また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2371750 全員に公開 ハイキング 近畿

裏年なの? ちくさ高原から駒ノ尾山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ちくさ高原・駒ノ尾山登山口前Pから周回。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
57分
合計
5時間3分
S駒の尾山ちくさ高原登山口10:2211:34大海里峠11:3912:34駒の尾山13:2413:51大海里峠13:5214:12大海里山14:1315:25駒の尾山ちくさ高原登山口15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ダルガ峰手前から廃林道へはバリルート。
それ以外は特に問題ありません。
その他周辺情報登山口付近にはコンビニ・スーパー等無し。
下山後は日帰り温泉"エーガイヤちくさ"
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

ちくさ高原・駒ノ尾山登山口前P
10台程止められるが既に満車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちくさ高原・駒ノ尾山登山口前P
10台程止められるが既に満車。
登山口近くのタニウツギは満開寸前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くのタニウツギは満開寸前。
5
杉の植林地に緩やかに続く登山道を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の植林地に緩やかに続く登山道を登ります。
1
林床草花の芽生えにはマダ早いが花芽を上げたフタリシズカの群落。
タニギキョウは爆発状態^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林床草花の芽生えにはマダ早いが花芽を上げたフタリシズカの群落。
タニギキョウは爆発状態^^)
1
薄暗い植林を登れば流れに出合う。
流れに架かる木橋を渡り山襞に沿って縫う様に辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄暗い植林を登れば流れに出合う。
流れに架かる木橋を渡り山襞に沿って縫う様に辿る。
1
苔生した枯れ沢を幾度も通り過ぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した枯れ沢を幾度も通り過ぎる。
幾所かのヤマシャクヤク群生地では既に実ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幾所かのヤマシャクヤク群生地では既に実ってる。
1
林床にフモトスミレ点在。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林床にフモトスミレ点在。
1
最後の群生地では何とか咲き残ってた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の群生地では何とか咲き残ってた。
1
咲き残っててラッキー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き残っててラッキー。
8
ギンリョウソウの一家^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウの一家^^)
3
やがて大海里谷の細い流れ。
積雪期は此処を直登するが夏道は右に回り込みながら大きなジグザグを切り登山道は続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて大海里谷の細い流れ。
積雪期は此処を直登するが夏道は右に回り込みながら大きなジグザグを切り登山道は続く。
県境尾根が見えると直ぐに大海里峠に到着。
西面の伐採地からは正面に那岐山、右手奥に岡山の山並みが見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根が見えると直ぐに大海里峠に到着。
西面の伐採地からは正面に那岐山、右手奥に岡山の山並みが見える。
1
県境尾根に続くの中国自然歩道を左折して駒ノ尾山へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根に続くの中国自然歩道を左折して駒ノ尾山へと向かいます。
林床にチゴユリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林床にチゴユリ。
2
ユキザサも咲く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキザサも咲く。
1
P1211迄は階段状の急な登りが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1211迄は階段状の急な登りが続く。
辺りのスズコ(チシマザサ:根曲がり竹)は既に殆ど折取られてる^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りのスズコ(チシマザサ:根曲がり竹)は既に殆ど折取られてる^^)
ブナにカエデ類混じりの森を小さくUp:Downするとサラサドウダンの蕾見っけ。
但し、めっちゃ!花数が少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナにカエデ類混じりの森を小さくUp:Downするとサラサドウダンの蕾見っけ。
但し、めっちゃ!花数が少ない。
1
前方に避難小屋が見えて来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に避難小屋が見えて来る。
避難小屋から兵庫・岡山県境尾根を外れ右へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から兵庫・岡山県境尾根を外れ右へ。
チシマザサ茂る道を僅かに登ると駒ノ尾山頂。
天気は良いが靄?と木の成長や笹の背丈が伸びて山頂の展望は見え難くく成った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チシマザサ茂る道を僅かに登ると駒ノ尾山頂。
天気は良いが靄?と木の成長や笹の背丈が伸びて山頂の展望は見え難くく成った。
3
それでも北には沖ノ山・東山・扇ノ山に天児屋山・氷ノ山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも北には沖ノ山・東山・扇ノ山に天児屋山・氷ノ山。
3
賑わう山頂の3密を避ける為少し南側に移動してランチタイム。
足下にヒメハギ。序にサラサドウダンを見るが何れも蕾さえ無し?
今年は裏年なのだろうか???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賑わう山頂の3密を避ける為少し南側に移動してランチタイム。
足下にヒメハギ。序にサラサドウダンを見るが何れも蕾さえ無し?
今年は裏年なのだろうか???
1
ランチタイムを済ませ下山には往路を戻ります。
東には後山・鍋ヶ谷山・舟木山。
左には三室山・右に日名倉山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチタイムを済ませ下山には往路を戻ります。
東には後山・鍋ヶ谷山・舟木山。
左には三室山・右に日名倉山。
2
往路を戻って再び大海里峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路を戻って再び大海里峠。
駒ノ尾山付近のサラサドウダンは不発だったので
最後の望みとして中国自然歩道を外れ大海里山へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ノ尾山付近のサラサドウダンは不発だったので
最後の望みとして中国自然歩道を外れ大海里山へ
大海里山直下は急斜面にプチ岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大海里山直下は急斜面にプチ岩場。
よっしゃー!! 山頂手前でサラサドウダン見っけ^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よっしゃー!! 山頂手前でサラサドウダン見っけ^^)
5
花数は少なめだが咲いてて良かった。
これで目的花3種類の内2種類ゲット^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花数は少なめだが咲いてて良かった。
これで目的花3種類の内2種類ゲット^^)
4
4等三角点建つ大海里山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4等三角点建つ大海里山。
山頂のレンゲツツジ見頃。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のレンゲツツジ見頃。
1
振り返り見る駒ノ尾山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り見る駒ノ尾山。
マンネンスギの群落を抜け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンネンスギの群落を抜け
再び中国自然歩道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び中国自然歩道に合流。
←大茅スキー場・↑ダルガ峰:ちくさ高原分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
←大茅スキー場・↑ダルガ峰:ちくさ高原分岐。
分岐からバリルートで廃林道へとトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からバリルートで廃林道へとトラバース。
崩壊地?伐採地?に支尾根・谷筋を3度程乗り越えると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地?伐採地?に支尾根・谷筋を3度程乗り越えると
何とか廃林道(林道跡)に降り立った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか廃林道(林道跡)に降り立った。
林道は長い間放置された様で深い溝に土が洗われゴロタ石が転がり歩き難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は長い間放置された様で深い溝に土が洗われゴロタ石が転がり歩き難い。
やがてコンクリート道に変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてコンクリート道に変わります。
コンクリート道を5-6分も下れば駐車地に戻った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリート道を5-6分も下れば駐車地に戻った。
下山後、ちくさ高原クリンソウ自生地へ。
新型コロナの影響でイベントは中止だが自由散策はOK。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、ちくさ高原クリンソウ自生地へ。
新型コロナの影響でイベントは中止だが自由散策はOK。
ちくさ高原のクリンソウ自生地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちくさ高原のクリンソウ自生地。
4
ヤマフジも咲き始め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマフジも咲き始め。
1
山中では蕾だったナナカマドも花盛り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中では蕾だったナナカマドも花盛り。
1
栃ノ木にも花が咲く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃ノ木にも花が咲く。
1
序にたたらの里にも立寄り色変わりのクリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序にたたらの里にも立寄り色変わりのクリンソウ。
3
エーガイヤちくさで一っ風呂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エーガイヤちくさで一っ風呂。

感想/記録
by k2kobe

当初は東床尾山から西床尾山周回予定だったが
クリンソウ・ヤマシャクヤク・サラサドウダンを見たくて急遽の変更。
お陰で咲き残りのヤマシャクヤク・終盤だったがクリンソウ・裏年だったサラサドウダンと
見たかった三種の花、全て見る事が出来た。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:590人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ