また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2436593 全員に公開 ハイキング 八ヶ岳・蓼科

横岳 ↑↓杣添尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月15日(水) [日帰り]
メンバー
天候朝方は薄曇り、森林限界手前からガスガス、稜線上と山頂はガスガス霧雨 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海ノ口自然郷 杣添尾根駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂滞在が長いのは無線遊びをしていたためです。
コース状況/
危険箇所等
杣添尾根上部は尾根筋の冬道が伐採され、新たなコースとなっていた。登りはともかく下りが滑るので十分な注意が必要。
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ 無線機

写真

駐車場は乾いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は乾いていました。
靴が汚れるのでここまでは車道歩きで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
靴が汚れるのでここまでは車道歩きで。
橋を渡って侵入します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って侵入します。
1
杣添尾根は下部が急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杣添尾根は下部が急登。
初めて見た気もするし、これまで何度も見ていた気もする。
ここらあたりまでは、ハッキリ影ができるほど太陽が出ていたのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて見た気もするし、これまで何度も見ていた気もする。
ここらあたりまでは、ハッキリ影ができるほど太陽が出ていたのだが。
横岳展望地は初めて見た。冬は雪の下ですからね。
すぐ先のピークもろくに見えないガスガスに沈む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳展望地は初めて見た。冬は雪の下ですからね。
すぐ先のピークもろくに見えないガスガスに沈む。
尾根筋の冬道が伐採されている。登りはともかく下りは滑るだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋の冬道が伐採されている。登りはともかく下りは滑るだろうな。
ハイマツ帯で横殴りの小雨が降ってきた><。風も強いし。
どうしよどうしよ^^。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯で横殴りの小雨が降ってきた><。風も強いし。
どうしよどうしよ^^。
プランBで横岳へ。何となく最初からこうなると思っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プランBで横岳へ。何となく最初からこうなると思っていた。
1
主稜線上は風が強い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線上は風が強い。
2本ハシゴを登れば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本ハシゴを登れば。
誰もいない山頂。風はあって少し寒いが、雨は降ってません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない山頂。風はあって少し寒いが、雨は降ってません。
2
無線遊びを楽しんだら帰ります。
1分も歩かず山頂は見えなくなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無線遊びを楽しんだら帰ります。
1分も歩かず山頂は見えなくなる。
あっという間に稜線ともお別れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に稜線ともお別れ。

感想/記録
by km117

 関東地方の山岳域はどこも雨予報。梅雨前線は一旦伊豆半島まで南下してくるので、前線から離れかつ日本海の低気圧から影響を受けない甲府盆地周辺だけは雨が降らない予報。ではここならと、南八ヶ岳エリアの東面杣添尾根から横岳・赤岳を狙いましたが、稜線はガスガスで何も見えないし強風で寒いので横岳で諦め。
 無雪期の杣添尾根は初めてだったが、北八ヶ岳のような苔むした雰囲気もよく、静かに黙々と歩くにはいいように思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:449人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/2
投稿数: 800
2020/7/18 11:18
 ニアミス!
大雪の雲取山以来のバッタリとはいかずニアミスでした。
赤岳方面に少しウロウロしている間にすれ違ってしまったようです。
一枚目の写真の一番奥に私の車が写っています

ガスは覚悟していたのですが、予想外に風が強くて寒かったですね。
杣添尾根上部は以前は北側を巻く感じでつけられていましたが、
つけかえられた尾根道は冬道だったのですね(積雪期は歩かないので)。
登録日: 2012/3/8
投稿数: 121
2020/7/18 11:30
 Re: ニアミス!
 masuko姉さんの日記の時間で、相当稜線上を歩き回っていたのだなと思っておりました。赤岳方面にも足を延ばされていたのですね。
 今回好天は望めずとも、もう少しマシかなと思っておりましたが、この時季は仕方ないですね。これで3回連続、ガスガス山行になってしまいました><。
 杣添尾根上部の巻き道は残雪期に行ったことがあるのですが、不明瞭で踏み抜き・落ちまくりで散々な目に遭いました。夏道も尾根筋になるとわかりやすく安全だと思いますが、あの根っこ滑りまくりがたまりませんね。
 
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ハイマツ ガス 急登 梅雨 ガスガス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ