また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 227077 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

五台山〜一本松〜御林山〜鞘口峠

情報量の目安: S
-拍手
日程 2012年09月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
気温(青梅)
スタート23.2℃(13:00)→最高24.4℃(14:15)→ゴール21.6℃(19:50)
アクセス
利用交通機関
自転車
自転車です

メモ
行き(上り) 2時間18分
帰り(下り) 約2時間(足痛い) 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

西川橋バス停13:02→五台山13:50→浅間尾根合流地点(一本松下)14:24→御林山15:48→奥多摩周遊道路16:01→風張峠近くの尾根合流地点(1249m)→鞘口峠16:51→奥多摩周遊道路18:09→西川橋バス停19:46

移動時間…6時間44分
移動距離…21km
平均速度…3.12km/h (山道 約2.54km/h,道路 約4.95km/h)

コース状況/
危険箇所等
【西川橋バス停→五台山】
国土地理院の地図の黒破線を歩こうと進む。林道(舗装路)を少し登り左折し(橋を渡る)、民家の脇をすり抜けていくと山道(土)に出る。山道を少し登ると林道(砂利)と交差する。黒破線はそのまま直進し、斜面を登るが、歩き易さにつられて林道を左へ追ってしまった。少し進んで間違いに気がついたが、地図を見ると少し先で神社に出て、神社のすぐ後ろの尾根から五台山へ行けそうだったので、そのまま神社を目指す。神社(五社神社)について裏手に回ると案の定 踏み跡が見つかる。これを進むがすぐに尾根を巻く道になる。引き返して尾根を登るか、巻き道を進んで尾根に続く道があることを期待するか…。後者に賭けて 巻き道を進む。少しすると小屋が有り、その先で踏み跡は消える。ここであきらめて尾根への直登を決意する(右折 標高680m地点)。日向地帯は酷い藪だったが、すぐに日陰地帯に入り、それほど苦労なく尾根(標高720m地点)まで登れた。尾根には踏み跡と呼べるような跡はなかったが、日陰なので草はあまり生い茂っておらず、難なく進める。そのまま尾根を追い、五台山(792m)へ到着。何の変哲もない小ピークだが真新しい山名表示があった。

【→浅間尾根合流地点(一本松下)】
五台山から少し進むと広い尾根から左右に道が分かれる。地図を見て右へ進む。小さい起伏の楽な道をしばらく進むと、道が左右に分かれる、左が黒破線の尾根を巻く道。右は尾根を登る道。浅間尾根に登るには当然尾根道を進む(902m峰を目指す)。尾根を追って難なく902m峰へ到着。看板はあるが、山名表示は無し。そもそも山名が不明だが。902m峰の先は尾根が広い上に踏み跡も無し。方角を確認し、少し下ると鞍部が見えてきたので、方向を少し修正して鞍部を目指す。鞍部は一箇所なので、斜面が続くようだと間違い。浅間尾根から下って来た場合だと間違えないだろう。鞍部から一登りで浅間尾根に到着。「一本杉(一本松)」の表示があるが、一本松の山頂はこの奥にある(一登り必要)。

【→御林山】
常に巻き道で楽な道。ピークに続く踏み跡はあるが、全て登るとかなり大変そう。御林山へは巻き道を外れ少し登る。山頂自体はとくに代わり映え無し。途中で1回林道を横切る。

【→風張峠近くの尾根合流地点(1249m)】
奥多摩周遊道路を横切り、再び山道へ取り付くが、超急登。木の根が階段のステップのような状態になっており、しばらく登る。急登終了後は、斜面に付いた細い道を進む。ここも少し危険。その後尾根に乗り、尾根沿いを進み風張峠近くの尾根に合流する。

【→鞘口峠(さいぐちとうげ)】
尾根伝いに進む。途中に砥山(とやま)があるが、知らずに巻いてしまった(がっかり…)。終盤少し下って鞘口峠。

【→奥多摩周遊道路】
三頭山を目指していたのだが、さすがに時間が無さ過ぎる。この時期18時にはかなり暗い。鞘口峠〜三頭山の中間まで来るが、無念の下山(確か17:22頃)。コマドリの路から下った。途中に展望台(小屋)と野鳥を観察する小屋があった。自身2度目の三頭大滝を観光し、ケヤキの路で道路への最短ルートを進む。

【→西川橋バス停】
延々と続く舗装路地獄(約8km)。途中に三頭沢へ下るショートカットコースがあるが、真っ暗だったので行きませんでした。これもがっかり。


出会ったハイカー …0人(熊鈴の音は聞きましたが、すれ違わず)
出会ったトレイルランナー…5人(鞘口峠)
出会った動物……テン1匹(橙色ベースに黒ブチ模様),他は大きめの音は聞こえたが姿は見えず。
消費飲料水…1.9ℓ完飲
過去天気図(気象庁) 2012年09月の天気図 [pdf]

写真

自転車で登山口へ向かう途中、秋川沿いに花が咲き乱れていました。
→キバナコスモス
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車で登山口へ向かう途中、秋川沿いに花が咲き乱れていました。
→キバナコスモス
五社神社
人が居たので この距離から
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五社神社
人が居たので この距離から
尾根を巻く道を進むと小屋がありました。この先で踏み跡消える。(振り返って撮影したので写真奥から来ました)
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を巻く道を進むと小屋がありました。この先で踏み跡消える。(振り返って撮影したので写真奥から来ました)
ようやく尾根に合流。ここを登ります。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく尾根に合流。ここを登ります。
五台山広域
山名標識しか有りません。良くこんなへんぴなところに取り付けたものだ。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五台山広域
山名標識しか有りません。良くこんなへんぴなところに取り付けたものだ。
少し進むと社有り
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと社有り
902m峰
看板のお出迎え 結構賑やか
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
902m峰
看板のお出迎え 結構賑やか
浅間尾根に合流
ここが一本松だと思いきや、山頂はこの奥に。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根に合流
ここが一本松だと思いきや、山頂はこの奥に。
登ってきた道を振り返って。知らないと道があるとは思わないよなぁ。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り返って。知らないと道があるとは思わないよなぁ。
浅間尾根をしばらく進むとこの標識が…。行ってみました。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根をしばらく進むとこの標識が…。行ってみました。
一本松の山頂に到着!
知らなかった…。さっきのは一本松(の近く)という意味だったのか。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松の山頂に到着!
知らなかった…。さっきのは一本松(の近く)という意味だったのか。
今日の“お花の名前を覚えよう”のコーナーはこれ。紫色で変わった形のお花です。名前は調査中。
→不明
→ツリフネソウと判明
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の“お花の名前を覚えよう”のコーナーはこれ。紫色で変わった形のお花です。名前は調査中。
→不明
→ツリフネソウと判明
サル石
サルの手形があるらしいですが、どこだか分かりません。ていうか探すにしては岩が大き過ぎる…
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サル石
サルの手形があるらしいですが、どこだか分かりません。ていうか探すにしては岩が大き過ぎる…
すぐに北側の展望が開ける。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに北側の展望が開ける。
分岐点に出ました。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点に出ました。
大して登らず、その後も楽チンロードを進みます。数馬峠(藤原峠)
石像と看板があります。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大して登らず、その後も楽チンロードを進みます。数馬峠(藤原峠)
石像と看板があります。
今日のお花のコーナー
これも変わった形。花の中からもう一個花が飛び出している感じ。→ヤマホトトギス
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお花のコーナー
これも変わった形。花の中からもう一個花が飛び出している感じ。→ヤマホトトギス
御林山に到着!
広域
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御林山に到着!
広域
御林山標識アップ
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御林山標識アップ
奥多摩周遊道路に出ました。バイクが攻めています。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩周遊道路に出ました。バイクが攻めています。
ここからまた山道へ。登り始めが超急登!
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからまた山道へ。登り始めが超急登!
斜面沿いの細い道。霧で視界も悪く不気味な雰囲気…。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面沿いの細い道。霧で視界も悪く不気味な雰囲気…。
尾根を進んで鞘口峠に到着。ここでようやく山中での本日最初の人に会う。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を進んで鞘口峠に到着。ここでようやく山中での本日最初の人に会う。
コマドリの路を下っていうと小屋がありました。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマドリの路を下っていうと小屋がありました。
こちらは野鳥を観察する小屋。中は電気が点きます。外はすでに暗くて撮影不可。
by IS01, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは野鳥を観察する小屋。中は電気が点きます。外はすでに暗くて撮影不可。
撮影機材:

感想/記録

去年、浅間尾根を一本松まで行ったので、今日はその続き。一本松から未踏のルートを辿って三頭山までを繋げる計画です。

が、最初から計画がずれまくり。まず起床時間が遅れるも、順調に行けば何とか日没までに下山できると思い、計画変更せずに出発します。次の誤算が自転車での所要時間。2年前に浅間尾根登山口バス停まで行ったときは2時間15分でつけたのに、今日はそれより3kmほど手前なのに2時間18分もかかりました。体力の衰えか、自転車のチェーンのたるみか…。これで登り始めが13時。推定所要時間は6時間30分なので、下山は18時になる予定(道路1時間30分)。ギリギリじゃないか…。

そんな焦りとは裏腹に、スタートからでたらめな登山で遠回りしてしまいます。予定とは違う道ながらも、位置確認はできていたので楽しい行程で浅間尾根まで登れました。ここで昼食。

その後は楽な道をてくてく。一本松までピークを踏みに戻る羽目になりましたが、やはりピークは踏んでおかないと山へ来た気分になりません。

ですが、この時点ですでに時間不足が決定的になります。その後は寄り道せず、進みますが、まともな登山から1ヶ月以上開いているので、ピッチは上がらず、風張峠近くの尾根に登った時点で、“もう三頭山は無理だなぁ”と思いますが、まだ未練たらたら。鞘口峠でもう完全にアウトだったのに、三頭山を目指します。けど、どう考えても三頭山からちょっと下った所で日没です。道路も約8kmもあるし、ここは無理せず下山しました。

これで未踏部分がちょっとだけ残ってしまいました…。高尾山〜三頭山は踏破済みで、御前山〜大岳山も踏破済み。ここと月夜見山近辺も歩いて、高尾山から繋げたかったのですが、ほんのちょびっとだけ穴開き状態になってしまいました…。[追記]よく見たら下山道でルート自体は繋がっていました。ただいずれは尾根道で繋げたいです。

今後はこの未踏部分をどう埋めるかが課題ですね。周りの主要な山道は歩いたので、滝めぐりメインで、ついでに未踏部分だけ歩きに来る感じでしょうか。

それと最後の舗装路歩きでふくらはぎが超痛くなりました。舗装路に出て少し歩いたところで、主にふくらはぎが痛くなり始め、ランニングシューズに履き替え。その後、足の裏は楽になり全く痛みませんでしたが、ふくらはぎの痛みは一向に和らがず、痛いまま。そのまま延々8km…。途中バスとすれ違ったので、終点(数馬)で折り返してきたバスに乗ろうかとも思いましたが、何とか自力移動でゴールまで行きたいと思い、歩き通しました。帰りの自転車でもふくらはぎが痛く、「足が痛い…」とボヤキながらペダルをこぐ始末。しかし、一日経つと全くの無痛。「昨日運動なんかしていないよ?」とふくらはぎが言っているかのごとく、です。一体どういう仕組みなのだろうか…。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1153人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ