また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2307514 全員に公開 雪山ハイキング 道北・利尻

360°大絶景のピヤシリ山→ピヤシリ山塊最高点→九度山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(やや霞多し)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道275号から滝川で12号に合流。旭川に入ってすぐに道道99号で鷹栖の街を経由して鷹栖峠を越え、和寒で国道40号に合流。そのまま名寄入りし、市街地を越えたところで道道939号に入ってピヤシリスキー場入りです。駐車場はピヤシリスキー場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
41分
合計
7時間28分
Sスタート地点05:3008:43ピヤシリ山08:5609:14ピヤシリ山東方最高点09:1509:18ピヤシリ山東方ピーク09:2509:31ピヤシリ山東方最高点09:4212:16九度山12:2512:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
概ね順調でした。
コース状況/
危険箇所等
標高400m以下では全体に雪が腐ってズボリまくり。もうすぐ雪は消えそうです。
九度山には裏側から回り込みましたが、それでもそれなりに急登で、足場を作りながら枝をつかんで登り切りました。地形図見たら、さらにぐるっと回り込めば大丈夫だったかも。
それ以外は危険個所はありません。
その他周辺情報コロナの影響もあり、3密対策でお風呂はキャンセル。道中の立ち寄りは、名寄のセコマのみです。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウター(薄) フリース 長袖インナー ズボン 厚手靴下 キネシオロジーテープ アウター手袋 手袋 雨具(下のみ) ザック 登山靴(冬) ゲイター(厚) アイゼン スノーシュー ストック 行動食(チョコ 塩キャラメル 柿ピー エネチャージ系等) 飲料(アクエリアス2リットル+水1リットル) シート 地形図 筆記用具 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 JRO登録証 携帯 高度計付き腕時計 温度計 サングラスorゴーグル タオル ビニール袋数枚 カメラ(SDカード) ココヘリ 携帯トイレ ティッシュ3つ ウェットティッシュ1つ ツェルト エマージェンシーシート 痛み止め

写真

前日入りの5時起床。気温は2℃と暖かい。
2020年04月19日 05:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日入りの5時起床。気温は2℃と暖かい。
2
本日の装備。最近このパターンが多いな。
2020年04月19日 05:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の装備。最近このパターンが多いな。
3
さて、スタート。奥にピヤシリ山がおはよう。スキー場の雪はほぼ消えている。
2020年04月19日 05:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、スタート。奥にピヤシリ山がおはよう。スキー場の雪はほぼ消えている。
1
登山届、不要とは???
2020年04月19日 05:45撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届、不要とは???
1
夜中に遊びまくっていたようです。子熊、親熊、色々な大きさの足跡がありました。
2020年04月19日 05:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中に遊びまくっていたようです。子熊、親熊、色々な大きさの足跡がありました。
6
スキー場の東側の沢から入ります。一見積雪があるように見えますが薄いです。
2020年04月19日 05:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の東側の沢から入ります。一見積雪があるように見えますが薄いです。
おっとドーピング忘れてた。
2020年04月19日 05:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとドーピング忘れてた。
2
いきなりズボズボ
2020年04月19日 05:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりズボズボ
1
ということで、早い段階でシュー装着。
2020年04月19日 06:04撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、早い段階でシュー装着。
1
シマリスさんがお出迎え。あれ?なんで縦横比1:1になってる?
2020年04月19日 06:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シマリスさんがお出迎え。あれ?なんで縦横比1:1になってる?
9
稜線が見えてきました。
2020年04月19日 06:29撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきました。
熊もズボる(笑)
2020年04月19日 06:33撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊もズボる(笑)
4
稜線に上がってしばし進むとピヤシリが見えてきました。
2020年04月19日 06:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がってしばし進むとピヤシリが見えてきました。
ちょっと一息。久しぶりに1本満足バー。
2020年04月19日 07:35撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと一息。久しぶりに1本満足バー。
2
ふと振り返ると九度山が見えてました。高度感が出てきました。
2020年04月19日 07:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと振り返ると九度山が見えてました。高度感が出てきました。
1
この足跡には安心感。
2020年04月19日 07:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この足跡には安心感。
1
この時点ではまだ雪は固いです。ついでに自撮り。
2020年04月19日 08:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点ではまだ雪は固いです。ついでに自撮り。
3
車道のある尾根に上がりました。山頂がこんにちは。
2020年04月19日 08:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道のある尾根に上がりました。山頂がこんにちは。
こんな岩塊、あったっけ?
2020年04月19日 08:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな岩塊、あったっけ?
1
山頂めがけて直進します。
2020年04月19日 08:32撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂めがけて直進します。
小屋の肩まで上がりました。山頂は右奥であとちょっと。
2020年04月19日 08:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の肩まで上がりました。山頂は右奥であとちょっと。
祝、ピヤシリ山登頂〜!天塩山地が一望〜。なまらいい眺め〜。山頂は20年以上ぶり。冬は初めて。
2020年04月19日 08:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、ピヤシリ山登頂〜!天塩山地が一望〜。なまらいい眺め〜。山頂は20年以上ぶり。冬は初めて。
22
お守りショット。名前考えなきゃ💦。
2020年04月19日 08:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お守りショット。名前考えなきゃ💦。
10
早速望遠タイム。霞んでますが大雪山系が見えました。
2020年04月19日 08:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速望遠タイム。霞んでますが大雪山系が見えました。
2
天塩岳かな。
2020年04月19日 08:53撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天塩岳かな。
2
三頭山方面。
2020年04月19日 08:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山方面。
1
私の車はどこでしょう。
2020年04月19日 08:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の車はどこでしょう。
2
中央はピッシリ山かなぁ。自信なし。
2020年04月19日 08:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央はピッシリ山かなぁ。自信なし。
5
ピークのはっきりしない天塩山地北方の山々。
2020年04月19日 08:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークのはっきりしない天塩山地北方の山々。
1
右手前は九度山。名寄の西方にある山脈がクッキリ。
2020年04月19日 08:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手前は九度山。名寄の西方にある山脈がクッキリ。
1
函岳。アンテナが目印。
2020年04月19日 08:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
函岳。アンテナが目印。
4
北方の山並み。分かりますか?中央右奥は多分利尻ですね。
2020年04月19日 08:57撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方の山並み。分かりますか?中央右奥は多分利尻ですね。
3
さてと、撮りまくったので、ピヤシリ山塊最高地点を目指します(右奥が最高点991m)。
2020年04月19日 09:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと、撮りまくったので、ピヤシリ山塊最高地点を目指します(右奥が最高点991m)。
1
10分ほどで、祝、最高点登頂〜!その先も行ってみます。
2020年04月19日 09:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで、祝、最高点登頂〜!その先も行ってみます。
3
またまた10分ほどで、無名峰登頂〜。
2020年04月19日 09:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた10分ほどで、無名峰登頂〜。
4
振り返ります。左が最高点、右がピヤシリ山山頂。
2020年04月19日 09:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ります。左が最高点、右がピヤシリ山山頂。
1
函岳方面への稜線。歩いてみたいな〜。
2020年04月19日 09:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
函岳方面への稜線。歩いてみたいな〜。
1
最高点に戻ってきました。おんなじ写真ばっか。でもいい眺めだなぁ。
2020年04月19日 09:32撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点に戻ってきました。おんなじ写真ばっか。でもいい眺めだなぁ。
2
ここでいつものショット!先週買っておいたアンドーナツ!もちろん賞味期限切れ。
2020年04月19日 09:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでいつものショット!先週買っておいたアンドーナツ!もちろん賞味期限切れ。
4
まったりして足の疲労をとります。歳を考えないとね。
2020年04月19日 09:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まったりして足の疲労をとります。歳を考えないとね。
3
さて下山開始。ピヤシリ山よ、また来るよ。
2020年04月19日 09:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山開始。ピヤシリ山よ、また来るよ。
2
帰りは山頂を巻いて下ります。
2020年04月19日 09:56撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは山頂を巻いて下ります。
気温は13℃。あっぢぃ。。。
2020年04月19日 10:03撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は13℃。あっぢぃ。。。
1
先週ほどではないですが、十分青空!
2020年04月19日 10:14撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週ほどではないですが、十分青空!
3
でかっ!本当に腰掛けられそう。
2020年04月19日 10:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でかっ!本当に腰掛けられそう。
2
稜線を下っていると、正面に次なる九度山が見えてきました。
2020年04月19日 10:37撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を下っていると、正面に次なる九度山が見えてきました。
1
山頂往復の間にやられた?
2020年04月19日 10:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂往復の間にやられた?
7
九度山の登りにさしかかる。標高差は200m。
2020年04月19日 11:28撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九度山の登りにさしかかる。標高差は200m。
1
本日一番の急登にヒーコラ。なんとかリフト終点まで来ました。
2020年04月19日 11:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一番の急登にヒーコラ。なんとかリフト終点まで来ました。
1
岩塔が大迫力。山頂には右側から巻きます。
2020年04月19日 12:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩塔が大迫力。山頂には右側から巻きます。
3
祝、九度山登頂〜!最後はかなりの急登でした。
2020年04月19日 12:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、九度山登頂〜!最後はかなりの急登でした。
10
崖の先端に来ました(゜Д゜;)。いい眺め〜。中央がピヤシリ山。
2020年04月19日 12:17撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の先端に来ました(゜Д゜;)。いい眺め〜。中央がピヤシリ山。
5
左のピークがピヤシリ山。ちょい右が最高点。真ん中の尾根を歩きました。
2020年04月19日 12:19撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のピークがピヤシリ山。ちょい右が最高点。真ん中の尾根を歩きました。
1
下山はスキー場を下りる。雪が少なく、また腐ってて尻ボーは難しいかな。
2020年04月19日 12:38撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はスキー場を下りる。雪が少なく、また腐ってて尻ボーは難しいかな。
1
得意のスノシューウェーデルンとパラレル。分かりますか?(笑)。
2020年04月19日 12:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
得意のスノシューウェーデルンとパラレル。分かりますか?(笑)。
2
標高300m以下は雪が少なく、シューはここまで。
2020年04月19日 12:50撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高300m以下は雪が少なく、シューはここまで。
1
駐車場が見えてきました。
2020年04月19日 12:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきました。
1
フキノトウ。他のお花はまだですね。
2020年04月19日 12:55撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フキノトウ。他のお花はまだですね。
2
無事下山!お疲れさまでした〜。
2020年04月19日 13:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山!お疲れさまでした〜。
6
【番外】
かなり前に出張で買ってきた富士山バージョン。味がしなくてコロナを疑ってしまった💦
2020年04月19日 13:20撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
かなり前に出張で買ってきた富士山バージョン。味がしなくてコロナを疑ってしまった💦
4
【番外】
帰りがけにパチリ。左が九度山、右がピヤシリ山。
2020年04月19日 13:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
帰りがけにパチリ。左が九度山、右がピヤシリ山。
3
【番外】
帰りがけのセコマ。今日はあずきアイス。これ、予想外にマジまいう〜🤤
2020年04月19日 13:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
帰りがけのセコマ。今日はあずきアイス。これ、予想外にマジまいう〜🤤
4
【番外】
これは旨そう。先週のペペロンチーノ風ヌードルは...
2020年04月19日 13:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
これは旨そう。先週のペペロンチーノ風ヌードルは...
2
【番外】
今晩のおつまみ。これがビールにあう。
2020年04月19日 13:49撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】
今晩のおつまみ。これがビールにあう。
2
撮影機材:

感想/記録
by yo-sha

【お山紹介】
今回はピヤシリ山と九度山。道北の名寄の北東方向にあるお山です。北海道百名山ですね。高さは、ピヤシリ山が標高987m、九度山は標高673.8m。なおピヤシリ山の東方に最高点がありそこは標高991mです。
夏は車でかなり行けるため、実際に歩くのは20〜30分程度です。下川側の鉱山沢川からの登山道もあるようです。冬は除雪されていないため、ピヤシリスキー場からアクセスします。幌内越峠から来る人もいるようです。
少し遠いので、実際人気のあるお山ではないです。以前来た時も一人でした。北海道百名山だし、眺めは抜群なんですが、もったいない。。。

【地質】
地質図Naviによれば、新第三紀中新世後期の安山岩、玄武岩質安山岩 溶岩・火砕岩とあります。すこし古い時代の火山ですね。年代測定もされていて1300万年前くらいの噴出物とか。よく分かるなぁ。

↓地質図Navi
https://gbank.gsj.jp/geonavi/geonavi.php#13,44.42255,142.57352

【山行】
昨日、天気予報を見えていると道北の天候回復が早い予報。ならば久しぶり(20数年ぶり)にピヤシリ山にでも行くかな、となり、奥様の白い目線からのお許しをもらって、前日ピヤシリスキー場入りしました。

朝5:00に起床。朝ご飯を軽くほうばり、道具を整えて、5:30に登山開始です。
最初は山頂に続く車道を歩く。スキー場を過ぎると積雪が出始め、凍って締まりが良い。そのままツボで進む。
左手の一つ目の沢から入り稜線を目指す。雪があってラッキーと思ったのもつかの間、ここ数日の暖気と残雪量が少なさから標高300m以下では踏み抜き頻発。すぐにスノシューを装着しました。雪は来週まで残るかな。
ヒーコラいいながら(斜面は大したことない)稜線に上がると、今度は緩いアップダウンの繰り返しに。しばらく進み、山頂への登りに差し掛かる。急登はないが、長〜くだらだら登りが足にくる。嫌だなぁ。
登り切って車道に合流すると山頂がこんにちは。まだ距離はあるが、山頂が見えるとやる気モードに。
モービル跡が歩きにくく、わざと外れて歩く。道中、ずっと静かな山行でしたが、帰りがけにふかしまくるエンジン音が遠くから聞こえ幻滅。あの音だけは勘弁してほしいな。お互い迷惑にならないように楽しみたいですよね。
ここから山頂までは真っすぐ1本。先が見えると速いもので、順調に進んで、祝、ピヤシリ山登頂〜!若干霞は残るが青空が広がり、360度の絶景が飛び込んできた。もちろんレリーズモード突入📷。撮り切ったところで、「いやぁ、先週に続いて幸せだなぁ」。
少しの休憩ののち、ピヤシリ山塊の最高点991m峰を目指す。そう、最高点は標識のあるところから東側へ700mほど行ったところなんですよね。ついでにその先の小さなピークも頂きました。
お昼は最高点へ戻ってピヤシリ山を見ながらの贅沢な時間。今日はアンドーナツでいつものショットでした。これ、結構ボリュームがあるんですよね。ドンキですぐ再販してくれないかな。
足も十分に休め、下山開始。帰りは山頂を迂回して下ります。途中山頂に向かって「また来るよ👋」。
下山は自分のトレース跡を追います。気温🌡が13℃まで上昇し、腐れ雪でとにかく歩きにくい。結局シューは外せませんでした。
時間が早かったので、帰りがけに九度山への登る計画に変更(一応計画はしていました)。標高差は200mしかないが、本日一番の急登に息も絶え絶え。ふえ〜。なんとか登り切ると大きな岩が出現。北側から回り込むが、ここの急斜面で手こずる。ピッケル、持ってくればよかったなぁ。
足元を固め、幼木の枝をつかみながら身体を確保し、何とか登り切って、祝、九度山登頂〜!ここからのピヤシリ山、絶景!!!でも足元は絶壁!!!怖え〜〜〜💦。
最後はピヤシリスキー場のゲレンデを下ります。残雪は薄く、踏み抜き多発。これだと尻ボーも厳しいな。得意のスノシューウェーデルン&パラレルで順調に下りていき、無事の下山となりました。お疲れさまでした〜。

コロナ対策を考えた山行を心掛けないとね。特に車での移動中に、いかに他の人と接しないようにするか。今回は人がいなさそうな山を選ぶ、余計な寄り道はしない、など少し実践してみました。
まだ他にも対策はできそうだな。更なるコロナ対策を考えながら、次なるお山を考えよう。さてさて、次回は何処に〜。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:604人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ