また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2349501 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

小野子山・十二ヶ岳〜シロヤシオと青空の眺望

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年05月17日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小野子山赤柴登山口前駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
2時間15分
合計
7時間1分
S赤芝登山口07:2108:37小野子山08:4209:23中ノ岳09:3910:09十二ヶ岳10:4811:14中ノ岳11:1712:00小野子山13:1214:22赤芝登山口14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
つつじ観賞と撮影、まったりと昼食でのんびりです。赤城山地蔵岳はログはとっていません。
コース状況/
危険箇所等
小野子山〜中ノ岳、十二ヶ岳男坂、転倒注意。
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

新坂平から見上げる夜明け前の地蔵岳。電波塔のシルエットと三日月が鈍く光る。
2020年05月17日 03:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新坂平から見上げる夜明け前の地蔵岳。電波塔のシルエットと三日月が鈍く光る。
4時の沼尻、大沼と黒檜山駒ヶ岳。
2020年05月17日 04:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時の沼尻、大沼と黒檜山駒ヶ岳。
3
鳥居峠。地平線に雲があり夜明けがぼんやり。
2020年05月17日 04:07撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠。地平線に雲があり夜明けがぼんやり。
3
15分で地蔵岳に登り、山頂からの日の出4時30分に間に合った。
2020年05月17日 04:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分で地蔵岳に登り、山頂からの日の出4時30分に間に合った。
2
東の空を焦がす太陽。雲のすき間からちらり。
2020年05月17日 04:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空を焦がす太陽。雲のすき間からちらり。
3
谷川岳、朝日岳は見えず。
2020年05月17日 04:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳、朝日岳は見えず。
2
上州武尊山はガスで山麓のみ。
2020年05月17日 04:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上州武尊山はガスで山麓のみ。
2
雲のいたずらで陽光が減り、再びブルーモーメントの空。二度おいしい。
2020年05月17日 04:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲のいたずらで陽光が減り、再びブルーモーメントの空。二度おいしい。
6
眩く光る太陽。鳥居峠は大勢のカメラマン。朝飯前の山登りが出来ないのだろう。楽しては絶景を見ることは出来ない。
2020年05月17日 04:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩く光る太陽。鳥居峠は大勢のカメラマン。朝飯前の山登りが出来ないのだろう。楽しては絶景を見ることは出来ない。
3
筑波山、雲海の平野部。
2020年05月17日 04:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山、雲海の平野部。
5
移動して小沼が見渡せるところへ。眩い太陽。今日も無事に過ごせることを祈る。
2020年05月17日 04:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
移動して小沼が見渡せるところへ。眩い太陽。今日も無事に過ごせることを祈る。
2
富士山、秩父市の雲海が見える。
2020年05月17日 04:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、秩父市の雲海が見える。
3
長七郎山東側尾根に滝雲。
2020年05月17日 04:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長七郎山東側尾根に滝雲。
5
早朝の爽やかな覚満淵を散策。カモは寝坊。
2020年05月17日 05:28撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の爽やかな覚満淵を散策。カモは寝坊。
1
赤城県道沿いのレンゲツツジは箕輪付近まで開花。shilokoさんを拾って小野子山へ。
2020年05月17日 05:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城県道沿いのレンゲツツジは箕輪付近まで開花。shilokoさんを拾って小野子山へ。
4
高山牧場の展望台。木々が伸び視界が遮られている。
2020年05月17日 06:56撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山牧場の展望台。木々が伸び視界が遮られている。
3
戻って7時過ぎ、赤柴登山口に停める。先行で一台停まっていた。
2020年05月17日 07:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って7時過ぎ、赤柴登山口に停める。先行で一台停まっていた。
1
小野子山赤柴登山口。
2020年05月17日 07:19撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小野子山赤柴登山口。
5
チゴユリの群生が出迎える。
2020年05月17日 07:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チゴユリの群生が出迎える。
4
朝露に濡れるチゴユリ。
2020年05月17日 07:22撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝露に濡れるチゴユリ。
4
コンクリートの作業道を少し歩く。結構な急斜面で、shilokoさんの今日の核心部となった。shiloko三大バテバテ急登々菱作業道∪捷までの国道291号O妥直屋までの苗場林道。
2020年05月17日 07:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリートの作業道を少し歩く。結構な急斜面で、shilokoさんの今日の核心部となった。shiloko三大バテバテ急登々菱作業道∪捷までの国道291号O妥直屋までの苗場林道。
2
再び登山道へ。
2020年05月17日 07:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び登山道へ。
1
高山のゴヨウツツジに到着。日差しが届かないので、午後にも寄ることにした。
2020年05月17日 08:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山のゴヨウツツジに到着。日差しが届かないので、午後にも寄ることにした。
3
見上げるシロヤシオ。
2020年05月17日 08:09撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるシロヤシオ。
6
満開のシロヤシオ。
2020年05月17日 08:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のシロヤシオ。
9
新緑の緩い稜線歩き。
2020年05月17日 08:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の緩い稜線歩き。
1
小野子山山頂。今は誰もいない。
2020年05月17日 08:35撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小野子山山頂。今は誰もいない。
6
ウスバサイシン。
2020年05月17日 08:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスバサイシン。
2
急坂を下って中ノ岳へ。復路は急登りとなる。
2020年05月17日 08:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を下って中ノ岳へ。復路は急登りとなる。
1
ツクバネウツギ。
2020年05月17日 09:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネウツギ。
3
中ノ岳山頂。爽やかな風が吹く。
2020年05月17日 09:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳山頂。爽やかな風が吹く。
4
ひっそりと咲くミツバツツジ。
2020年05月17日 09:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひっそりと咲くミツバツツジ。
1
山頂の南側にはミツバツツジの群生。
2020年05月17日 09:29撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の南側にはミツバツツジの群生。
4
中ノ岳から見る十二ヶ岳。四阿草津山稜を背景に。
2020年05月17日 09:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳から見る十二ヶ岳。四阿草津山稜を背景に。
1
風に揺れるスミレ。
2020年05月17日 09:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風に揺れるスミレ。
2
満開のミツバツツジ。
2020年05月17日 09:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のミツバツツジ。
2
稜線の南側は日当たり良好、ヤマツツジが開花。
2020年05月17日 09:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の南側は日当たり良好、ヤマツツジが開花。
3
ヤマツツジ。赤く燃える。
2020年05月17日 09:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。赤く燃える。
2
満開のヤマツツジ。
2020年05月17日 09:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のヤマツツジ。
3
岩から咲くヤマツツジ。
2020年05月17日 09:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩から咲くヤマツツジ。
2
樹林帯の陰でひそかに咲くヤマツツジ。
2020年05月17日 09:52撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の陰でひそかに咲くヤマツツジ。
1
男坂、女坂の分岐。shilokoさんの外見は可愛らしい女性だが、中身とやっていることはオッサン。真ん中の道はない。
2020年05月17日 09:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂、女坂の分岐。shilokoさんの外見は可愛らしい女性だが、中身とやっていることはオッサン。真ん中の道はない。
5
ヒメミヤマスミレ。
2020年05月17日 10:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメミヤマスミレ。
3
今日の核心部だと思うが、先ほどの急斜面作業道歩きの方がバテバテだったshilokoさん。
2020年05月17日 10:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の核心部だと思うが、先ほどの急斜面作業道歩きの方がバテバテだったshilokoさん。
1
身体が軽く柔らかいshilokoさんはスイスイ登攀していく。
2020年05月17日 10:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身体が軽く柔らかいshilokoさんはスイスイ登攀していく。
3
見上げるミツバツツジ。
2020年05月17日 10:13撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるミツバツツジ。
3
男坂から俯瞰する榛名山、渋川市。
2020年05月17日 10:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂から俯瞰する榛名山、渋川市。
1
満開のヤマツツジ。
2020年05月17日 10:17撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のヤマツツジ。
十二ヶ岳山頂。十二支に猫を入れたいshilokoさんと、十二指腸が草津湯釜並みの鬼軍曹。何を食っても溶かす。
2020年05月17日 10:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳山頂。十二支に猫を入れたいshilokoさんと、十二指腸が草津湯釜並みの鬼軍曹。何を食っても溶かす。
13
山頂から北方面。上越県境山稜、三国峠、高山村。
2020年05月17日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北方面。上越県境山稜、三国峠、高山村。
山頂から東方面。赤城山、iiyuさんyamayuriさんが居た子持山、小野子山。
2020年05月17日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東方面。赤城山、iiyuさんyamayuriさんが居た子持山、小野子山。
3
山頂から南方面。榛名山、渋川市。
2020年05月17日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南方面。榛名山、渋川市。
4
山頂から西方面。浅間四阿草津方面。
2020年05月17日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西方面。浅間四阿草津方面。
2
浅間山、黒斑山、浅間隠山。
2020年05月17日 10:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、黒斑山、浅間隠山。
2
草津白根山、湯釜、渋峠、横手山。
2020年05月17日 10:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津白根山、湯釜、渋峠、横手山。
1
白砂山、堂岩山、八間山。
2020年05月17日 10:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂山、堂岩山、八間山。
1
見事に苗場山〜三国峠、谷川主脈はガスの中。
2020年05月17日 10:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事に苗場山〜三国峠、谷川主脈はガスの中。
1
男体山、皇海山。
2020年05月17日 10:27撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山、皇海山。
アゲハチョウが吸蜜。
2020年05月17日 10:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アゲハチョウが吸蜜。
5
フデリンドウ。
2020年05月17日 10:40撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ。
1
ズミ。白と桃色の斑な花。
2020年05月17日 10:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミ。白と桃色の斑な花。
3
ミツバツチグリ。
2020年05月17日 10:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリ。
2
小野子山へ登り返していくshilokoさん。
2020年05月17日 11:51撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小野子山へ登り返していくshilokoさん。
小野子山山頂で昼食。今日の昼食は焼肉。そしてスペシャルメニューとして仙台牛タンが控える。
2020年05月17日 12:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小野子山山頂で昼食。今日の昼食は焼肉。そしてスペシャルメニューとして仙台牛タンが控える。
2
まずは、上州牛のモモ肉。表面を軽く焦がしたレアで食べる。タレは要らない、ワサビで食べると最高に美味い。新玉ネギとアスパラも焼く。
2020年05月17日 12:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、上州牛のモモ肉。表面を軽く焦がしたレアで食べる。タレは要らない、ワサビで食べると最高に美味い。新玉ネギとアスパラも焼く。
4
そして、仙台牛タン投入。塩コショウで味付けされている。ニンニクとシシトウも焼く。
2020年05月17日 12:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、仙台牛タン投入。塩コショウで味付けされている。ニンニクとシシトウも焼く。
6
シシトウと牛タンを召し上がるshilokoさん。なかなかの厚みで食べ応え充分、白米を喰らう。もちろん真昼間からの缶チューハイも自粛などアウトオブ眼中のshilokoさん。グビグビ飲る。
2020年05月17日 12:18撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シシトウと牛タンを召し上がるshilokoさん。なかなかの厚みで食べ応え充分、白米を喰らう。もちろん真昼間からの缶チューハイも自粛などアウトオブ眼中のshilokoさん。グビグビ飲る。
4
腹いっぱいとなり、景色を楽しむshilokoさん。子持山で昼食忘れたiiyuさんとyamayuriさん、赤城山のyasioさんご夫妻に、焼肉とニンニクの香りを流す。
2020年05月17日 13:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹いっぱいとなり、景色を楽しむshilokoさん。子持山で昼食忘れたiiyuさんとyamayuriさん、赤城山のyasioさんご夫妻に、焼肉とニンニクの香りを流す。
3
シロバナエンレイソウ。
2020年05月17日 13:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロバナエンレイソウ。
2
再びゴヨウツツジ。
2020年05月17日 13:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びゴヨウツツジ。
2
大きな木から枝が縦横無尽に広がる。
2020年05月17日 13:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな木から枝が縦横無尽に広がる。
2
南側から同じ高さで観賞。
2020年05月17日 13:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側から同じ高さで観賞。
2
清廉潔白なシロヤシオ。
2020年05月17日 13:39撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清廉潔白なシロヤシオ。
6
タラの芽。shilokoさん曰く「タロッペ」
2020年05月17日 13:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラの芽。shilokoさん曰く「タロッペ」
3
クサボケ。
2020年05月17日 14:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサボケ。
1
散策しながらウドが採れた。
2020年05月17日 14:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散策しながらウドが採れた。
3
ヤマツツジの群生。下は北毛自然の家。ワラビがたくさん出ていたが、今年はたくさん食べたのでもう採らない。
2020年05月17日 14:49撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジの群生。下は北毛自然の家。ワラビがたくさん出ていたが、今年はたくさん食べたのでもう採らない。
4
タラッペもそこそこ採れた。yasioさんご夫妻におすそ分けしたい気分。
2020年05月17日 14:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タラッペもそこそこ採れた。yasioさんご夫妻におすそ分けしたい気分。
4
帰宅したら近所のネコがウッドデッキで出迎えてくれた。我が家は留守勝ちなのでありがたい。まさしく猫の手を借りた。
2020年05月17日 17:26撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅したら近所のネコがウッドデッキで出迎えてくれた。我が家は留守勝ちなのでありがたい。まさしく猫の手を借りた。
6
今日も榛名山に日が沈む。黄昏色に染まる空。
2020年05月17日 18:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も榛名山に日が沈む。黄昏色に染まる空。
2
後日談。
オンダラ(し)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後日談。
オンダラ(し)
3
たろっぺたくさん
カラッと揚がりました(し)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たろっぺたくさん
カラッと揚がりました(し)
3
うどの葉っぱの苦味はたまりません(し)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うどの葉っぱの苦味はたまりません(し)
3

感想/記録

 新たな感染者が発生しない群馬だが、東京埼玉に近いので、都心方面の状況が県内の規制緩和の条件となっている。越境は自粛継続中。

 ほぼどこの都道府県も二週間毎に見直すそうなので、早ければ6月1日には県外への移動が可能となる。三国峠碓氷峠を越えるのは昔は大変だったが、今もそうなのだ。

 県内のアカヤシオは散々なのでもう諦めている。足尾日光方面へ行こうと思ったが、混雑しそうなのでやめる。赤城山南麓へ行こうかと思ったが、レンゲツツジまで封印。shilokoさんが高山のゴヨウツツジを見たことが無いので、連れて行くことにした。

 小野子山へ行く前に、また今回も3時に起床して、赤城山で日の出観賞。上空は雨上がりで薄くガスが掛かってぼんやり。4時に鳥居峠へ着いたが、もう5台停まっていた。気温11℃。少し風が強い。

 篭山から上がって尾根で日の出を見ようとしたが、アカヤシオがもうないので、やめる。いったい今年はどうしたのだろう。やはり地蔵岳へ。日の出に間に合わせるため小走りで登る。朝飯前に地蔵岳。八丁峠から15分で山頂に到着。1人先行者が居た。

 地平線に雲があり、なんとか日の出に間に合った。上から見る鳥居峠は車が20台近く停まっていた。30分ほど居て下山。覚満淵へ行くので、ビジターセンターに停めたがここも20台近く停まっていた。みな解除の日曜を楽しみにしていたのだろう。

 寝坊のカモを起こさないように木道を歩く。kijimunaさんが覚満淵のサクラを撮影したのだが、種類が不明なので見に来たのだ。行って見るともう落花して葉が出ており、種類を確認できなかった。確認作業は来年へ持ち越し。
 
 県道を下ってshilokoさんを拾う。高山牧場まで1時間かからない。山から山へ。一旦登山口を素通りして展望台へ。景観は新緑に阻まていた。ウシもいない。戻って赤柴登山口へ。一台先行者が停まっていた。

 登山口から少し行くと、チゴユリの群生が出迎える。樹林帯を抜けると作業道へ。ここが何気に急勾配。相変わらずshilokoさんはバテバテ。今日の核心部と言っていた。

 ちなみにshiloko三大バテバテ急登は、“方尾根の黒菱作業道 白毛門駐車場から西黒登山口までの国道291号 c狙鄰鷦崗譴ら和田小屋までの苗場林道。すべて登山道ではなく登山開始最初の舗装路。それがshilokoさんの核心部なのだ。

 作業道から登山道へ再び入る。樹林帯内も急坂。山頂方面とゴヨウツツジ方面との分岐は北側へ。しばらく行くと白い花を咲かせた大木が現れる。高山のゴヨウツツジ。大木のシロヤシオ。午前中は薄日なので、復路にも寄ることにした。

 新緑が豊かで緩やかな稜線を進むと小野子山山頂。まだ誰もいない。下り込んで中ノ岳へ。十二ヶ岳まではアップダウンが多い。これが嫌な人は林道を周回してくる。

 景観の無い中ノ岳だが、周辺はミツバツツジが満開。ヤマツツジは蕾だった。木の根が張り出す道を下り、コルを抜けると男坂女坂分岐。距離より近い方が良いので男坂で行く。おっさんみたいなshilokoさんは違和感がない。

 ロープの岩稜帯は、転倒すると急坂を落ちてしまうので注意。ヤマツツジ咲く急坂のビクトリーロードを征すると山頂へ。全方位見渡せる素晴らしい景観。ガスで谷川や北アルプスは見ることが出来なかった。しばらく眺めていたら、混雑してきたので下山。

 来た道を戻り小野子山で昼食。今日は焼肉。仙台牛タンを仕入れたのでそれがスペシャルメニュー。登り返しを頑張ったshilokoさんも楽しみにしていた。上州牛のモモ肉はレアで、上州モチ豚のバラ肉は脂が甘い。シシトウ、アスパラ、新玉ねぎがよく合う。

 雨乞山方面からの登山者も多く、混雑していた山頂を後にする。下山はゆったりと山菜採りをしながら。ウド、タラの芽が結構採れた。

 規制緩和後初の日曜で道はそこそこ混雑。平穏な日常へゆっくりと戻れば良いのだ。焦ることはない。自宅へ戻ると最近居付いたネコが出迎えてくれた。西の空が黄昏色。カメラを持ってぶらぶらと歩きだす。

 自宅付近からは県境の山並みが良く見える。白砂山、仙ノ倉山、谷川岳は山頂だけ見える。明日行きたかったがこれから曇るのだ。西の空に目を戻し。浅間山の噴煙が流れていくのを目で追っていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:687人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 4221
2020/5/18 19:45
 growmonoさん朝から大活躍ですね!
growmonoさん、shilokoさん
こんばんは
昨日はお会いできるチャンスでしたね。
ちょうど十二ヶ岳あたりバッタリの感じでした。
ちょっと残念でしたが十二ヶ岳から子持山に変えてしまいました。
どちらの山も良かったですね。
growmonoさん、朝から大活躍でしたね!
お疲れさまでした。
登録日: 2014/8/1
投稿数: 3422
2020/5/18 20:27
 核心部に同感です!
growmonoさん shilokoさん こんばんは

早速ですが、自分も黒菱作業道の急登には驚かされました。五竜岳まで
ピストンした時、下りでも泣きそうでした…。ところで、NO.17に映り
込んでいる丸い子はどなたでしょう?とても気になります。
                           埼玉のchii 
登録日: 2014/5/18
投稿数: 2806
2020/5/18 21:07
 小野子山山頂直下は?
お二人さん こんばんは。
五葉つつじのシロヤシオ良い感じに咲いていますね、
ここを過ぎて山頂までの間はタラの芽(タラッペ)の宝庫ですよ、
まだ残りものがありましたようで何より山のお土産ですね。
中岳へ向かう鞍部より小野子山の巻道も上物のタラッペの宝庫ですが急登を登っていったのですね、歩いた見たらしろこさんは山菜取りに変身してしまうでしょうね、次にでも確認してみてください(かなり前の情報となりますが)。
牛タンとニンニクの匂い漂っては来ませんでしたよ・・・オットトよだれが(残念)。
登録日: 2013/9/4
投稿数: 1978
2020/5/18 23:08
 山菜取りののんびりハイクいいですね!
お二人さんこんばんは。
ツツジを見て山菜取って豪華なランチ、素晴らしい山旅でしたね。
子持山でも山菜を持ってた人に駐車場で会いました。私も山菜は好きなのですが昨日は山菜に全く気付かなかったです。今度は少し取っててんぷらにでもしようと思います。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1604
2020/5/19 9:51
 爽やかな日
 おはようございます、iiyuさん。
お隣でしたね。シロヤシオがメインでしたので、こちらとなりました。清々しい天気でお互いに良い山行きでしたね。子持山は獅子岩がやはりいいですね。暗いうちから動き出して赤城山地蔵岳へいきましたので、丸一日楽しむことができました。休日は睡眠時間が3時間程度で、動き回っております。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1604
2020/5/19 9:59
 ぬいぐるみ
 おはようございます、chiiさん。
あの作業道は急こう配でしたね。コンクリート路面でしたから歩きにくかったです。shilko三大急登は結構みなさん、あるあると同意していただけると思っています。実際にshilokoさんは登山開始直後は息が上がって辛そうにしています。

 写真17の犬のぬいぐるみは、柴犬の豆太です。まるまると太っていて可愛らしいので、車中にいつもあります。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1604
2020/5/19 10:03
 ほどほど
 おはようございます、yasioさん。
タラの木は結構見ましたが、一番芽はほぼ採られてましたね。二番や隠れたところのものを採ったりしておりました。ウドがたくさんあったので、帰りは上物ウド採取してました。シロヤシオ鑑賞もほどほどになってしまいましたね。北毛自然の家周辺の林道はたくさんありました。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1604
2020/5/19 10:10
 肉と山菜
 おはようございます、yamayuriさん。
アカヤシオがいまいちなので、こちらにしました。いつもは周回したり長距離歩いたりしたますが、今回はのんびり散策でしたね。陽気もよかったので、子持山も清々しい山歩きが出来たと思います。

 仙台牛タンを冷凍ですが入手したので、山行きの昼食にしようと以前から決めていました。天気も良く1時間かけてゆっくりと食事ができました。下山はぶらぶら歩きで、ウドとタラの芽採りで花は二の次になってしまいましたね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ