また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2282463 全員に公開 ハイキング 北陸

蠑螺ヶ岳と西方ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月30日(月) [日帰り]
メンバー
天候高曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間22分
休憩
23分
合計
3時間45分
S浦底登山口12:4013:49第一展望岩13:5814:10第二展望岩14:1314:20蠑螺ヶ岳14:2614:44カモシカ台分岐14:49かもしか台14:5314:55カモシカ台分岐15:10西方ヶ岳15:1116:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山口から登山口は自転車
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

東側 手前に水島
2020年03月30日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側 手前に水島
部子山?
2020年03月30日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部子山?
能郷白山(中央左奥)?
2020年03月30日 13:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山(中央左奥)?
白山(中央奥)肉眼でははっきり見えていたが
2020年03月30日 14:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山(中央奥)肉眼でははっきり見えていたが
越前岬(左奥)側は雲が薄い
2020年03月30日 14:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越前岬(左奥)側は雲が薄い
西側。美浜原発(右手前)
2020年03月30日 14:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側。美浜原発(右手前)
美浜原発
2020年03月30日 14:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美浜原発
青葉山(中央奥)
2020年03月30日 14:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青葉山(中央奥)
白山(中央奥)の方の雲が薄くなる
2020年03月30日 14:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山(中央奥)の方の雲が薄くなる
部子山?
2020年03月30日 14:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部子山?
能郷白山(中央奥)?
2020年03月30日 14:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山(中央奥)?
三周ヶ岳方面
2020年03月30日 14:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三周ヶ岳方面
日光を受けて白山が光りだす(右は雲)
2020年03月30日 15:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光を受けて白山が光りだす(右は雲)
撮影機材:

感想/記録

近畿は天気が悪く琵琶湖周辺の山に向かい車を走らす。しかしレーダーを見ると琵琶湖周辺は弱い雨が降っていた。仕方なく、一番ましな、まだ行った事のない西方ヶ岳へ行った。

晴れはしていないが、高曇りで視界は遠くまで見えていて、ラッキーだった。周りの海の景色も素晴らしいが、なんと行っても白山をはじめとする、雪で白い山が見えていて素晴らしい。縦走途中、大岩がたくさんあり、そこから展望が開けている。

ただ、自転車の運転がなかなかきつい。アップダウンも結構あり、35分もかかった。遅い人は押して歩く所があるので1時間かかったという人もいるので、計算に入れておいたほうが良い。

蠑螺ヶ岳の方から登って、カモシカ台でピストン折り返しの方がよいのでは。カモシカ台は西側も見えているが、それまでは東側だけの眺望なので。次回はそのパターンで行くだろう。

驚いたのは、到着時は付近を走っている車は殆どなかったのに、帰る時には途絶えることなく、車がひっきりなしに敦賀方面へ向かい走っている。敦賀原発や美浜原発関係の人らが帰る時間に当たったのか。どちらも休止中というのに、どれだけ多くの人がはたらいているのだろうか?年度末でそうだったのか?

たった5キロくらいのあいだに、もんじゅも含めて3つの原発関係の施設があるのは異常な所だ。あんなキレイな水島や水晶浜があるのに、今までトリチウムを含む汚染水を垂れ流してきたことを思い出し、せっかくの気分良かった山行だったのに、複雑な思いだった。ほとんどの地元の人が地元の魚を食べないとある本に載っていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:186人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カモシカ 山行 ピストン 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ