また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2287809 全員に公開 ハイキング 丹沢

大山三峰山:宝尾根〜梅ノ木尾根〜鐘ヶ嶽

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年04月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅清川駐車場。とても広い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間56分
休憩
1時間14分
合計
11時間10分
S道の駅清川05:2505:51鳥屋待沢/権現橋06:52512m圏峰06:5508:06777m圏峰08:0908:23七沢山08:43大山三峰山08:4909:12七沢山10:09不動尻10:1911:21不動尻三峰分岐11:5212:12矢草ノ頭12:57大沢分岐13:30見晴広場A13:3413:43見晴広場B14:12山ノ神峠14:33鐘ヶ嶽14:5015:04山ノ神峠15:12二ノ足林道15:53林道谷太郎線終点P 大小屋ノ沢分岐16:35道の駅清川G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログが一部抜けてしまっている。
コース状況/
危険箇所等
宝尾根:
踏み跡はハッキリしている。512m峰の手前で左手の作業道に少し入ってしまったが、右手の作業道でジグザグに登るのが正解。777m峰付近から岩混じりの急な痩せ尾根となり一部ロープも付いているが、特に危険というほどではない、疲れるが。

梅ノ木尾根〜弁天御髪尾根〜山ノ神峠:
踏み跡は非常にハッキリしていてところどころ道標もある。全般的に痩せ尾根の急なアップダウンの連続で結構疲れる。778m峰から南東に伸びる支尾根(作業道の標識があったが)を少し下ってしまった。
その他周辺情報一番近い別所の湯が休業中のため、帰る途中のスーパー銭湯、OYUGIWA海老名へ。750円。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

写真

道の駅清川の駐車場。
2020年04月03日 05:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅清川の駐車場。
宝尾根の取り付き点。
2020年04月03日 05:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝尾根の取り付き点。
宝尾根の気持ち良い尾根道。
2020年04月03日 06:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝尾根の気持ち良い尾根道。
512m峰へはジグザグの作業道で楽に登れた。
2020年04月03日 06:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
512m峰へはジグザグの作業道で楽に登れた。
立派なサルノコシカケ。
2020年04月03日 06:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なサルノコシカケ。
モミの木のある尾根。
2020年04月03日 06:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミの木のある尾根。
ツルだらけの尾根。
2020年04月03日 07:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルだらけの尾根。
とても良い雰囲気の尾根だ。
2020年04月03日 07:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても良い雰囲気の尾根だ。
雪が僅かに残っていた。
2020年04月03日 07:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が僅かに残っていた。
痩せ尾根が始まった。
2020年04月03日 07:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が始まった。
急斜面にはロープが。
2020年04月03日 07:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面にはロープが。
こんな急斜面。
2020年04月03日 08:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな急斜面。
七沢山に突き上げた。
2020年04月03日 08:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七沢山に突き上げた。
久しぶりの三峰山。
2020年04月03日 08:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの三峰山。
不動尻に下りる最後の橋は埋没していた。
2020年04月03日 09:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻に下りる最後の橋は埋没していた。
不動尻のミツマタの群落。もう終盤だった。
2020年04月03日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻のミツマタの群落。もう終盤だった。
まん丸のボンボリ。
2020年04月03日 10:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まん丸のボンボリ。
不動尻から大山方面に登り直す。
2020年04月03日 10:21撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻から大山方面に登り直す。
稜線に出た。
2020年04月03日 11:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出た。
マメザクラが。
2020年04月03日 11:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マメザクラが。
ここから梅ノ木尾根を下る。
2020年04月03日 12:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから梅ノ木尾根を下る。
登ってきた三峰山。
2020年04月03日 12:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた三峰山。
梅ノ木尾根も痩せ尾根のアップダウンが多い。
2020年04月03日 12:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ノ木尾根も痩せ尾根のアップダウンが多い。
778m峰から直進してしまったらモノレールに遭遇。間違ったので戻る。
2020年04月03日 12:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
778m峰から直進してしまったらモノレールに遭遇。間違ったので戻る。
大沢分岐。ここから左手の弁天御髪尾根に入る。
2020年04月03日 12:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢分岐。ここから左手の弁天御髪尾根に入る。
弁天御髪尾根も痩せ尾根のアップダウンが多い。
2020年04月03日 13:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弁天御髪尾根も痩せ尾根のアップダウンが多い。
すりばち広場。
2020年04月03日 13:14撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すりばち広場。
674m峰。見晴広場Aという標識があるが、見晴らしはあまりよくない。
2020年04月03日 13:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
674m峰。見晴広場Aという標識があるが、見晴らしはあまりよくない。
江の島方面は見えた。
2020年04月03日 13:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江の島方面は見えた。
鐘ヶ嶽。
2020年04月03日 13:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘ヶ嶽。
見晴広場B。ここで弁天御髪尾根を離れ、北側の山ノ神峠へ続く尾根に入る。
2020年04月03日 13:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴広場B。ここで弁天御髪尾根を離れ、北側の山ノ神峠へ続く尾根に入る。
ここで左手の山ノ神峠へ進む。直進は広沢寺温泉方面。
2020年04月03日 14:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで左手の山ノ神峠へ進む。直進は広沢寺温泉方面。
山ノ神峠。一般道となる。
2020年04月03日 14:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ神峠。一般道となる。
木立に囲まれた鐘ヶ嶽の山頂。
2020年04月03日 14:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立に囲まれた鐘ヶ嶽の山頂。
鐘ヶ嶽の山頂にある石像。
2020年04月03日 14:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘ヶ嶽の山頂にある石像。
鐘ヶ嶽の山頂直下にある立派な浅間神社。
2020年04月03日 14:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘ヶ嶽の山頂直下にある立派な浅間神社。
麓ではミツバツツジが満開。
2020年04月03日 16:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓ではミツバツツジが満開。

感想/記録
by tat7

ヒルが出ないうちに宝尾根から大山三峰山へ。その後、梅ノ木尾根〜弁天御髪尾根〜鐘ヶ嶽〜鐘ヶ嶽北尾根の予定だったが、不動尻のミツマタの群落を見たくて一旦不動尻に下りてから登り返すことにした。
梅ノ木尾根〜弁天御髪尾根では予想外に時間を食ってしまい、鐘ヶ嶽に着いたのは15:00近かった。鐘ヶ嶽北尾根は踏み跡が殆どなく開けた尾根でもなかったので、安全策として山ノ神峠まで引き返して、二ノ足林道〜谷太郎林道で戻ることにした。
全般的に急な痩せ尾根のアップダウンが多く、時間もかかってしまい、かなり疲れた山行だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:214人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ