また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2256415 全員に公開 雪山ハイキング 磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候朝からずっと小雪が降り続ける
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
51分
合計
6時間7分
S奥岳登山口08:3409:41八の字09:4110:05勢至平分岐10:0510:21金明水10:2110:35くろがね小屋11:0811:37峰の辻11:4311:56矢筈森12:04峰ノ辻分岐12:0612:08沼尻分岐12:0912:31安達太良山12:3813:15仙女平分岐13:1513:35あだたら山ロープウェイ 山頂駅13:3713:44薬師岳13:49五葉松平13:5014:43奥岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に雪少ない
登山口から勢至平分岐前までは凍った雪の上にうっすら雪が乗っており滑りやすい

写真

最近俺が登る時はこんな感じばっかだな
2020年03月14日 09:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近俺が登る時はこんな感じばっかだな
くろがね小屋で休憩
燃料代300円
おやじさんと話ししてたら長居してしまった
2020年03月14日 10:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろがね小屋で休憩
燃料代300円
おやじさんと話ししてたら長居してしまった
やっぱ雪少ないな
2020年03月14日 11:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱ雪少ないな
ここまで近づけば山頂もはっきり
2020年03月14日 12:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで近づけば山頂もはっきり
今日はてっぺんまで
2020年03月14日 12:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はてっぺんまで
コーラ!
2020年03月14日 12:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーラ!
スノーモンスターはもういない・・・
2020年03月14日 13:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーモンスターはもういない・・・
たまには薬師岳での画像
2020年03月14日 13:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまには薬師岳での画像
撮影機材:

感想/記録

昨日の朝は天気良かったのに登れる日に限って曇りか雪。お天道様に嫌われてるのか。
それでも登山口での気温4度、歩き始めから暖かい。
スキー場は雪も客も少なく、駐車場もかなり空いている。

登山口からすぐ、積もった雪がガチガチに凍っていて滑る。早めにアイゼン装着。
登山者も少ないがこの時間にすれ違うのは小屋泊の人かな。
程なくくろがね小屋へ、久しぶりに休憩に入る。
小屋番のおやじさんと世間話。
気付けば30分近く過ごしてしまった。
また来なきゃ。

雪は降り続いているが風は穏やかなので、峰の辻から馬ノ背へ。
沼の平火口を見ようと思ったら・・・まあ予想はしていたけどね。
ガスガスで何も見えませんでした。写真の一枚も撮らず。

山頂直下を巻いていく所はちょっと怖い。
昼過ぎたばっかりなのに広場は誰もいない。
こんな天気じゃ登山者も少ないわな。
登頂祝いだ、コーラで乾杯!
下ってくるとスノーモンスターはすでに・・・
今年は春が早そうだなぁ・・・
お疲れ様でした。

くろがね小屋のおやじさんとの話。
先日勢至平分岐あたりまでサンダルで登ってる人を他の登山者が見つけたとの事。
今時そういう人もいるのか、とびっくり。
山頂まで行こう、って考えてた訳じゃないんだろうけど。

死亡に至る遭難でもなければニュースにならないものの、潜在的な遭難予備軍って想像するよりも多いのかも知れない。
安達太良山はグレード的には優しい山でも昨年には低体温症で2人が亡くなっている。
他の山域でも昨年は無謀登山でニュースになった死亡事故がチラホラ。
「標準コースタイムプラス休憩を多めに見て早めに来てね、
天候悪そうなら無理に来ないでね、って予約の時に言うけどなんの強制力もないしね。
撤退すればまたチャンスはあるけど死んだら終わりなのに」との事。

他人を変えるのは難しいけど、まず自分が遭難の当事者にならないよう、
事前の情報収集、装備の点検、撤退の判断、万一への備え、その他諸々・・・
色々考えながら歩いた1日でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:288人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ