また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2356324 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

大無間山【過去レコ】

情報量の目安: C
-拍手
日程 2008年04月27日(日) ~ 2008年04月28日(月)
メンバー
天候晴れ時々曇
少し雲があった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田代温泉付近の民食ふるさとの少し手前にある駐車場利用
「てしゃまんくの里」の表示あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間16分
休憩
6分
合計
5時間22分
S諏訪神社10:0012:54小無間小屋13:0015:22小無間山
2日目
山行
9時間31分
休憩
32分
合計
10時間3分
小無間山05:2607:28大無間山08:0012:01小無間山10:20小無間小屋13:48諏訪神社13:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手入力
時間は写真から判断
コース状況/
危険箇所等
登山口には雪はなかったが、小無間小屋を超えると少しずつ雪がでてきた。
小無間山まではほとんど道に迷うこともなくたどりつけた。
小無間山頂上は展望はあまりないが、平坦地があり、頂上の雪の上にテントを設営した。
翌朝は少し雲が多く展望は今一つであったが、大無間山方面への登りでは途中展望地もあるが、大無間山頂上は樹林に囲まれていてあまり展望はなかった。
下山の際に少し方向を間違えたところがあった。特に危険という程のところはなかったが、踏み跡が明瞭でない部分はあるので道は間違えないようにする必要はある。
その他周辺情報下山後は畑薙ダム方面に少し進んだところにある「赤石温泉」
過去天気図(気象庁) 2008年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル 行動食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 タオル カメラ テント テントマット シェラフ

写真

駐車場
てしゃまんくの里
2008年04月27日 09:38撮影 by PENTAX Optio 43WR, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場
てしゃまんくの里
登山届提出場
2008年04月27日 10:15撮影 by PENTAX Optio 43WR, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届提出場
小無間山頂上
2008年04月27日 15:22撮影 by PENTAX Optio 43WR, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山頂上
大無間山頂上
2008年04月28日 07:28撮影 by PENTAX Optio 43WR, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山頂上
小無間山頂上
2008年04月28日 09:49撮影 by PENTAX Optio 43WR, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間山頂上

感想/記録

たしか登りの小無間小屋付近で登山者に会ったが、それ以外はほとんど会わなかったと思う。
10年以上前の記録なので、登山道の状態は変わっているかもしれない(2020/5)。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:65人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント テン 設営 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ