また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2393697 全員に公開 ハイキング 道東・知床

雌阿寒岳 火口に囲まれる絶景周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 風弱く
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雌阿寒温泉に駐車 トイレも使用可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全コースともよく整備されており、歩きやすい。
阿寒富士は火山性の砂礫上なので、足元がズレ易い
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

雌阿寒温泉駐車場を出発
2020年06月14日 05:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒温泉駐車場を出発
2
下山後の温泉も営業中で〜す
2020年06月14日 05:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の温泉も営業中で〜す
5
雌阿寒温泉登山口 アカエゾマツに覆われたコースだ。
2020年06月14日 05:30撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒温泉登山口 アカエゾマツに覆われたコースだ。
2
アカエゾマツの森を登る。
2020年06月14日 05:35撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカエゾマツの森を登る。
3
根っこが歩きにく。
2020年06月14日 05:54撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っこが歩きにく。
3
イソツツジが咲いている。
2020年06月14日 06:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イソツツジが咲いている。
6
まだ蕾も多く、7月上旬辺りが見ごろかな。
2020年06月14日 06:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ蕾も多く、7月上旬辺りが見ごろかな。
2
高山帯へ入り、太陽が降り注ぐ。
2020年06月14日 06:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山帯へ入り、太陽が降り注ぐ。
2
眩い空と緑
2020年06月14日 06:23撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眩い空と緑
3
振り返ると原生林の彼方には大雪^十勝連峰の山並み
2020年06月14日 06:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると原生林の彼方には大雪^十勝連峰の山並み
6
お〜 オンネトーが少し見える。
2020年06月14日 06:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜 オンネトーが少し見える。
3
さらに高度を上げるとその全景が。
私にとって思いである湖だ。
2020年06月14日 06:32撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに高度を上げるとその全景が。
私にとって思いである湖だ。
10
手前に雌阿寒岳の赤い溶岩、そして背景には十勝連峰を配置してみる。
2020年06月14日 07:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に雌阿寒岳の赤い溶岩、そして背景には十勝連峰を配置してみる。
7
メアカンキンバイだ。
固有種ではないが、ここで初めて発見されたそうだ。
メアカンフスマもこの山の名前が付いているが、
今日はまだ時期早く咲いていない。
2020年06月14日 07:04撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイだ。
固有種ではないが、ここで初めて発見されたそうだ。
メアカンフスマもこの山の名前が付いているが、
今日はまだ時期早く咲いていない。
8
山頂が近い。ハイマツも背が低くなる。
2020年06月14日 07:05撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近い。ハイマツも背が低くなる。
2
どこまでも広がる原生林
2020年06月14日 07:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも広がる原生林
4
荒々しい火山の様相を醸し出す。
2020年06月14日 07:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい火山の様相を醸し出す。
1
そして次の瞬間、外輪山に到達すると一気に広がる巨大な火口が目に飛び込む。一番深いところには赤沼が見える。
2020年06月14日 07:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして次の瞬間、外輪山に到達すると一気に広がる巨大な火口が目に飛び込む。一番深いところには赤沼が見える。
12
カルデラにより落ち込み、残った外輪が切り立っている荒々しい稜線。雌が付く山の名前からは想像出来ないその様相だ。
2020年06月14日 07:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カルデラにより落ち込み、残った外輪が切り立っている荒々しい稜線。雌が付く山の名前からは想像出来ないその様相だ。
3
阿寒富士も見えてきた。
2020年06月14日 07:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士も見えてきた。
7
迫力ある崖と噴気口
2020年06月14日 07:31撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力ある崖と噴気口
4
そして東に目を転じれば中マチネシリの火口とその先の剣が峰、さらに雄阿寒岳、阿寒湖など名勝がずらり。
2020年06月14日 07:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして東に目を転じれば中マチネシリの火口とその先の剣が峰、さらに雄阿寒岳、阿寒湖など名勝がずらり。
10
阿寒富士、その名の通り綺麗な円錐形だ。手前の火口との対照的な光景。
2020年06月14日 07:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士、その名の通り綺麗な円錐形だ。手前の火口との対照的な光景。
5
中マチネシリ火口を画角広く切り取る。
2020年06月14日 07:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中マチネシリ火口を画角広く切り取る。
8
また一つ百名山ゲットだ。
2020年06月14日 07:44撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また一つ百名山ゲットだ。
12
青沼越しに阿寒富士を眺める。
2020年06月14日 07:49撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青沼越しに阿寒富士を眺める。
10
そのまま左を向けばこの景色。素晴らしい山頂からの景色だ。
2020年06月14日 07:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま左を向けばこの景色。素晴らしい山頂からの景色だ。
8
青沼の向こうからも盛んに噴気が上がる。
2020年06月14日 07:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青沼の向こうからも盛んに噴気が上がる。
6
火口に取り囲まれるように立っているこの場所に
大自然の息吹と恐れを感じる。
2020年06月14日 07:55撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口に取り囲まれるように立っているこの場所に
大自然の息吹と恐れを感じる。
6
火山の荒々しい風景だというのに、色合いは鮮やかだ。
2020年06月14日 08:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山の荒々しい風景だというのに、色合いは鮮やかだ。
9
阿寒富士分岐点からは噴気が近い。
2020年06月14日 08:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士分岐点からは噴気が近い。
遠くから見るといい光景。
2020年06月14日 08:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くから見るといい光景。
3
200mほど登り阿寒富士へ。
2020年06月14日 09:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mほど登り阿寒富士へ。
6
雌阿寒岳の全容、カルデラ火山の典型的な様相だ。
2020年06月14日 09:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳の全容、カルデラ火山の典型的な様相だ。
8
赤い溶岩が目立つ阿寒富士の山頂付近。
2020年06月14日 09:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い溶岩が目立つ阿寒富士の山頂付近。
1
阿寒富士からの東側の展望
2020年06月14日 09:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寒富士からの東側の展望
1
赤い溶岩越しに見る雌阿寒岳
2020年06月14日 09:14撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い溶岩越しに見る雌阿寒岳
2
赤い山と黄色い山
2020年06月14日 09:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い山と黄色い山
3
オンネトーの全貌だ。
2020年06月14日 09:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンネトーの全貌だ。
4
メアカンキンバイと阿寒富士
2020年06月14日 09:37撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メアカンキンバイと阿寒富士
7
オンネトーへ向けて下山する。
2020年06月14日 09:45撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンネトーへ向けて下山する。
1
エゾオオサクラソウ
2020年06月14日 10:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾオオサクラソウ
9
オンネトーが近くなるについて沢山咲いている。
2020年06月14日 10:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンネトーが近くなるについて沢山咲いている。
5
湖畔の樹々の隙間から見る雌阿寒岳
2020年06月14日 11:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔の樹々の隙間から見る雌阿寒岳
3
雌阿寒岳と阿寒富士
2020年06月14日 11:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳と阿寒富士
8
だいぶ雲が多くなったような。
2020年06月14日 11:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ雲が多くなったような。
1
澄んだ水を湛えるオンネトー
2020年06月14日 11:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
澄んだ水を湛えるオンネトー
7
撮影機材:

感想/記録
by tekapo

梅雨のない北海道はこの週末もいい天気予報が出ている。
そして高山植物が咲き始める最高の時期を迎えている頃だろう。

今日は少し足を延ばして、百名山・雌阿寒岳を目指すことに。
旭川からは220km、そのほとんどを下道で走るので3時間少しはかかるだろうか。

雌阿寒温泉登山口を5:30出発。
最初はアカエゾマツの森を抜けていく。
程なくしてハイマツ帯となり、視界が一気に開ける。
高山植物はまだ少ないが、お目当てのメアカンキンバイは咲いており、
健気に咲くその様に癒しを感じる。

外輪山に登り上げた。
そこから見る景色は雌と名の付くそのイメージとはかけ離れた
カルデラ火山の荒々しい火口が広がる。
さらに東には中マチネシリ火口も見え、
大地の創成期を思わせる地形に畏敬の念を抱く。

外輪山を半周し、さらに阿寒富士へと登頂する。
ここから見る雌阿寒岳が最高に美しい。
遠くには大雪山から十勝連峰の眺め、南には釧路湿原が見渡せる。
百名山の名に相応しい山である。

オンネトーへ降り立った。
34年前の若かりし頃、バイクでこの地にテントを張り、
青く澄んだ湖に感激したのを今でも覚えている。

下山後のお楽しみは雌阿寒温泉の野中温泉別館へ。
洗い場はないが、疲れた足を癒し汗を流し。
今日もいい山を満喫だ。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:533人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/22
投稿数: 2128
2020/6/17 19:36
 これぞ火山ですね!
テカポさん、こんばんは。お久しぶりです♪
しかし、日本ではないようなスゴイ景色ですね!
ザ・火山って感じでカッコいいです〜
雌阿寒岳は百名山なんですね。北海道の山は全然登ったことなくて知りませんでした
梅雨のない、北海道。こんなダイナミックな眺望を見れて、下山後は温泉もありで超羨ましいですわ。
長期出張を存分に楽しまれて下さい!
登録日: 2011/2/21
投稿数: 1154
2020/6/17 21:17
 茶太郎さんへ
ご無沙汰です。
関西に住んでいると、火山とはあまり縁がないですよね。
それに比べて東北や九州、そして北海道には今も噴気をあげる
火山が沢山ありますもんね。
雌阿寒岳はあまり事前情報を得ずに登ったので
あれ程までに迫力の火口があるなんてビックリでした。

火山が多ければ温泉も多い!
登山の後の楽しみも一杯です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ