また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2282157 全員に公開 雪山ハイキング 大雪山

旭岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月29日(日) 〜 2020年03月30日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
35分
休憩
0分
合計
35分
Sスタート地点23:2423:59宿泊地
2日目
山行
5時間15分
休憩
1時間15分
合計
6時間30分
01:41姿見の池01:4704:20金庫岩05:1405:36大雪山05:4605:52金庫岩05:5706:57姿見の池06:57旭岳石室06:57姿見の池08:10旭岳ビジターセンター08:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
我が年代にとっては神にも等しい志村けん氏の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
コース状況/
危険箇所等
今日はカッチカチのロ・・・凍ってた
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ

写真

永年使ったビクセンの赤道儀が壊れた気がしたのでスカイメモを買ったもののそのまま数ヶ月放置。もうオリオンの季節ではなくなっていた・・・
2020年03月29日 20:18撮影 by NEX-3N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永年使ったビクセンの赤道儀が壊れた気がしたのでスカイメモを買ったもののそのまま数ヶ月放置。もうオリオンの季節ではなくなっていた・・・
4
旭岳の上にはくちょう座。夏の大三角形が控えめに見える。
2020年03月30日 01:05撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳の上にはくちょう座。夏の大三角形が控えめに見える。
4
石室に天の川がドカーン!
2020年03月30日 01:32撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室に天の川がドカーン!
6
春の天の川は低く横たわる。
2020年03月30日 01:37撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の天の川は低く横たわる。
5
向かう先は銀河の中心部。
2020年03月30日 02:12撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう先は銀河の中心部。
4
トムラウシがもう少し左に寄ってくれるといいんだけど。
2020年03月30日 03:17撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシがもう少し左に寄ってくれるといいんだけど。
7
肉眼でもうっすら稜線が見えてきた。
2020年03月30日 03:52撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼でもうっすら稜線が見えてきた。
3
いよいよ薄明が始まる。天の川が消えていく。
2020年03月30日 03:59撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ薄明が始まる。天の川が消えていく。
4
十勝連峰が姿を浮かび上がらせた。
2020年03月30日 04:21撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝連峰が姿を浮かび上がらせた。
6
トムラウシも見えてきた。
2020年03月30日 04:23撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシも見えてきた。
5
どんどん明るくなってくる。
2020年03月30日 04:32撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん明るくなってくる。
4
風が強く寒い。ニセ金庫岩あたりで日和っていたら盛大に両足が攣ってえらいことに。
2020年03月30日 04:35撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強く寒い。ニセ金庫岩あたりで日和っていたら盛大に両足が攣ってえらいことに。
4
こうなったら林家ペーパー状態である。写真撮りまくり
2020年03月30日 04:43撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうなったら林家ペーパー状態である。写真撮りまくり
3
たぶん石狩山地の方
2020年03月30日 05:01撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん石狩山地の方
3
雄阿寒雌阿寒阿寒富士。足が攣ってさぁ
2020年03月30日 05:09撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄阿寒雌阿寒阿寒富士。足が攣ってさぁ
8
芦別の方かなあ自信ない
2020年03月30日 05:12撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦別の方かなあ自信ない
3
グーテンモルゲン
2020年03月30日 05:14撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グーテンモルゲン
11
トカチダケ
2020年03月30日 05:14撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トカチダケ
7
白雲岳とか
2020年03月30日 05:15撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳とか
9
甘美な時間が流れる
2020年03月30日 05:16撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘美な時間が流れる
4
雪面は凍ってテッカテカ。
2020年03月30日 05:19撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面は凍ってテッカテカ。
11
芸術的な造形が
2020年03月30日 05:21撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術的な造形が
6
地層みたいな
2020年03月30日 05:26撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地層みたいな
4
ただシマシマなだけなのに美しい
2020年03月30日 05:28撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただシマシマなだけなのに美しい
9
旭岳と影
2020年03月30日 05:30撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳と影
7
寒いから早めに下山しよう
2020年03月30日 05:30撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いから早めに下山しよう
凍ったモンスター
2020年03月30日 05:50撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍ったモンスター
彫りが深くて素敵なトムラウシ方面。何枚写真を撮っただろう。
2020年03月30日 05:53撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彫りが深くて素敵なトムラウシ方面。何枚写真を撮っただろう。
6
下山。尻ボで滑り降りる作戦は大失敗して大人しく歩いて下りました。
2020年03月30日 06:57撮影 by ILCE-7RM4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山。尻ボで滑り降りる作戦は大失敗して大人しく歩いて下りました。
7

感想/記録
by Mt-136

夜中のスキーコースをスノーシューで上がる。圧雪はしっかりしていてスノーシューいらないのでは、と悪い気持ちが芽生える。結果的には不要でしたがないと困るシーンもありますしね。

登山道は凍りついていてツルツルだがアイゼンはよく効く。気温は高め(出発時-9~明け方-13℃)だったが、6合目から上あたり、吹きさらしの稜線で風に吹かれてとても寒かった。いつもより早く出発したので行動時間が長いのも冷えに影響したかもしれない。

岩陰に避難していたら変な格好をしていたせいか両足の太ももが攣りまくり、少し動くとイテテテテ・・・登頂を諦めようかと思って少し下ってみたらやっぱり痛かった。どうせ痛いなら登ろうとゆっくり登頂。山頂からの景色にテンションが上がり、治ってしまった。なんだったんだ。

天の川を纏った旭岳に舞うはくちょう、尾を出すさそり。夏の大三角形が見え、もう春がきたことを告げる。そして黎明のトムラウシ・十勝連峰。とても美しかった。ありがとう、志村けん。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:261人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ