いつも山道具は必要になってから買い足して来たので、今回は良い機会と手袋やネックゲーターも山用として買い足した。
やはり山用はそれなりに良く出来ていて快適だった。

6時半位から登り始める方が多いということで、6時前には休暇村の駐車場に到着するよう少し早めに自宅を出発。
途中コンビニに寄っても1時間15分で到着した。
車の温度計を見ると−9℃、暖冬の春とは言え冷え込みを感じる。

前日に2人または3人と一緒に登ることを聞いていたが、全員で5人のパーティーとなった。リーダーはスキーで登る山友さん。
いつもならしない下半身の防寒としてレインパンツをアウターとして履き、上半身は「少し寒いくらいの格好で」との山友さんからのアドバイスで中綿入りのパーカーから薄手のアウターに着替えた。

お借りしたスノーシューの扱いやピッケルの収納についても山友さんから教わり、手伝ってもらいながら準備。
乗鞍高原第7駐車場西側から雪があり、すぐゲレンデにつながっている。
スノーシュー初体験で止め方さえわからない。今日は山友さんにおんぶにだっこ、すべて面倒を見てもらうことになった。

雪が堅く、一歩一歩ザクザクと爪の刺さるいい音がする。
夜が明けて来てゲレンデが少し赤らみ、真っ白な山頂が輝いている。
薄手の手袋だけにしたので、少し手は冷たいがこのうえない好天でスノーシュー歩きが気持ちいい。

ゲレンデの急斜面を登るが、スノーシューのヒールリフターを上げるととても楽に登れた。朝の締まった雪でもアイゼンでなく、スノーシューで登る理由がよくわかった。
最初の急斜面を登り切ると山友さんの案内で左に折れて次の急斜面を迂回して登る。この迂回は到着時間も変わらずに急斜面を避けられるので楽することが出来る。
帰りは迂回しなかったので、下りとは言え少し大変だった。

ゲレンデ最上部の案内板を過ぎてほどなくすると位ヶ原に到着。樹林帯を抜けて白い山肌が広がる。
ダケカンバの林を縫うようにトラバースぎみにスノーシューで歩くとあることに気付いた。山側だけに負担があってきつい。まるで奥行きの長い階段を同じ足ばかりで上がるようだった。

肩ノ小屋口トイレのがずいぶんと下から見えていて急斜面でもないのだが、なかなか近付かない。地味にきつい登りだ。
トイレは冬期閉鎖中で利用出来ないが、雪の壁が出来ているので風の強い日には風を避けながら休憩は出来そうだ。
ここから少し傾斜は増すが、肩ノ小屋まではあと少し。

肩ノ小屋に到着してようやく休めると安堵し青空が減ってずいぶんと曇って来たことに気付いた。写真を見ると位ヶ原辺りから曇っていたようだが、歩を進めるのにやっとでそれに気付いていなかった。
天気予報も晴れから曇りになるとのことだったので、青空もここまでかと思っていたらほどなくして青空が全体に広がった。

気温が高く、手袋なしでも問題ないが、山頂での風はわからないので、フードの無いアウターからパーカーに着替えた。
そしてスノーシューからアイゼンに履き替え、ザックをデポしカメラとピッケルだけを持って山頂に出発。

山頂は見上げる程にまだまだ上にある。シュカブラが美しいので写真を撮りながら登る。
斜面のトラバースでは雪が柔らかかったり堅く締っていたり場所によって大きく状態が異なる。
堅く締まってアイゼンの爪も深く入らない場所は僅かな距離だったがピッケルを意識的に使って歩いてみた。

山友さんが既に山頂鳥居でこちらの様子を見ているのは分かっていたが、三人でのんびり3000m峰の空気の薄さを感じながら登り、ようやく山頂に到着した。
山頂には本宮があるので一点で360度のパノラマビューとはならないが、西には大日岳と御嶽山、霞んではいるが白山や飛騨の街が見える。
本宮の東に回ると穂高連峰と常念山脈が見える。

自身の撮影した写真を見ると鳥居全体や本宮全体の写真がなく、初めて見る山頂の様子が残せていなかった。メンバー皆が様々な写真を撮ってくれているので、ここはぜひ撮っておかないとという気持ちが薄れていたようだ。こんなところでもソロと違って、おんぶにだっこで緊張感の無い自身の気持ちがうかがえる。

山頂をたっぷり楽しんだ後、肩ノ小屋に戻って昼食をとった。
日差しが強いので日を背に座っていたが背中も熱い。ビーチパラソルでもほしいくらいに好天が続いている。

13時になりスノーシューをザックに付けて、下山開始。
山友さんはスキーで我々アイゼン隊を後ろから前から撮影しつつ、見事なシュプールを描きながら下山。要所要所で休憩しながら待っていてくれる。
アイゼンでは20cm程埋まることもあるが問題なく下れる。圧雪されたゲレンデを少し外れると股下まで埋まることもあったが、おかまいなしに突き進んだ。
スキー場の最下部近辺はシャーベット状になっていたが、他は積雪量も多くとても良い雪質だった。

皆ここまで気温が上がることを想定していなかったので、持参した水分量がやや不足気味だった。
駐車場に到着してから輪になってコーヒーブレイク。
この時は疲労感を感じつつ、距離も長いし好天も少なそうなので、なかなかリピートは難しいなと思った。

松本から乗鞍岳が終日見える日は10%くらいだろうか?
いつも、朝、乗鞍岳が見えるだけでテンションが上がる。
本日は夕方になっても美しい山容が見えていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:289人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ