また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2460476 全員に公開 ハイキング 丹沢

大倉〜三ノ塔

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年07月30日(木) [日帰り]
メンバー
天候小雨、曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
1時間41分
合計
7時間9分
S大倉バス停08:0308:12山岳スポーツセンター08:1208:33三ノ塔尾根道入口08:3409:28牛首09:3011:00三ノ塔12:3914:15牛首14:1514:51三ノ塔尾根道入口14:5115:13大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年07月の天気図 [pdf]

写真

今回もヒル対策のスプレーを吹きかけた。
2020年07月30日 08:02撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もヒル対策のスプレーを吹きかけた。
1
吊り橋を渡り、ゆっくりなペースで、林道をひたすら歩いていく。
2020年07月30日 08:47撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡り、ゆっくりなペースで、林道をひたすら歩いていく。
1
牛首で、雨が少し強くなっていたので、レインウェアの上着を着用することにした。ザックにレインカバー装着。ヒルが少し見られるようになってきた。
2020年07月30日 09:14撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首で、雨が少し強くなっていたので、レインウェアの上着を着用することにした。ザックにレインカバー装着。ヒルが少し見られるようになってきた。
1
途中で、pepe1215さんに雲海が見えますよ、と言われたが、よくわからず。
2020年07月30日 10:22撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で、pepe1215さんに雲海が見えますよ、と言われたが、よくわからず。
奥秩父の2泊3日の縦走の計画の詳細や装備について、質問しながらゆっくりと歩き続ける。
2020年07月30日 10:58撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父の2泊3日の縦走の計画の詳細や装備について、質問しながらゆっくりと歩き続ける。
とうとう、三ノ塔まで人に出会わなかった。三ノ塔に着いても霧は少しも晴れず、何も景色は堪能できず。
2020年07月30日 11:01撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう、三ノ塔まで人に出会わなかった。三ノ塔に着いても霧は少しも晴れず、何も景色は堪能できず。
2
三ノ塔避難小屋で昼飯、ジェットボイルを初めて使った。お湯が沸くのはホントに早い。お湯かけてパスタを食べた。
2020年07月30日 11:02撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔避難小屋で昼飯、ジェットボイルを初めて使った。お湯が沸くのはホントに早い。お湯かけてパスタを食べた。
20分くらいで、昼飯を食べ終わったが、pepe 1215さんはいつも通りご飯を炊くので、時間がかかる。ここでも、山に関しての話を聞いたりして1時間半ほど貸し切り状態の避難小屋で過ごした。
2020年07月30日 11:41撮影 by E-M5MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分くらいで、昼飯を食べ終わったが、pepe 1215さんはいつも通りご飯を炊くので、時間がかかる。ここでも、山に関しての話を聞いたりして1時間半ほど貸し切り状態の避難小屋で過ごした。

感想/記録
by taca55

pepe1215さんとトレーニングで、大倉から丹沢山の往復を計画していたが、大倉バス停で雨がぱらついていたため、三ノ塔往復に予定変更。大倉バス停では、何人か登山者は見かけたが、三ノ塔方面に行く人はおそらくいなかった。

帰りの下りも人に出会わないですねーとか言いながら、歩いていたら、初めて人間とすれ違う。

途中で、道を間違えたことにpepeさんが気づき、元のルートへと戻った。
ほとんど、迷わないようなルートでもぼんやりしてると間違えることはあるということに気づけてよかった。

牛首から大倉までの林道がかなり長く感じた、こんなにここ歩いたっけ?というほど長かった。

今回は、pepeさんと8月に行く2泊3日縦走のためのトレーニングとその詳細に関しての打ち合わせを兼ねていた。pepeさんと歩くと、ゆったりしたペースになるが、長い時間歩き続けるというトレーニングになった。
装備に関してなど、色々と質問できてよかった。




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:163人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザック 雲海 林道 避難小屋 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ