また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2401985 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

裏大文字

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5~1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間22分
休憩
17分
合計
2時間39分
S水場14:0814:34中尾城跡14:4115:04中尾の滝15:0615:18幻の滝15:2015:28出逢坂15:2915:58大文字山16:0216:20大文字火床16:2116:45水場16:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
梅雨の晴れ間の土曜。以前から気になっていた裏大文字へ。久し振りの登山靴でしたが、やはり左足が少しあわなくなっているようです。下山の際に足がぶつかって痛く、ペースが出せません。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし。
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 サブザック 飲料 地図(地形図) GPS 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

中尾城址の標識。
2020年06月20日 14:33撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾城址の標識。
1
新緑が目に青いです。
2020年06月20日 14:33撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が目に青いです。
1
中尾城址の標識。PHさんのですね。
2020年06月20日 14:35撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾城址の標識。PHさんのですね。
白川へ注ぐ沢。昨日の雨のせいか水量が多いようです。気温が低くて気分が良いです。
2020年06月20日 14:52撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白川へ注ぐ沢。昨日の雨のせいか水量が多いようです。気温が低くて気分が良いです。
1
良い感じの谷間です。
2020年06月20日 14:52撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じの谷間です。
中尾の滝の標識。これもPHさん。
2020年06月20日 15:01撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾の滝の標識。これもPHさん。
中尾の滝発見。意外に水量があります。谷間がとても涼しくて気分が良いです。
2020年06月20日 15:01撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾の滝発見。意外に水量があります。谷間がとても涼しくて気分が良いです。
ここで、年配の男性と若い男性のパーティとすれ違います。
2020年06月20日 15:01撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、年配の男性と若い男性のパーティとすれ違います。
1
幻の滝の広場。井戸の痕ですかね。広い空間になっていて、建物でも建っていた感じ。
2020年06月20日 15:20撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻の滝の広場。井戸の痕ですかね。広い空間になっていて、建物でも建っていた感じ。
木のこぶ?
2020年06月20日 15:21撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木のこぶ?
1
大文字山に向かう分岐。今日は山頂を経由して火床に降りますので右の道を選択。
2020年06月20日 15:36撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大文字山に向かう分岐。今日は山頂を経由して火床に降りますので右の道を選択。
山頂から。時間が遅めだったので登山者は10人ほど。火床から上がってきたネパール人4人組の写真を撮ってあげました。
2020年06月20日 15:44撮影 by ASUS_X00QD, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から。時間が遅めだったので登山者は10人ほど。火床から上がってきたネパール人4人組の写真を撮ってあげました。
1

感想/記録
by kasaU

大文字の北面には初めて行きましたが、なかなか良いところです。これからのシーズン、遠征できないときはトレーニングに良いかも。ただ、分岐が多いのでGPSと地図が必須です。

いつもの火床への登山道には分岐せず、そのまま直進して堰堤を越えつつ中尾城趾に向かいます。あまり人はいません。ここでは早々に子鹿と遭遇。こちらに全然気づかないので、手を鳴らして移動して貰います。東山では時々鹿を見かけますね。
250mの鞍部に乗ると分岐。直進すれば中尾の滝に降り、左に行けば中尾城跡、右は多分火床に出ます。城跡が気になっていたので、まずは左手に。城跡はかなり狭い空間で、良くて櫓くらいしか無かった気がします。裏手に沢があるので、守るにはよかったのかもしれません。周辺には出丸らしい痕跡も。城を見た後は谷に下って中尾の滝へ。北の白川に流れ込む沢が走っていて、水量もあって涼しげ。白川石でできた砂が堆積していて、北山の他の渓流とは違う趣です。暫く川沿いに北の方まで歩いて様子を見てしまいます。
北への探検を切り上げると、中尾の滝に向かいます。川沿いの道は少し分かりにくいです。分岐も多い。滝の周囲は手頃な広場になっており、通りすがりの登山者の方は、昔生徒がキャンプをしていた、と話されていました。確かにテント適地です。この方達は健脚で、あっという間に姿が見えなくなってしまいました。私も精進せねば。..
中尾の滝を過ぎると、沢を遡りつつ幻の滝へ。滝自体はよくわからなかったのですが、滝があるとおぼしきあたりは広くて平らなスペースが広がっており、井戸らしき跡も見受けられました。人が住んでいたのでしょう。廃村八丁と似た雰囲気を感じます。
幻の滝を越えると、出合坂まで少し急な道を登ります。可愛い看板もさがっていたのですが、写真を撮るのを忘れていました。急登を過ぎると見慣れた山頂への道に合流します。山頂には10人ほどの登山者が休憩していました。雲も無く、大阪方面まできれいに見えます。ハルカスっぽいたてものも見えた気がします。大文字山は外国人にも人気ですが、今日はネパール人4人組に写真を頼まれました。近くのカレー屋さんの店員でしょうか?楽しそうです。
山頂からは火床を経由して自転車をデポした駐輪場まで降りますが、どうにも靴が会わなくなっているようで難儀します。そろそろ買い換え・貼り替えの時期でしょうか。大分手間取りました。大文字でトレーニングしておいて良かったのかも。明日は用具店に行く事にします。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:285人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/12/19
投稿数: 18
2020/6/21 3:54
 ご注意
大文字でも遭難します。
道迷いするので脇道は厳禁です!
アドベンチャーは自己責任!!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ