また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2470062 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
1時間18分
合計
9時間1分
S猿倉荘05:5406:47白馬尻小屋08:26岩室跡09:00避難小屋09:57白馬山荘10:0710:20白馬岳10:4210:56白馬山荘11:3713:40白馬尻小屋13:4514:55猿倉荘14:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

雪渓の最後
2020年08月02日 08:09撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の最後
1
雪渓からは花がたくさん
2020年08月02日 08:35撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓からは花がたくさん
杓子岳と鑓ヶ岳
2020年08月02日 09:05撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子岳と鑓ヶ岳
小屋が見えた。
2020年08月02日 09:07撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えた。
稜線に出る。立山と剱
2020年08月02日 09:47撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出る。立山と剱
雪倉岳と朝日岳
2020年08月02日 10:21撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪倉岳と朝日岳
遠くに黒部川
2020年08月02日 10:21撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに黒部川
頂きました。ありがとうございます。
2020年08月02日 11:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂きました。ありがとうございます。
頂きました。ありがとうございます。
2020年08月02日 11:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂きました。ありがとうございます。
コーヒーも^^
2020年08月02日 11:24撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーも^^
山頂を後にする。
2020年08月02日 11:55撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後にする。
山頂を後にする。
2020年08月02日 12:22撮影 by NIKON D60, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後にする。

感想/記録

友達と白馬へ。白馬は2008年以来12年ぶり。
二人で日帰りできて感激できる山となったらここかなと思った。
天気が良かったから最初から白馬の姿が綺麗に見えて気分が上がった。
雪渓も気持ちよく登れる。雪渓からあとはもうすぐゴールかなと思ったら記憶違い。急な登りが続き2500mあたりから足が重くなっていく。
前日に充分休養をとっていたので危惧していた吐き気やめまいは起こらず山頂に近づく。高山植物が思った以上に咲いていた。
稜線に出ると前回見ることが出来なかった。三角形の剱岳、それに連なる立山が見えて感激。
山頂からは東側は雲で何も見えなかったが西側、南側は立山連峰、富山の街、水晶、黒部、鷲羽、針ノ木などの山が見えた。黒部ダムも見えたのには驚きだった。
そして北側には雪倉岳、朝日岳も見える。
山頂で景色を楽しんだ後、山小屋で昼食。デザートと南蛮漬け、コーヒーもいただく。これもかなりの感激だったなー。
昼食後下山、山頂の光景が見られなくなるのが残念だったがしかたない。余力があれば杓子、鑓ヶ岳も縦走したいとは思ったが今回はしなかった。次はぜひw
雪渓までは登り以上に厳しいザレ場と岩場、降りるのに精いっぱいになったな。
雪渓からはスムーズに降りれた。
林道はしゃべりながら歩いたので時間を感じなかった。
単独登山よりも楽しかった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:346人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪渓 ザレ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ