また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2465619 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

入笠山:意外な落とし穴で道迷い(すずらんの里〜青柳駅)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間54分
休憩
21分
合計
5時間15分
Sスタート地点10:5812:07展望台12:43お花茶屋12:4813:22山彦荘13:2913:33マナスル山荘13:48岩場コース 迂回コース分岐13:4913:59入笠山14:0614:12岩場コース 迂回コース分岐14:20御所平登山口14:26山彦荘14:2714:48お花茶屋15:12展望台15:56入笠山大沢登山口16:11金沢宿本陣跡16:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報金沢温泉金鶏の湯
https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/chiikifukushi/1359.html
大人600円(茅野市民以外)

写真

本日は「すずらんの里駅」からスタート。
無人駅で、目視で確認した限り、自販機・トイレ・給水設備等、一切ありませんでした。
2020年08月01日 10:59撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は「すずらんの里駅」からスタート。
無人駅で、目視で確認した限り、自販機・トイレ・給水設備等、一切ありませんでした。
目指す入笠山。幸い、山頂は雲に覆われていませんでした。
実は、電車の車窓から見た限りでは、すでに八ヶ岳と南アルプスの稜線が雲に覆われていました。
2020年08月01日 11:00撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す入笠山。幸い、山頂は雲に覆われていませんでした。
実は、電車の車窓から見た限りでは、すでに八ヶ岳と南アルプスの稜線が雲に覆われていました。
途中で農家で飼われているヤギに遭遇。真っ黒な顔で、なんとなく禍々しい雰囲気でした。
2020年08月01日 11:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で農家で飼われているヤギに遭遇。真っ黒な顔で、なんとなく禍々しい雰囲気でした。
ここからショートカットできるようでしたが、車道をそのまま歩きます。
2020年08月01日 11:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからショートカットできるようでしたが、車道をそのまま歩きます。
ここを左側に鋭角に曲がって、登山道に突入です。
2020年08月01日 11:17撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左側に鋭角に曲がって、登山道に突入です。
しばらく、こうした砂利道が続きます。
2020年08月01日 11:18撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく、こうした砂利道が続きます。
ようやく道標が出てきました。
このコース、極端に道標が少ないです。
2020年08月01日 11:19撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく道標が出てきました。
このコース、極端に道標が少ないです。
まだまだ続く砂利道。
2020年08月01日 11:32撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続く砂利道。
時折顔を上げると、太陽と青空と木々の緑が眩しいです。
ようやく梅雨が終わり、夏の訪れを感じる季節となりました。
2020年08月01日 11:42撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折顔を上げると、太陽と青空と木々の緑が眩しいです。
ようやく梅雨が終わり、夏の訪れを感じる季節となりました。
沢沿いのコースですので、所々、小さな沢が合流しています。
飲めるかどうかは不明でしたので、タオルを濡らして顔を拭くだけにしておきました。冷たくて最高に気持ちいいです。
2020年08月01日 11:45撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いのコースですので、所々、小さな沢が合流しています。
飲めるかどうかは不明でしたので、タオルを濡らして顔を拭くだけにしておきました。冷たくて最高に気持ちいいです。
さて、ここがすずらんの里駅からのルートと青柳駅からのルートの合流地点ですが…
2020年08月01日 12:04撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここがすずらんの里駅からのルートと青柳駅からのルートの合流地点ですが…
青柳駅からのルートが藪こぎ状態のように見えるのですが…
帰りはこちらを通ることになります。
2020年08月01日 12:05撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青柳駅からのルートが藪こぎ状態のように見えるのですが…
帰りはこちらを通ることになります。
さて、ここから先も、相変わらず林道が続きます。
2020年08月01日 12:06撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここから先も、相変わらず林道が続きます。
まだまだ林道が続きます。
2020年08月01日 12:12撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ林道が続きます。
途中、電波塔がありました。
2020年08月01日 12:44撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、電波塔がありました。
この真新しい看板の建物が…
2020年08月01日 12:46撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この真新しい看板の建物が…
お花茶屋です。
比較的キレイな建物でしたが、営業していませんでした。トイレ・水場もありません。
2020年08月01日 12:47撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花茶屋です。
比較的キレイな建物でしたが、営業していませんでした。トイレ・水場もありません。
結局、山頂直下まで林道・車道のアプローチでした。
「これは楽勝だな」と、この時点では思っていたのですが…
2020年08月01日 13:02撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、山頂直下まで林道・車道のアプローチでした。
「これは楽勝だな」と、この時点では思っていたのですが…
こちらも休業中っぽい。
2020年08月01日 13:05撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも休業中っぽい。
ここで車道と合流します。
2020年08月01日 13:14撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで車道と合流します。
途中、地図があちこちにあります。
2020年08月01日 13:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、地図があちこちにあります。
トイレは非常にキレイで、水洗・洋式・給水不可(飲料禁止)でした。
ちなみに、すぐ近くに自販機があります。
2020年08月01日 13:27撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは非常にキレイで、水洗・洋式・給水不可(飲料禁止)でした。
ちなみに、すぐ近くに自販機があります。
山彦荘。営業中です。
2020年08月01日 13:28撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘。営業中です。
こちらは、お花畑の入り口です。
2020年08月01日 13:34撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、お花畑の入り口です。
お花畑の中を歩けるという、なかなか珍しいロケーションです。
ただ、標高2,000m未満ですので、現状は見頃を過ぎているようでした。狙いは春でしょうか(とはいえ、そこそこ咲いています)。
帰りの電車の都合もあるので、お花の撮影は見送りました。
2020年08月01日 13:35撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑の中を歩けるという、なかなか珍しいロケーションです。
ただ、標高2,000m未満ですので、現状は見頃を過ぎているようでした。狙いは春でしょうか(とはいえ、そこそこ咲いています)。
帰りの電車の都合もあるので、お花の撮影は見送りました。
お花畑を通過して、ようやく登山道らしくなってました。
2020年08月01日 13:43撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑を通過して、ようやく登山道らしくなってました。
岩場コースと巻道コースの分岐です。
漢は黙って岩場コース。
2020年08月01日 13:47撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場コースと巻道コースの分岐です。
漢は黙って岩場コース。
岩場コース?
2020年08月01日 13:53撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場コース?
自分の登山史上、最もカワイイ鎖場でした。
2020年08月01日 13:54撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分の登山史上、最もカワイイ鎖場でした。
そして登頂。
一応、目標の14:00ギリギリでした。
2020年08月01日 13:59撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登頂。
一応、目標の14:00ギリギリでした。
八ヶ岳は雲の中。
2020年08月01日 14:00撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は雲の中。
南アルプスも雲の中。
2020年08月01日 14:02撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも雲の中。
北アルプスも雲の中。
2020年08月01日 14:03撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも雲の中。
中央アルプスはかろうじて快晴のようです。
2020年08月01日 14:04撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスはかろうじて快晴のようです。
お花畑まで戻ってきました。
帰りは、登山道をそのまま降ります。
2020年08月01日 14:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑まで戻ってきました。
帰りは、登山道をそのまま降ります。
そしてマナスル山荘(新館)。
2020年08月01日 14:20撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてマナスル山荘(新館)。
こちらは旧館?いい意味で夏の観光地っぽい雰囲気。
時間があれば、いろいろ満喫したいところだったのですが…
2020年08月01日 14:21撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは旧館?いい意味で夏の観光地っぽい雰囲気。
時間があれば、いろいろ満喫したいところだったのですが…
こちらのトイレは、和式・水洗・給水不可。
2020年08月01日 14:21撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらのトイレは、和式・水洗・給水不可。
そして車道との分岐まで戻ってきました。
この時点では、ひたすら林道を降るだけと思っていましたが…
2020年08月01日 14:31撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして車道との分岐まで戻ってきました。
この時点では、ひたすら林道を降るだけと思っていましたが…
問題の青柳駅への分岐。ここから先が本日の核心部です。
2020年08月01日 15:12撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題の青柳駅への分岐。ここから先が本日の核心部です。
それまでの林道・車道とは違って、踏み跡が怪しくなります。
とはいえ、結果的には、踏み跡は明瞭でしたが…
2020年08月01日 15:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それまでの林道・車道とは違って、踏み跡が怪しくなります。
とはいえ、結果的には、踏み跡は明瞭でしたが…
いったん林道に出まして…
2020年08月01日 15:15撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん林道に出まして…
さらに登山道へ。
2020年08月01日 15:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登山道へ。
踏み跡は明瞭です。
2020年08月01日 15:16撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は明瞭です。
ゴリゴリ降りていくのですが…
2020年08月01日 15:20撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴリゴリ降りていくのですが…
問題は、ここのピンクリボン。
明らかに直進の踏み跡があるのですが、GPSでは、右側に明確なログがありました。ただ、右側は完全にヤブの中で、ピンクリボンも道標もありません。
2020年08月01日 15:23撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題は、ここのピンクリボン。
明らかに直進の踏み跡があるのですが、GPSでは、右側に明確なログがありました。ただ、右側は完全にヤブの中で、ピンクリボンも道標もありません。
どう見ても道迷いでついたような踏み跡ではないため、そのまま直進してみることに。そうしたところ、無事林道に降りられました。
写真は降りてから撮影したものであり、いわば登山道の入口といえますが、道標やピンクリボンは一切ありません。
2020年08月01日 15:29撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どう見ても道迷いでついたような踏み跡ではないため、そのまま直進してみることに。そうしたところ、無事林道に降りられました。
写真は降りてから撮影したものであり、いわば登山道の入口といえますが、道標やピンクリボンは一切ありません。
そして、しばらく林道を歩くと…
2020年08月01日 15:30撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、しばらく林道を歩くと…
さきほどのピンクリボンの分岐を降りた地点と思われる箇所です。
確かに、踏み跡らしいものはあるのですが、尾根を直登している点からすると、積雪期のコースなのでは?
2020年08月01日 15:34撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さきほどのピンクリボンの分岐を降りた地点と思われる箇所です。
確かに、踏み跡らしいものはあるのですが、尾根を直登している点からすると、積雪期のコースなのでは?
ここからの降りのルートは明瞭でしたので、こちらを降りました。ちなみに、林道も並行しています。
2020年08月01日 15:34撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの降りのルートは明瞭でしたので、こちらを降りました。ちなみに、林道も並行しています。
そのまま登山道と林道を交互に歩いていくと…
2020年08月01日 15:38撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま登山道と林道を交互に歩いていくと…
舗装路につながる林道に出ます。
2020年08月01日 15:47撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路につながる林道に出ます。
ここ、「ハイキングコース」との道標がありますが…
2020年08月01日 15:48撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、「ハイキングコース」との道標がありますが…
これは流石に立ち入り禁止にしたほうがいいのでは?
2020年08月01日 15:49撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは流石に立ち入り禁止にしたほうがいいのでは?
舗装路に出てから。八ヶ岳は黒い雨雲の中。
2020年08月01日 16:03撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に出てから。八ヶ岳は黒い雨雲の中。
そして、「金沢温泉金鶏の湯」で、本日の登山はこれにて終了。
2020年08月01日 16:13撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、「金沢温泉金鶏の湯」で、本日の登山はこれにて終了。
最寄り駅の青柳駅へは、温泉から約15分程度です。
改札外にトイレ(洋式・水洗・給水可)あり。自販機なし。
2020年08月01日 17:23撮影 by iPod touch, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最寄り駅の青柳駅へは、温泉から約15分程度です。
改札外にトイレ(洋式・水洗・給水可)あり。自販機なし。

感想/記録

ようやく晴れ間が望める天気となったため、早速18きっぷを握りしめ、いざ長野の山へ。

当初、八ヶ岳に登ろうかとも思いましたが、まだ天気が怪しかったため、今年の夏に登りたい山を一望できる、入笠山を狙いました。もちろん、ゴンドラなど使わず、麓の駅からアプローチ。

すずらんの里駅からのアプローチでは、山頂直下まで、終始林道・車道であったため、楽勝と思っていましたが…

【コース状況】
■すずらんの里駅〜登山口
・すずらんの里駅は無人駅で、確認した限りでは、各種インフラは一切期待できません。
・すずらんの里駅からは、しばらく車道を歩き、住宅街、農地を抜けて、登山口を目指します。
・とはいえ、このコース、登山口まで道標がないため、地図がないと確実に迷います。
・というか、そもそもどこが登山口なのかもはっきりしません。
・登山口まで、トイレ・自販機・水場はありません。

■登山口〜入笠山山頂直下
・登山口からは、ひたすら林道を登ります。
・登山道として整備されているというより、かつて林業が盛んだったころの名残を登っている感じです。
・沢沿いのルートですので、今日の気温では、比較的涼しい状態でした。
・途中、マウンテンバイクに抜かれた時点で、「これは全面的に林道歩きだな」と悟りました。
・そのまま林道を登り詰めると、車道と合流し、次いでゴンドラからのルートと合流します。
・ゴンドラからのルートと合流すると、途端に人が増えます。
・また、トイレや山小屋・売店等も現れます(それまではトイレ・水場はありません)。

■入笠山山頂直下〜入笠山山頂
・入笠山山頂へは、登山道を直登するルートと、お花畑の中を通るルートがあります。
・お花畑の中を歩く経験は滅多にできないため、登りではお花畑の中を歩くことに。
・とはいえ、すでにシーズンは終わっているらしく、それほど多くの高山植物は見られませんでした。
・お花畑を登り詰めると、登山道と合流します。
・ようやく本格的な登山道をしばらく歩くと、巻道コースと岩場コースの分岐が現れます。当然、岩場コースに挑みます。
・とはいえ、それこそ普通の登山道に「岩が生えた」程度のもので、鎖場も1箇所だけありましたが、普通の登山道では鎖が付けられないレベルのものでした。
・そうこうしているうちに、登頂できました。

■入笠山山頂〜青柳駅への分岐
・山頂には、そこそこの人数の登山者・観光客の方々がいらっしゃいました。
・山頂は、展望が360度開けていて、八ヶ岳、奥秩父山塊、各日本アルプスが一望できます。
・とはいえ、その大半は雲に覆われていて、まだ本格的な夏といった感じではありませんでした。
・やはり、景観を望むのであれば、積雪期に登るべき山といえましょう。
・こうした状況ですので、早々に下山しました。
・下山は、青柳駅への分岐まで、往路をそのまま降ります。

■青柳駅への分岐〜金沢温泉金鶏の湯
・青柳駅への分岐は、初めは若干藪こぎっぽい感じでしたが、すぐに踏み跡は明瞭となります。
・とはいえ、それまでの林道とは打って変わって、樹林帯の中の登山道ですので、慎重に踏み跡を見ながら降りていきます。
・このコース全体がそうなのですが、道標・ピンクリボンが極端に少ないところに、突如としてピンクリボンが現れます。
・GPSのログを見たところ、そのピンクリボンの右側に明確なログがあるのですが、踏み跡はそのまま直線。
・しばらく悩んだ結果、踏み跡の方向が林道につながっているため、そのまま直進することに(どうも積雪期のルートのようです)。
・なんとか林道に出られたため、そのまま林道と登山道を交互に降りながら、登山口へ。
・そして、登り同様、明確な登山口の道標が発見できないまま、なんとなく車道へ。
・そのまま「金沢温泉金鶏の湯」まで歩いて、本日の登山は終了。

【まとめ】
・このコース、「踏み跡は明瞭だけども道標・ピンクリボンがほとんどない」という初めてのケースでした。
・幸い、すずらんの里駅からのコースは、山頂直下までは、全面的に林道・車道でしたので、それほど迷うことはないです。
・ただし、登山口近辺にはいくつかの分岐があるため、地図は必携です。
・山頂直下から山頂までは、どこにでもある登山道のレベルであり、難易度は高くないです。
・問題は、下りの青柳駅へのコースです。すずらんの里駅のルートは異なり、林道と登山道を交互に歩くことになります。
・登山道の踏み跡は明確なのですが、道標・ピンクリボンがほとんどないため、地図・GPSがないと、道が合っているのかどうか、確認できません。
・特に、途中一箇所だけあるピンクリボンが、混乱に拍車をかけました(結局、ピンクリボンを無視して直進し、無事下山できました)。
・青柳駅の方から登る場合は、どこが登山口かわかりにくく、分岐も多いため、道迷いになりやすいと思われます。初心者は避けるべきルートでしょう。

【おまけ】
・金沢温泉金鶏の湯は、内湯、サウナ、水風呂の温泉施設です。
・大人600円(茅野市民以外)です。
・アルカリ系単純泉なので、ヌルヌルしています。
・シャンプーとボディソープは備え付けのものがあります。
・公共系の施設のためか、若干塩素臭はします。
・最寄り駅の青柳駅までは、15分程度。
・それまで、自販機等は1箇所しかなく、給水も出来ないため、喉が乾いていたら、ここで存分に水分補給をしておきましょう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:159人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ