また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2483950 全員に公開 ハイキング 東北

二ッ箭山(ふたつやさん)〜男体山→女体山→二ツ箭山頂上→月山〜

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道399号沿いに二ッ箭山駐車場有り。
駐車場は9時過ぎで1/3程。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
49分
合計
3時間56分
S二ツ箭山入口駐車場09:0609:26御神体の滝09:3009:53〆張場10:43男体山10:46女体山10:4810:52男体山11:1711:24女体山11:4111:51二ッ箭山12:10月山(二ツ箭山)12:1112:46御神体の滝13:02二ツ箭山入口駐車場13:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中、スマホの一時停止ボタンに触れてしまい、二ツ箭山頂から月山までのログがありません。
また、滑り岩を過ぎてしばらくしてから、道を間違えたと思い引き返した場所があり余分に時間がかかってます。
コース状況/
危険箇所等
鎖場はどこも気を緩めると危険です。
その他周辺情報小川郷駅を過ぎた後は国道399号(41号?)沿いにローソンあり。
以後駐車場までコンビニ無し。

写真

駐車場に登山届箱ありますが、コロナ対策なのか、用紙がありませんでした。
また、好評のマップもありませんでした。
(登山届はコンパスで届済みです。)

まずは表示に従い登山道を進み、林間コースの分岐点。
注連縄のある方へ。
帰りは林間コースの右側へ出てきます。
(駐車場にあるマップには林間コースは書かれてありません。)
2020年08月09日 09:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に登山届箱ありますが、コロナ対策なのか、用紙がありませんでした。
また、好評のマップもありませんでした。
(登山届はコンパスで届済みです。)

まずは表示に従い登山道を進み、林間コースの分岐点。
注連縄のある方へ。
帰りは林間コースの右側へ出てきます。
(駐車場にあるマップには林間コースは書かれてありません。)
尾根コースと沢コースの分岐。
涼しげな沢コースへ。
2020年08月09日 09:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根コースと沢コースの分岐。
涼しげな沢コースへ。
早速鎖場が現れました。
この後に出てくる鎖場はこんなものじゃありません。
2020年08月09日 09:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速鎖場が現れました。
この後に出てくる鎖場はこんなものじゃありません。
滑りやすそうな岩にはステップが打たれてあります。
2020年08月09日 09:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすそうな岩にはステップが打たれてあります。
滑り岩・・・かな。

この後、道を間違えたと勘違いして一旦引き返してしまいました。
大幅に時間をロスしています。
2020年08月09日 09:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り岩・・・かな。

この後、道を間違えたと勘違いして一旦引き返してしまいました。
大幅に時間をロスしています。
鎖場コースと迂回路の分岐。
迷わず鎖場コースへ。
2020年08月09日 10:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場コースと迂回路の分岐。
迷わず鎖場コースへ。
40mの長い長い鎖場です。
途中で休憩しないととても登れませんでした。
2020年08月09日 10:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40mの長い長い鎖場です。
途中で休憩しないととても登れませんでした。
1
中間点から下を見たところ。
鎖場を登りきると男体山と女体山のコルに出ます。
2020年08月09日 10:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間点から下を見たところ。
鎖場を登りきると男体山と女体山のコルに出ます。
男体山が全貌を現しました。
左側へ行きたくなりますが、鎖場は右側に回り込んだところにあります。
2020年08月09日 10:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山が全貌を現しました。
左側へ行きたくなりますが、鎖場は右側に回り込んだところにあります。
もはや崖です。
垂直に近いですがホールドがしっかりしてます。
高度感は半端ない。
2020年08月09日 10:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや崖です。
垂直に近いですがホールドがしっかりしてます。
高度感は半端ない。
男体山頂上に到着。
2020年08月09日 11:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山頂上に到着。
男体山から見た女体山。
2020年08月09日 11:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山から見た女体山。
1
とにかく高度感が凄い。
強風なら立ってられないでしょう。
下りの方がスリルがありました。
2020年08月09日 11:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく高度感が凄い。
強風なら立ってられないでしょう。
下りの方がスリルがありました。
1
次に女体山の鎖場へ向かいます。
この鎖場が厳しい方は迂回路もあります。

中間地点につかみどころの難しいところがありました。
2020年08月09日 11:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に女体山の鎖場へ向かいます。
この鎖場が厳しい方は迂回路もあります。

中間地点につかみどころの難しいところがありました。
女体山登頂!
2020年08月09日 11:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山登頂!
山頂から少し入ると方位盤がありました。
この下にベンチがあり休憩できます。狭いですが。
2020年08月09日 11:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し入ると方位盤がありました。
この下にベンチがあり休憩できます。狭いですが。
女体山山頂からさらに進みまた鎖場を降りて二ツ箭の本当の山頂へ向かいます。
もう、鎖はお腹いっぱいです。
2020年08月09日 11:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女体山山頂からさらに進みまた鎖場を降りて二ツ箭の本当の山頂へ向かいます。
もう、鎖はお腹いっぱいです。
抱岩をくぐります。倒れてこないよう祈りながら。
2020年08月09日 11:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抱岩をくぐります。倒れてこないよう祈りながら。
ここを右に行ってしまうと山頂へは行けずに下山してしまいます。
左へ。
2020年08月09日 11:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを右に行ってしまうと山頂へは行けずに下山してしまいます。
左へ。
ここから左へ頂上をピストンする形になります。
2020年08月09日 11:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから左へ頂上をピストンする形になります。
二ツ箭登頂!
眺望無し。
男体山と女体山の登頂で何だかおまけみたいな感覚になっています。
2020年08月09日 11:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ツ箭登頂!
眺望無し。
男体山と女体山の登頂で何だかおまけみたいな感覚になっています。
月山も登頂。
2020年08月09日 12:08撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山も登頂。
月山から男体山と女体山が眺められます。
あそこに登ったんだなぁ。
2020年08月09日 12:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山から男体山と女体山が眺められます。
あそこに登ったんだなぁ。
下山しました。
13時で半分くらいでしょうか。

沢ありスリルありの充実した山でした。
2020年08月09日 13:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。
13時で半分くらいでしょうか。

沢ありスリルありの充実した山でした。

感想/記録
by ikeboo

コロナウイルスの流行が収束しません。
とにかく接触を避けるため、自家用車で移動し、人の少ないであろう山を選びました。
宿泊も三株高原キャンプ場を選択しました。
キャンプ場には僕ら2人とバイクで来ていた方1人だけで、密は避けられたと思います。

二ツ箭山はとにかくスリルのある山でした。
鎖場コースと女体山の鎖場は登る予定で、男体山は見てから決めようという心づもりで登りました。
登ってみて、本当に良かった。
今まで登った山の中で鎖場のスリルと楽しさは一番でした。
しかし、疲れて体力を消耗したりして注意力が落ちていたら危険と感じましたので、体力に不安がある場合や、恐怖心がある場合は迂回路を選択した方が無難と思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:181人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ