また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2361698 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 飯豊山

池平峰(胎内尾根)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月24日(日) [日帰り]
メンバー
 noraneko964(写真)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道は胎内第一発電所より先で冬季閉鎖中(6月上旬解除予定)
ゲートから先は自転車で移動
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
39分
合計
8時間2分
S胎内第一発電所05:2206:24奥胎内ヒュッテ07:00奥胎内ダム07:1508:37五葉ノ峰09:36池平峰09:3709:56雨量計09:5910:42池平峰12:12奥胎内ダム12:3012:40奥胎内ヒュッテ12:4213:24胎内第一発電所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
胎内尾根への取付きは通常、頼母木川に架かる朽ちた吊り橋を渡るが、今回は奥胎内ダムを偵察するため奥胎内トンネル近くの道なき急斜面を登る。
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

胎内方面を目指して朝焼けの国道を走る。前方は櫛形山脈。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内方面を目指して朝焼けの国道を走る。前方は櫛形山脈。
2
新発田の国道脇でいつも出迎えてくれるガスタンク(ニコタンとモモタン)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新発田の国道脇でいつも出迎えてくれるガスタンク(ニコタンとモモタン)
2
ローカル国道290号線に入り胎内を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローカル国道290号線に入り胎内を目指す
1
奥胎内へ向かう県道は胎内第一発電所で冬季閉鎖中。ここから自転車に乗り換える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥胎内へ向かう県道は胎内第一発電所で冬季閉鎖中。ここから自転車に乗り換える。
放水中の胎内第一発電所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放水中の胎内第一発電所
風倉発電所(胎内川ダム)、放水量多め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風倉発電所(胎内川ダム)、放水量多め。
鱒谷沢に架かる橋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鱒谷沢に架かる橋
新緑を映す胎内川ダムのバックウォーター
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑を映す胎内川ダムのバックウォーター
法面工事中の区間あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法面工事中の区間あり
約1時間で奥胎内ヒュッテ到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約1時間で奥胎内ヒュッテ到着
3
駐車場を振り返る。トイレ棟は閉鎖中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を振り返る。トイレ棟は閉鎖中。
ヒュッテ前のゲートは解放中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前のゲートは解放中。
大樽沢に架かる橋。右の尾根はこれから登る胎内尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽沢に架かる橋。右の尾根はこれから登る胎内尾根。
振り返ると二王子岳東面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると二王子岳東面。
3
奥胎内大橋より奥胎内トンネルとその上を通る胎内尾根を望む。スタート地点からここまで標高差は260m、自転車では少々ハード。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥胎内大橋より奥胎内トンネルとその上を通る胎内尾根を望む。スタート地点からここまで標高差は260m、自転車では少々ハード。
トンネルと抜けると前方に桝取倉山が聳える
(注)トンネルの中にバリケードあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルと抜けると前方に桝取倉山が聳える
(注)トンネルの中にバリケードあり
1
トンネル出口。尾根に取付く前に奥胎内ダム周辺を散策してみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル出口。尾根に取付く前に奥胎内ダム周辺を散策してみる。
奥胎内ダムの堤防方面(堤高:82m、堤頂長:約200m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥胎内ダムの堤防方面(堤高:82m、堤頂長:約200m)
ダム湖の上流方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム湖の上流方向
奥胎内ダムは洪水調節と発電を目的とした多目的ダム。堤高は82m、堤頂長は約200m。外から見えないが地下に胎内第四発電所があるようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥胎内ダムは洪水調節と発電を目的とした多目的ダム。堤高は82m、堤頂長は約200m。外から見えないが地下に胎内第四発電所があるようだ。
1
ダムの上流方面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムの上流方面へ。
コンクリートのスロープがある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリートのスロープがある
ボートを浮かべるのに良さそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボートを浮かべるのに良さそうだ。
立ち枯れの木々がインスタ映え?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木々がインスタ映え?
1
上流方面へ立ち枯れの木が続く奥に桝取倉山。放流しているので貯水量少な目。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流方面へ立ち枯れの木が続く奥に桝取倉山。放流しているので貯水量少な目。
2
適当な沢型地形より胎内尾根に取付く。かなり急峻で岩崖の区間あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当な沢型地形より胎内尾根に取付く。かなり急峻で岩崖の区間あり
2
胎内尾根に上がるとしっかりした踏み跡続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内尾根に上がるとしっかりした踏み跡続く
2
木の合い間から奥胎内ダムを見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の合い間から奥胎内ダムを見下ろす
1
珍しい菱形看板、五葉ノ峰を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しい菱形看板、五葉ノ峰を通過
1
左手には大パノラマが。中央奥にアゴク峰その右に大石山、手前から足の松尾根が突き上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には大パノラマが。中央奥にアゴク峰その右に大石山、手前から足の松尾根が突き上げる。
2
足の松尾根の取付きのなだらかなブナ林帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足の松尾根の取付きのなだらかなブナ林帯。
1
ギザグザのアゴク峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギザグザのアゴク峰
2
大樽山〜アゴク峰〜大石山パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽山〜アゴク峰〜大石山パノラマ(元サイズあり)
3
前方に台形の池平峰が見えてくる。山頂は台形の左側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に台形の池平峰が見えてくる。山頂は台形の左側。
1
池平峰の肩の手前は急登が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池平峰の肩の手前は急登が続く。
1
振り返ると奥胎内ダムと胎内尾根末端が一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると奥胎内ダムと胎内尾根末端が一望。
2
まだ残雪たっぷりの二王子岳東面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残雪たっぷりの二王子岳東面。
4
池平峰の西の肩(980m)へ出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池平峰の西の肩(980m)へ出る
1
肩からは胎内川源流部のパノラマが広がる。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩からは胎内川源流部のパノラマが広がる。(元サイズあり)
2
池平峰の山頂は平坦。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池平峰の山頂は平坦。
1
山頂の東側には雪渓が残る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の東側には雪渓が残る
1
池平峰からも踏み跡が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池平峰からも踏み跡が続く
1
今回は雨量計まで行ってみる。少々薮っぽい所もあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は雨量計まで行ってみる。少々薮っぽい所もあり。
1
滝沢峰(やや右)方面を拡大。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝沢峰(やや右)方面を拡大。
1
かまぼこ型の雨量計
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまぼこ型の雨量計
1
稼働しているようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稼働しているようだ
3
ここまでは踏み跡を辿れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは踏み跡を辿れる
1
飯豊主稜線方面パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊主稜線方面パノラマ(元サイズあり)
2
門内岳・小屋アップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門内岳・小屋アップ
3
ムラサキヤシオとアゴク峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオとアゴク峰
3
胎内尾根をどんどん下ると左下方に奥胎内ダムが見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胎内尾根をどんどん下ると左下方に奥胎内ダムが見えてくる
1
再び奥胎内ダムを散策
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び奥胎内ダムを散策
1
右岸から堤防を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から堤防を望む
1
堤防を渡ってみる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堤防を渡ってみる
1
放水口、かなりの高度感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放水口、かなりの高度感。
1
冬囲いされた管理事務所、まだ無人のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬囲いされた管理事務所、まだ無人のようだ。
1
左岸よりダム湖を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸よりダム湖を望む
左岸にはヘリポートがある。手すりがなく落ちれば80m谷底へ、即アウト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸にはヘリポートがある。手すりがなく落ちれば80m谷底へ、即アウト。
トンネルを抜け奥胎内大橋を渡る。欄干には鳥のデザイン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜け奥胎内大橋を渡る。欄干には鳥のデザイン。
1
鏡のような胎内川ダムを眺めながらゲートへ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡のような胎内川ダムを眺めながらゲートへ下る。
1
何度も胎内川ダムを振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も胎内川ダムを振り返る
1

感想/記録

奥胎内の道路状況の確認と胎内尾根からの飯豊主稜線と二王子岳の展望を期待して山行に望む。
胎内尾根は尾根取付きから池平峰、雨量計までは現在も登山道並みの踏み跡あり。しかしそこから先の踏み跡は薮の中に埋もれ辿るのは難しくなる。ただ今のうちなら残雪を拾いながら少しは楽できそうだ。
池平峰(胎内尾根)は足の松尾根と二王子岳から赤津山へ続く尾根に囲まれており、飯豊の奥深さを比較的容易に感じることが出来る魅力的な場所である。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:335人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ